ISIの上にも30x年

映画を見た時の感想を入れときます

2017/04/20 スパイ大作戦「プリンセスの帰還」(蘇ったプリンセス)

2017-04-20 00:00:00 | 日記
スパイ大作戦「プリンセスの帰還」(蘇ったプリンセス)国王の座を狙う将軍の野望を阻止する事に。

フェルプス リーダー(ピーター・グレイブス)
ローラン 変装の達人(マーチン・ランドー)
シナモン お色気担当(バーバラ・ベイン)
バーニー メカの天才(グレッグ・モリス)
ウィリー 力持ち(ピーター・ルーパス)

カゼッテ将軍 国王の座を狙う
大司教ジェルヴァス

起:国王の座を狙う将軍の野望を阻止する事に。
承:シナモンが国王の娘セリーンに扮する。
転:セリーンにしか開けられない箱を開けてみせる。
結:追い込まれた将軍は、セリーンを殺したと白状する。

 某国国王が死に、カゼッティ将軍は摂政となるべく画策。
実現すれば独裁国家となりかねず、これを阻止せよと言うのが今回の任務だ。
 国内には王の娘セリーンが生きていると言う噂が流れ、
将軍に反発する大司教は彼女の継承権を主張する。
ジムが盲目の女性に扮したシナモンをセリーンだと紹介。
将軍は、大司教が本物と認めた後で偽者だと暴き、信用を失墜させようと企む。
シナモンが語る幼い頃の記憶に、人々は彼女がセリーンだと叫ぶ。
そこで将軍は、セリーンしか開けられないパズル箱を開ける様に指示。
実はひそかに保管庫に侵入したバーニーが印を付けており、
シナモンは箱をたやすく開ける。
中にあった日記には、国王を殺したのは将軍だとする記載が。
動揺した将軍は少女時代のセリーンを診察した医師に発言を求めようとするが、
ローランが変装を解いており、医師は見つからない。
追い込まれた将軍は、自分がセリーンを殺したと叫び、捕らわれる。
シナモンは王位継承を断り、大司教が国王を選ぶ事を望むと告げて立ち去るのだった。

 と言う訳で、シーズン第3話。
箱根の寄木細工みたいなパズル箱をシナモンが開けるあたりが見せ場。
世間一般は将軍に批判的で、将軍だけがセリーンの国王就任に反発する形なので、
わざわざこんな作戦を立てなくても、何とかなったのではと言う気はする。
『ドラマ』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2017/04/19 リーサ... | トップ | 2017/04/21 スパイ... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。