ISIの上にも30x年

映画を見た時の感想を入れときます

2016/12/30 「ブリッジ・オブ・スパイ」

2016-12-30 00:00:00 | 日記
「ブリッジ・オブ・スパイ」

ジム・ドノバン 弁護士(トム・ハンクス)
アベル ソ連のスパイ

メアリー ジムの妻
ルドルフ・ダグ ジムの助手
ゲーリー・パワーズ 米軍パイロット
プライヤー 米国人留学生

起:ソ連のスパイとしてアベルが逮捕され、ジムが弁護する事に。
承:米パイロットと米学生がそれぞれ捕虜となる。
転:ジムはアベルと2対1の交換を要求。
結:交渉は成功し、捕虜が交換される。

 FBIは画家アベルをソ連のスパイとして逮捕。
米国への協力を求められるが、アベルはこれを拒否。
スパイであっても弁護を受けられる事を証明する為、弁護士ジムが担当する事に。
 アベルは裁判で有罪となり、死刑が妥当かと思われたが、
ジムは捕虜交換用に生かすべきと主張。
これが認められて30年の刑となり、裏切り者としてジムの家に発砲される騒ぎに。
 そんな中、パイロットパワーズがソ連領空で攻撃を受け、捕らわれてしまう。
CIAは捕虜交換を希望するが、ソ連は公式にはスパイの存在を認めない為、
民間人であるジムが東ベルリンへ向かい交渉する事に。
 さらに東独で米学生プライヤーが捕らわれる。
アベルとパワーズの交換については合意するが、
ジムは同時にプライヤーとも交換しようとする。
 米側は交渉が決裂する事を恐れるが、ジムは2人揃わなければ交換はなしと強気。
主導権を握りたい東独の思惑もあり、2対1の交換が成立する。
橋でアベルとパワーズ、プライヤーの交換が実施される。
 ジムの家族は英国旅行と聞かされていたが、ニュースで真相を知って驚かされる。
ソ連は公的にはアベルをスパイと認めず。
パワーズはパイロットに復帰するが、後に墜落事故で死亡。プライヤーは博士となる。
ジムはキューバ・ピッグス湾事件の交渉でも活躍し、
捕虜にされた9700人を解放した。

 と言う訳で、スティーブン・スピルバーグ監督で、トム・ハンクス主演の実録もの。
弁護士トムは、ソ連のスパイとして逮捕されたアベルを弁護。
捕虜交換用に生かすべきと主張するが、裏切り者と非難される。
そんな中、米軍のパイロットがソ連の捕虜となり、アベルと交換する事に。
ここまででも面白かったのだが、さらに米学生が東独に捕らわれてしまう。
アベル1人で、2人を解放しようとするあたりが本作の見せ場と言えるが、
個人的には蛇足感ありで、話がややこしくなった。
まあ、実話だから仕方ないんすけどね。
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2016/12/29 「Re... | トップ | 2016/12/31 「ノー... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。