ISIの上にも30x年

映画を見た時の感想を入れときます

2017/06/16 スパイ大作戦「コールドスリープ」(一千万ドル強奪事件)

2017-06-16 00:00:00 | 日記
スパイ大作戦「コールドスリープ」(一千万ドル強奪事件)軽微な罪で刑務所に入って時効を待つ強奪犯から、奪った大金のありかを聞き出す任務。

フェルプス リーダー(ピーター・グレイブス)
ローラン 変装の達人(マーチン・ランドー)
シナモン お色気担当(バーバラ・ベイン)
バーニー メカの天才(グレッグ・モリス)
ウィリー 力持ち(ピーター・ルーパス)

バレット 囚人
ギルバート バレットの仲間

起:強奪事件の時効を待つ囚人から金のありかを突き止める任務。
承:不治の病だと診断し、囚人は冷凍冬眠を受ける事に。
転:冬眠で時効を過ぎたと信じさせる。
結:囚人は金を確認しに行った所を捕まる。

 1000万ドルを強奪したバレットは、共犯ギルバートを裏切って独り占めに。
軽微な罪で刑務所に入り、時効を待とうとする。
奪った金のありかを突き止め、バレットを警察に引き渡せと言うのが今回の任務だ。
 出所の近いバレットは健康診断を受けるが、
専門医に扮したローランは不治の病だと診察。
余命わずかだが、治療法の開発には数年かかると言うのだ。
バレットは、ジムが開発した患者を冷凍冬眠させる技術に注目。
ジムを脅して措置を受け、治療法の完成を待つ事にする。
バレットが目覚めると、11年が経過し、病気は完治したと伝えられる。
一方で、装置を開発したジムは自殺したと言う。
隠した金を心配したバレットは病室を抜け出し、そこがセットだと気付く。
実際には時効後1日しか経過していないと知る。
墓地で隠した金を確認し、現れたギルバートを射殺。
だが、警察がかけつけ、バレットは逮捕される。
本当は時効10分前だったのだ。

 と言う訳で、シーズン第18話。
盗んだ金の隠し場所を突き止める為、時効を過ぎたと信じさせる展開は
まさにスパイ大作戦が得意とする手口。
ただし、共犯者が野放しだった点や、バレットにわざと罠だと気付かせるあたりは、
あまりうまいやり方とは思えないが。
『ドラマ』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2017/06/15 CSI... | トップ | 2017/06/17 スパイ... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。