ISIの上にも30x年

映画を見た時の感想を入れときます

2016/10/07 スパイ大作戦「売国奴を粛正せよ」

2016-10-07 00:00:00 | 日記
スパイ大作戦「売国奴を粛正せよ」某国独裁者を失脚させる為、彼が裏切り者だと言う情報を流す。

ブリッグス リーダー(スティーブン・ヒル)
ローラン 変装の達人(マーチン・ランドー)
シナモン お色気担当(バーバラ・ベイン)
バーニー メカの天才(グレッグ・モリス)
ウィリー 力持ち(ピーター・ルーパス)

ジョゼフ メンバー。記憶力が抜群
ソスカ 某国警察の司令官

 某国の独裁者として、
戦争を起こしかねないヤノス・カークを失脚させよと言う指令を受ける。
 ジョゼフが不審人物として捕らわれる。
警察は長年追っていた反乱分子スパロウだと判断。
司令官ソスカは、反乱分子のリーダーの正体を知ろうと尋問する。
ジョゼフはカークがリーダーだと称するが、信じてもらえない。
施設にぼや騒ぎを起こし、消防士に扮したブリッグスがジョゼフに接触した上で退散。
それを知ったソスカは、ジョゼフの話を真実だと判断し、カークを処刑してしまう。
一方、ジョゼフ自身も処刑の時が迫る。
監視カメラにジョゼフに扮したローランの映像を流し、その間にジョゼフを救出。
退散するトラックが追っ手に捕まるが、荷台が空に見える仕掛けで見逃される。

 と言う訳で、シリーズ第2話。
某国独裁者を失脚させる為、彼が裏切り者だと言う情報を流すと言う訳。
今回はローランが出てこないと思ったら、後半に登場。
捕らわれたメンバーを脱出させる為、監視映像を偽装する役者の役柄で、
部外者と言う印象。まだ設定が定まっていなかったか。
このニセ映像は、当人が事前に撮っておけば良い気がするが。
『ドラマ』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2016/10/06 スパイ... | トップ | 2016/10/08 「コン... »

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。