雷座の部屋

私の思っている事、思い出などの部屋です。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

オペラ座の怪人

2005-02-01 22:44:07 | 映画
廃墟のようなオペラ座。
ここでの思い出の品のオークション。
画面はモノクローム。
猿のシンバルが競り落とされ、いよいよシャンデリアへ。
そのカバーが取られると、あの壮大なオルガンの調べが劇場いっぱいに響きわたり、画面は一気にモノクロームで描かれた廃墟の世界から一転し、あの「ファントム」のいた時代、華やかし頃のオペラ座へと鮮烈なカラー画像によってその姿を表す。
物語に一気に引き込まれるオープニング。
劇場で映画を観る醍醐味です。
とにかく「音楽がすべて」ですね。
素晴らしい音楽でもう十分この映画は成功なんでしょう。
お話は女性にとってはいいのかもしれませんが、男にとっては感情移入できるキャラクターがいないお話です。
まあ、名誉も地位も財産も容姿もすべて持っている男性にとってはこの限りではありませんが。
このミュージカルが何年も舞台でロングランされたのはひとえに、音楽の素晴らしさと女性ファンの支持によるものなのではないでしょうか。
それにしても、これを観ながら「ファントムオブパラダイス」をもう一度観たいな、と思っていた。
ブライアン・デ・パルマが、地獄から腕を突き出し、暗闇の中で観客に悲鳴を上げさせたあの映画より2年も前に製作したロックオペラ「ファントムオブパラダイス」。
この「オペラ座の怪人」をロック風にアレンジしたといわれた「ファントムオブパラダイス」。
主役のジェシカ・ハーパーは「サスペリア」でも主役を演じた女優。
あちらが「アンドリュー・ロイド=ウェバー」なら、こっちは「ポール・ウィリアムス」。
あちらは「一流」でこちらは「二流」かもしれない、が、オリジナル「オペラ座の怪人」を観た後だからこそ、もう一度ブライアン・デ・パルマのあの作品を。

コメント (2)   トラックバック (3)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« あなたの船 | トップ | 禁煙 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ファントム (hiro.com)
2005-02-17 21:40:28
「ファントムオブパラダイス」観ました。話のテンポがよくて、内容も分かりやすく面白かったです。

「オペラ座の怪人」と「パラダイス」の製作年の時代を感じますね。他にオススメあったら教えてください。
いらっしゃいませ (雷座)
2005-02-17 22:16:39
いらっしゃいませ、hiro.comさん。

「ファントムオブパラダイス」は後に大監督になるブライアン・デ・パルマですからね。



>他にオススメあったら教えてください。



難しいですね。有名どころだと「ジーザス・クライスト・スーパースター」でしょうか。

個人的に好きな作品は「ロッキー・ホラー・ショー」です。ただあまりにもバカバカしい内容なので大きな心で観る事をおススメします。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

3 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
『ファントム』という名前 (syumi-悠悠)
朝、玄関のチャイムがなったような気がした。 7:00AMくらいだろうか? 寝て
ファントム・オブ・パラダイス (映画のある家)
1975年米作品 監督:ブライアン・デ・パルマ 主演:ポール・ウィリアムズ、ウィリアム・ファンレイおめでとう日本代表!ドイツ行き決定!人生って不公平だな、て感じることが多い今日この頃です。同じことをしても、人によって周りの評価は全く違う。勝っても負けても評価
「ファントム・オブ・パラダイス」とワイン (映画とお酒と・・・エトセトラ)
ファントム・オブ・パラダイス 「音」を探し求めるお話。 ・曲を書いた男 ・その曲を歌った女 ・それを盗んだ悪党 その3人の物語。 また悲哀です。 とは言っても、全編ロックです。 これもブライアン・デ・パルマ監督なんですが、 彼の作品ってどれも、