ISIの上にも30x年

映画を見た時の感想を入れときます

2017/06/15 CSI:サイバー2「パイソンからの贈り物」

2017-06-15 00:00:00 | 日記
CSI:サイバー2「パイソンからの贈り物」再び現れたパイソンは、エイブリーと親しいグレースを拉致する。

エイブリー リーダー(パトリシア・アークエット)
イライジャ 行動派
ブロディ 新入り
クラミッツ メンバー
レイブン メンバー
DBラッセル 元CSI(テッド・ダンソン)

パイソン 宿敵ハッカー
グレース エイブリーの亡き娘の友人
ミゲル 元インターポール

起:パイソンからエイブリーにメッセージが届く。
承:グレースが拉致されたと判明。
転:グレースの居場所を突き止めて救出。
結:パイソンはエイブリーを狙うが、射殺される。

 引っ越したエイブリーの荷物に、見知らぬタブレットが見つかる。
タブレットには彼女の娘が事故死した時の映像が写され、箱には女性の頭部があった。
頭部を包んだ袋には、インターポール捜査官ミゲルの指紋が。
ミゲルとは連絡が取れない。
やがて、グレースが捕らわれている映像が写される。
エイブリーは、頭部が犯人の母親のもので、パイソンの仕業だと気付く。
 パイソンはゲームをしようと言う。
謎解きに対して、時間内に答えを出さねば、グレースに薬物が注射されるのだ。
 イライジャはミゲルを発見。
単身パイソンを追う為にインターポールを辞めたと言う彼は、捜査に協力する事に。
 パイソンはFBIのネットワークに侵入していたと判明。
内部に侵入した際に、何かを仕掛けたのだ。
遮断すれば、グレースの映像も途絶えてしまう。
 パイソンの母親は自殺と判明。
パイソンは、母の死をエイブリーのせいだと言いたい様だ。
母親は火葬されており、パイソンは灰を持ち帰ったとわかる。
 カメラのメーカーがわかれば、グレースの居場所を特定できるかも知れない。
カメラに近付くと装置が作動し、薬物が注射されてしまうが、
DBは25分間の猶予があると言う。
パイソンはグレースの顔を袋で覆い、この娘も救えないと言い放つ。
だが、カメラのメーカーがわかり、所在を特定。イライジャらが急行する。
ミゲルはすれ違うパイソンに気付くが、グレースを優先。彼女は何とか救出される。
 エイブリーはグレースの母親と対面。
それは娘の事故以来だったが、2人は互いに許し合う。
ミゲルはパイソン追跡を続ける事に。
チームの装置は入れ替えられ、エイブリーの家にも警護がつく。
だが、それをかいくぐってパイソンが侵入。
一生、悪夢を見せてやると言って灰をまくが、エイブリーに射殺されるのだった。

 と言う訳で、シーズン第15話。
再び現れたパイソンは、エイブリーと親しいグレースを拉致する。
宿敵パイソンの再登場で、エイブリーに魔の手が及ぶ。
パイソンはクイズを出して、それに振り回されると言う、どこかで見た様な展開。
サイバー的な面白さはいまいちで、パイソンは野放しになるかと思いきや、
最後にあっさり射殺される。
再々登場させるつもりが、シリーズ打ち切りが決まったので付け足したか?
『ドラマ』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2017/06/14 リーサ... | トップ | 2017/06/16 スパイ... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。