yamaはのん~びり

 マイペースで自然を、人生を楽しんでいます

手探り

2017年08月13日 | 日記

 屋外に設置したアンテナを室内で使うにはアンテナケーブルを室内に引き
込まなければなりません。一般的に家の壁や床に穴を開けるのは大事です。
アトリエ工事に合わせて直径7.5cmの穴を2つ開け、将来を見越して必要な
ケーブルを通しておこうと思うのですが、どのような構造にしたらよいのか
解りません。アンテナや無線機についてはたくさん紹介されていますが、こ
ような事はそれぞれで事情が異なるためか情報がありません。
自己流ですがなんとか仕様を決め、作業を進めています。毎度の事ですが、
使用するケーブルやコネクター、その購入先も手探り状態楽しいハズが
結構なストレスでもあります。
  同軸ケーブル:10D2V、12DSFALite
  コントロールケーブル:FCPEV-Cu 0.9mm 5P、0.65mm 5P
  LANケーブル
さらにスチール製の中継ボックスを屋外に設置してその中でケーブル類を
接続する事にしました。間に接続コネクタが入りますが、工事のしやすさや
雷対策を重視しました。
手探りですがなんとか形になりそうな感じもうひと頑張りです。計画どお
りに機能する事を祈るばかりですが・・・


中継ボックスのイメージ図


手作りした同軸ケーブルのコネクション部
(導体でアースすべきの説もありますが、とりあえずポリカーボネイト材で絶縁)


 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 色あせない魅力 | トップ | アトリエの思い »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。