ISIの上にも30x年

映画を見た時の感想を入れときます

2017/07/29 「シン・ジョーズ」

2017-07-29 00:00:00 | 日記
「シン・ジョーズ」

ジーナ 環境学者。ライフガード
カプラン ジーナの同僚
リース ジーナの同僚
カイリー ジーナの同僚
ロトガー船長 実はジーナの父
フレッチャー 動画投稿者

起:赤いサメの目撃情報が出る。
承:沈没した原潜の影響を受けたらしい。
転:ジーナらはサメを爆発させようとするが苦戦。
結:結局サメは爆発し、キノコ雲が上がる。

 サンディエゴ。環境学者でライフガードのジーナは、
海岸に焼けた魚の死骸が流れ着いている事を心配する。
女性客が殺されたと言うロトガー船長は、サメの仕業だと言う。
赤い生物を目撃したと言う情報もあり、
放射能の耐性を持つサメが現れたのかも知れない。
 魚の死骸は放射能を帯びていると判明。
魚料理を食べた男は、膨れあがって爆発。
ジーナは問題視するが、同僚リースはガス爆発だと取り合わない。
そこで、動画投稿者フレッチャーのドローンを使ってサメを捜索する事に。
サメは80年代に沈没したソ連原潜の影響を受けている様だ。
 燃えるサメが海岸に現れ、同僚カイリーらが犠牲に。
ジーナは沖に誘い出して爆発しようと考え、ロトガーに協力を求める。
実は彼はジーナの父親だったのだ。
作戦はなかなかうまく行かず、仲間が次々犠牲に。ロトガーもやられる。
ジーナを追ったサメは、島に上陸してしまい立ち往生。
ジーナらは急いで退散。サメは爆発し、キノコ雲が上がる。
一件落着かに思えたが、沈没した原潜には別のサメが住み着いていた。。

 と言う訳で、シンゴジラならぬシンジョーズ出現。
放射能を帯びた変種と言う設定で、なぜもっと早く現れなかったのかとさえ思います。
赤い背ビレを見せながら泳いだり、燃えながら上陸するフォルムはなかなか。
その正体は早い段階で判明する(つまり物語に凝る気がない)が、
その割に登場シーンは少なく、人間たちがあれこれ相談するシーンが続く。
おかげで盛り上がらないまま終了。
汚染された魚を食べた人が膨れて爆発する珍妙なシーンがあるが、
基本的に本作の人々はそれらの汚染物質に平気で接触する。
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2017/07/28 スパイ... | トップ | 2017/07/30 「ジュ... »

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。