ISIの上にも30x年

映画を見た時の感想を入れときます

2016/09/30 HANNIBAL/ハンニバル「Sakizuke(先付)」

2016-09-30 00:00:00 | 日記
HANNIBAL/ハンニバル「Sakizuke(先付)」多数が行方不明となった事件で、逃げ出した男の死体が見つかる。レクターらに分析を求められたウィルは、犯人の居場所を分析する。

ハンニバル・レクター 精神科医(マッツ・ミケルセン)
ウィル・グレアム プロファイラー
ジャック・クロフォード FBI捜査官(ローレンス・フィッシュバーン)
アラーナ・ブルーム 精神科医

デュモーリア 精神医(ジリアン・アンダーソン)
ローランド 犠牲者

 大量の死体と繋ぎあわせられた男ローランドは、何とかそこを脱出。
犯人に追われて川に飛び込む。
 やがてローランドの死体が見つかる。
犠牲者は全員肌の色が微妙に違っており、
レクターは芸術のように楽しんでるのかもと言う。
レクターに分析を求められたウィルは、
ローランドが繋がれた体を引きちぎって逃げたと考える。それは川の上流だ。
やがて、大量の死体が見つかるが、その中に異質な存在があった。
それこそが犯人らしく、仲間が縫い付けるのを手伝った様だ。
実はその仲間とは、ウィルの分析で犯人の居場所を知ったレクターだったのだが。
FBIは、ウィルにこのままでは死刑判決を受けると告げる。
罪を認めれば計らうと言うが、ウィルは認めようとしない。
そんな中ウィルに面会したデュモーリアは、ウィルを信じると言うのだった。

 と言う訳で、シーズン第2話。
多数が行方不明となった事件で、逃げ出した男の死体が見つかる。
レクターらに分析を求められたウィルは、犯人の居場所を分析する訳だが、
それはエピソードの片隅で描かれるのみ。
大半はウィルが無実を主張し続けるてな調子。
『ドラマ』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2016/09/29 HAN... | トップ | 2016/10/01 「エア... »

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。