ISIの上にも30x年

映画を見た時の感想を入れときます

2017/07/29 「ドバットマン」

2017-07-29 00:00:00 | 日記
「ドバットマン」

ブルース・ウェイン 富豪。バットマン
ディック ブルースの相棒。ロビン
バーバラ ゴードンの娘。バッドガール
ジョーカー 悪役
キャットウーマン 悪役
リドラー 悪役
アルフレッド ブルースの執事
リサ・カーソン ブルースの恋人
モリー 謎の女性
ゴードン署長

起:ブルースの恋人リサがリドラーにさらわれる。
承:リドラーの背後にジョーカーがいると判明。
転:バットマンはジョーカー一味に捕らわれる。
結:キャットウーマンが逃がし、ジョーカーらを警察に突き出す。

 ブルースの恋人リサがリドラーにさらわれる。
ゴードン署長はバットマンに助けを求めるが、
牢にいるリサはリドラーを誘惑していた。
 リドラーの居場所を探るバットマンはディスコへ。
モリーと言う女性に話しかけられるが、彼女に薬を盛られ、体を弄ばれる。
 バットマンが行方不明と知り、バットガールが手助けする事に。
ロビンと共にジョーカーを探り、彼が首謀者だと知る。
ジョーカーと取り巻きの絡みを見て興奮したロビンらもその気に。
だが、一味に捕らわれてしまう。
 バットマンとロビンは一箇所に集められるが、キャットウーマンが逃がす。
バットマンはジョーカーを倒して警察に突き出す。
キャットウーマンには特別な対応をと3人で楽しむ事に。
だが、ことが済むと、キャットウーマンは退散してしまうのだった。。

 と言う訳で、アダム・ウェストのTV版バットマンのHなパロディ。
フラッシュゴードンに対するフレッシュゴードンのようなもの。
こういうのに手を出すか否かは、ちょっと迷ったが
連続活劇版バットマンを見たばかりなので、ついでに見てみました。
ジョーカー、リドラー、キャットウーマンの悪役連合により
バットマン、ロビン、バットガールが捕らわれてしまうと言う展開。
驚いた事に、バットマン風の名前ではなくて、バットマンと名乗っている。
バットモービルや、壁をロープで登る様も本家風だから
ぼちぼち気合が入った作品と言える。
ただし、2時間の映画の大半は絡みのシーンで、物語はたいして展開せず。
絡みの方もやや単調で、物語を取るか絡みを取るかと言う選択で
どちらも中途半端な印象。
バットマンが普通の女性と絡むシーンが男性目線でエロいかと言うと微妙で
バットガールやキャットウーマンのシーンが多い方が良かったかもね。
『ドラマ』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2017/07/28 スパイ... | トップ | 2017/07/30 「ジュ... »

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。