ISIの上にも30x年

映画を見た時の感想を入れときます

2017/07/16 「スーサイド・スクワッド」

2017-07-16 00:00:00 | 日記
「スーサイド・スクワッド」

デッドショット 最強の狙撃手。弱みは娘(ウィル・スミス)
ハーレイ・クイン ジョーカーの恋人。元精神医(マーゴット・ロビー)
キャプテン・ブーメラン フラッシュを目撃
ディアブロ 火を放つ能力
キラークロック 逆進化した怪物

アマンダ・ウォーラー 部隊の責任者
ジョーカー 凶悪な犯罪者
ジューン・ムーン博士 魔女エンチャントレスに操られる
フラッグ大佐 部隊を指揮
カタナ 大佐の用心棒
ブルース・ウェイン バットマン(ベン・アフレック)

起:人類の脅威に対抗する為、凶悪犯を集めた部隊が作られる。
承:ジョーカーは恋人ハーレイを助け出すが、ヘリが墜落してしまう。
転:部隊は暴れる魔女を倒す。
結:メンバーは牢に戻されるが、生きていたジョーカーがハーレイを助け出す。

 スーパーマンが死に、
ウォーラーは人類の脅威に対抗する為、拘束されている極悪犯を集めた部隊を作る。
 地下鉄に謎の怪物が現れ、部隊を出動させる事に。
デッドショットらメンバーは首に爆弾を仕掛けられ、逃走を図れば始末されるのだ。
逆に任務を成功させれば、減刑になると言う。
 作戦に成功した部隊を回収に来たヘリはジョーカーに乗っ取られ、
恋人ハーレイを連れ去ってしまう。
だが、ヘリは攻撃を受けて墜落。やむなくハーレイは部隊に戻る。
 部隊はウォーラーを捕らえた魔女と戦う事に。
魔女の弟が暴れるが、炎を操るディアブロが倒す。
魔女はジョーカーを蘇らせると言い出し、ハーレイの心が揺らぐ。
だが、仲間の為だと心臓を取り出して魔女を倒す。
 ウォーラーは一同を10年の減刑とし、それぞれの牢へ戻す。
生きていたジョーカーは牢を襲撃してハーレイを連れ出す。
一方、ウォーカーから極秘ファイルを受け取ったウェインは、
仲間を集めるべく動き出すのだった。

 と言う訳で、DCコミックによるヒーローものの番外編。
悪党を集めたチームを作ると言う設定は聞いてたが、
実際に見ると思ってたのと違ったポイントが何点かあった。
第1点は、本作は独立した話ではなく、バットマン対スーパーマンの後の話だった点。
そもそも、スーパーマンがいなくなったから、
人類としても手を打たねばならないと思ったのが、チーム結成の理由。
バットマン(ベン・アフレック)もちょっとだけ出てて、
彼は彼で超人チームを作ろうとしていると言う訳。
第2点は、最も知られた存在であるジョーカーは、チームのメンバーではなかった点。
(まだ野放し)
第3点は、本作のヒロインであるハーレイクインが、ロビンを殺した人物だった点。
バットマン対スーパーマンを見た時には全然気が付かなくて、
後でネットで知ったんだけど、
あの作品でスーパーマン側ではジミー・オルセンが殺され、
バットマン側もロビンが死んだとするシーンがあったらしい。
ジョーカーと同様にメンバーになるのかと思った魔女が本作の敵。
チーム発足に2時間の映画の半分を費やし、チームの目的が判明するのは終盤。
全体的に交通整理が出来てない印象が強い。
キャラ的には、毎回違う面を見せるマーゴット・ロビーが魅力的。
ウィル・スミス(マーゴットとは再共演)は、たぶん高いギャラだろうけど、
誰が演じても良い印象。
と言うか、ハーレイクイン以外はキャラの差別化が出来てない。
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2017/07/15 「バッ... | トップ | 2017/07/17 「テッ... »

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。