ISIの上にも30x年

映画を見た時の感想を入れときます

2017/07/29 スパイ大作戦「魔薬B-230 (後編)」(麻薬B-230 PART2)

2017-07-29 00:00:00 | 日記
スパイ大作戦「魔薬B-230 (後編)」(麻薬B-230 PART2)パリスは裁判で、薬の開発者の裏切りを訴える。

フェルプス リーダー(ピーター・グレイブス)
パリス 変装の達人(レナード・ニモイ)
バーニー メカの天才(グレッグ・モリス)
ウィリー 力持ち(ピーター・ルーパス)

メレディス 臨時メンバー
トレック博士 新薬を開発
キャサリン 実験台
ロークナー トレック博士の部下

起:ジムが捕らわれ、裁判を受ける事に。
承:トレック博士の裏切りを疑わせる。
転:部下に扮してトレックを脱走させる。
結:追い込まれたトレックは射殺される。

 ジムはゲートを突破するが、銃撃でトランクにいた大佐が死亡。
裁判に利用しようとする計画が反故となる。
 メレディスはジャービスが大佐を殺したと通報。
ジャービスに扮したジムが見つかり、裁判を受ける事に。
弁護士パリスは、メレディスに日記を読ませる。
そこには、メレディスとトレック博士が恋仲であると記されていた為、
2人は拘束されてしまう。
 キャサリンと言う女性がガスの実験台にされるが、
ウイリーが救出し、代わりにトレック博士の部下ロークナーがガスを吸わされる。
ロークナーに扮したパリスは、貯水タンクに薬を混入したとトレックに報告。
上官に知らせた上で、トレック博士を逃がす。
トレック博士は車で逃げようとするが、細工されてエンジンがかからない。
そこへ上官が到着した為、あわてて逃走するが射殺されてしまうのだった。

 と言う訳で、シーズン第6話。前後編ものの後編。
利用しようとした大佐が撃たれて死ぬが、特に問題なく作戦完了。
大佐をどう利用するつもりだったかは、よくわからない。
『ドラマ』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2017/07/28 スパイ... | トップ | 2017/07/30 「ジュ... »

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。