ISIの上にも30x年

映画を見た時の感想を入れときます

2017/06/17 ベイツ・モーテル~サイコキラーの衝動~「崩壊の道へ」

2017-06-17 00:00:00 | 日記
ベイツ・モーテル~サイコキラーの衝動~「崩壊の道へ」ブラッドリーはノーマンに一緒に町を出ようと誘う。

ノーマン・ベイツ 17歳
ノーマ ノーマンの母

エマ 同級生。病気の少女
ロメロ保安官
ディラン ノーマンの父違いの兄
ケイレブ ノーマの兄
パリス クラブのオーナー
ブラッドリー 町を去った同級生

起:舞い戻ったブラッドリーは居場所がないと知る。
承:ディランやケイレブらは町を出る事を決意。
転:ノーマはノーマンに捜査が及ぶと警戒。
結:ノーマンはブラッドリーと町を出ようとするが、ノーマの幻覚が止める。

 ノーマンはブラッドリーと再会。
彼女は死んだ事になっていたが、お金がなくて舞い戻ったと言う。
ノーマンは彼女をモーテルにかくまう事に。
ブラッドリーは母親が新しい恋人を作っていると知る。
さらに自分の部屋はジム用品の置き場にされており、ショックを受ける。
 パリスを訪ねたノーマは、メモリを返す代わりにノーマンを巻き込むなと言う。
だが意に介さないパリスは、プールに落ちないようにと警告する。
 ケイレブは殺されかけたと隣人チップに怒鳴りこむ。
チップに言いがかりをつけられるが殴り倒し、息子に近付いたら殺すと警告。
警察を呼ぶだろうと考えたケイレブは、ディランに身を隠す様に指示する。
ディランはどうにかして5万ドルを調達し、エマの父親に渡す。
俺からとは言うなと告げて。
 ノーマは警察に怪しまれたくないと、地下室のはく製を片づけ始める。
それを止めるノーマンは、怪しいのは母さんの方だと指摘。
さらに、父を殺したのはノーマの方ではと言い出す。
 麻薬取締局がパリスの捜査を開始。
捜査官は、ロメロが違法取引を知っていたのではと指摘する。
ノーマは、取締局の調査が及べば、夫の死因も明らかになると警戒。
それでも負けないと言う彼女は、穴を埋め始める。
そこへ現れたケイレブは、町を出ていくと告げる。
彼はノーマンがいずれ誰かを傷つけると警告する。
 ブラッドリーは町を出ていく事を決意。ノーマンにも一緒に行く様に求める。
ノーマンもその気になるが、ノーマの姿を見て思いとどまる。
彼女はこれ以上のトラブルはごめんだと言うが、
実はそれはノーマンにしか見えない幻覚だった。。

 と言う訳で、シーズン第9話。
ブラッドリーが突然現れ、町を出るからノーマンに来てほしいと言う。
だが、ノーマの人格がそれを止めようとする訳。
ブラッドリーの出現は唐突感があり、殺される為に復帰したとしか思えません。
『ドラマ』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2017/06/16 スパイ... | トップ | 2017/06/18 「ダー... »

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。