イーダイブ☆シミラン・スリンクルーズ報告

シミランに一番近いリゾート タイ・カオラックからイーダイブがお届けするシミラン・スリンクルーズリポートです ^^

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

3/11〜15 レアキャラも登場 byショーコ

2017-03-15 19:27:19 | シミラン・スリンクルーズ報告
サワディーカア!

SHOKOです!!




今回は久々にゆったりの人数、お客様は15名様
スタッフはSHOJI、AKI、TOMO、KIRIN、SHOKOです。


今回は人生の大先輩方々がたくさん乗船
40代で最年少という元気いっぱいのメンバーで出発〜





いきなりですが、今回は最初にediveのクルーズに乗ると水中以外でも楽しめる特典をご紹介〜





まずは記念ダイブ〜

今回はSちゃんが300本記念を迎えました〜
記念ダイブの前にはみんなで記念撮影



海況が良ければ水中フラッグも持って行けまーす



そしてediveオリジナルTシャツとスタッフからのメッセージカードもプレゼント〜




ぜひぜひ皆様もクルーズに記念ダイブを合わせて遊びに来てくださいね



それからそれから

クルーズ中にはフォトコンテストを毎回開催

クルーズ中に撮影した写真なら何でもOK
もちろんスマホで撮った夕日や朝日、船上での楽しい風景でもいいので、

「たいした写真撮れないし、、、」

なーんて言わずに参加するのはタダですから〜



1人1点タイトルを付けて提出してもらったら、最終日にゲストのみなさまに投票してもらいまーす



ちなみに今回の選ばれた写真は、、、



タイトル『僕が君を守る!!』




撮影したのはママさん

こちらにもオリジナルTシャツ贈呈です




しかもなんと

毎クルーズで選ばれた作品は、年間大賞へ選ばれる権利をGETできます
シーズン終了後にスタッフが選出


去年までは大賞に選ばれると
クルーズ無料券が贈呈されていました


今年からは、もう少し多くの作品を選出できるように、5部門にわけて選ばれるようになります
①大物部門
②マクロ部門
③地形&ワイド部門
④陸上部門
⑤タイトル賞




選ばれた5人には、、、、



商品は現在検討中です



何が欲しいかリクエスト受付中〜







はーい、ではそろそろ海の報告いってみよー



初日はシミランから
天気海況ともに良いスタートです

DAY1
dive1 Anita’s reef Vis:15-20m 流れなし
dive2 Sharkfin reef Vis:15m 流れほぼなし
dive3 Elephant Head Rock Vis:15m 流れ少し
dive4 Three Trees Vis:15m 流れ少し





朝のブリーフィング前にちょうど朝日が顔を出し始めました
綺麗なまん丸の太陽








昇ってからも色が濃ゆい

今日も1日よろしくお願いします〜



1本目はチェックダイブにふさわしく、流れもほぼなく水もきれい。
入ってすぐの浅場でコラーレ玉




ボートの底もくっきりの透明度

所々の根のスカテンはまた増量したかしら。。。


大きなゴシキエビ








水面休息中には、水もキレイなのでハネムーンベイでスノーケリング





今年急激に増えて広がった浅場のサンゴ畑を調査





モデルのKIRINくん、ステキじゃないの〜





大きく分けて3種のサンゴが見事に広がって来てます。




このまま行けば来年は更に増殖が期待できるかも






海況が良い時といえばシャークフィンリーフでしょ〜
スンダランドの遺跡の岩は、シミランの他の岩場ポイントとは規模が違いますよー



潜降まもなくでブラックフィンバラクーダの大群に全員遭遇



最初に会って最後までずっと周囲をぐるぐる
その数500オーバー
群れが2つに別れていたのですが1つの群れでも十分な見応え



固有種のアンダマンダムゼル畑とかをゆっくり観察しようにも、バラクーダが邪魔っww
って贅沢〜



最後はまた不思議な岩の形を見てフィニッシュ〜





ここでクルーズ中の楽しみ特典番外編〜

よくご飯が美味しいと評価していただいているオレンジブルー号ですが、
皆さんにお出しする食事とは別に密かなファンがたくさん居ます、クルー飯



タイ人が食べている本格タイ飯を食べたーい!!
辛いの大好き〜!!という方はスタッフにお申し出ください
ヨッさんの料理は巷のお店でもなかなか食べれない味です。中毒注意です






シャークの次はエレファント〜
サメからのゾウ


岩は岩でもここはシミラン特有の丸っこい岩の集合体
マクロはハナヒゲやフラッシャー、オキナワサンゴアマダイなどなど




今回発見の珍種は、カエルアンコウモドキの赤ちゃん



頭のエスカ(チラチラと疑似餌にするやつ)がないのが「モドキ」の特徴
それの2㎝にも満たない赤ちゃんサイズはかなーりレアであります





すぐ隣ではウミウサギガイが産卵中


これまた珍し〜い光景でした

潮当たりが良い所ではイエローバックフュージュラーが群れ群れの
ロウニンアジがウロウロでした

老成したロウニンの黒光りがまたかっこいいのよね〜



夕方は空いた後のビーチに上陸〜







昼間は日帰りスノーケラーでいっぱいのビーチも、この時間は貸し切り状態〜


夫婦の岩を持ち上げる共同作業(笑)





岩間での道が少し前に新しくなりました




岩の上も他に誰も居なかったので、ゆったり記念写真を撮れました〜







この日の最後は9番の東側
夕方になると、暗いイメージの場所になっちゃうのですが、少し夕刻も早めに入ったので
まだ日の光も入っていて明るかったし、昼間とは違ってジョーフィッシュが活発に泳ぎ回っていたりいて
ゆっくりまったり観察



ジュジュジューッと音がしそうな感じで沈む太陽

「太陽にほえろ!!」


そして夕日のショーの後は満月

島の影から顔を出したお月様はまーんまるで明るくて綺麗でした





DAY2
dive1  Koh bon West Ridge Vis:15m 流れ少し
dive2-3 Koh Tachai Twin peaks Vis:10m 流れあり
dive4  Koh tachai Reef Vis:20m 流れなし



朝早くに船を移動させます


あちゃーーーーーー
少し波が出て来てしまいました。。。。



水中はやっと本気モードに突入してきたスカシテンジクダイの層が所々にビッシリ
これぞボン島の本気でしょという感じになってきました


それに伴って、捕食者のお魚たちもたくさん
アミメフエダイの群れ
イケカツオ、カスミアジ、ホシカイワリが終止活発にアクションしてる様子を観察できました



「卵を守る母」シリーズ






白い泡みたいなのが卵






日中2本はタチャイの隠れ根
流れがありましたが、
ロウニンアジ、カスミアジの捕食祭りが活発で、フュージュラーが壁の様に動き回るシーンに興奮爆発でした

他にもブラピやムレハタタテダイがかなりの密度で密集していて、見応え抜群






ピックハンドルバラクーダは、50くらいのグループがずーっとゆっくりホバリングしていて、
近くでじっくり見れました。




流れが強い時はマクロに徹しましょう



ミガキブドウガイ



フリソデエビの1センチにも満たないベイビーも発見されました〜

めーっちゃちっちゃーーーい




この日の最後はタチャイ島のリーフに移動してまったりと、、、


という予定が
ツインピークスの上を行く捕食祭りの真っ只中


水深5mくらいのブイをとった船のまわりで、
メニーラインドフュージュラーの壁が塊になってすごいスピードで捕食者から逃げ回っています



フュージュラーの影、影、影










追うのはホシカイワリ、ロウニンアジ、ツムブリ、グレートバラクーダなど



我々人間のことなどお構いなしといった感じで、目の前でビュンビュン命のやり取り

少しはマクロも見ようかと思っても、ずっと近くでやってるもんだから気になってしょうがない
結局最初から最後まで、上がる頃もまだまだ続いていたけれど、、、
大満足の1本となりました


こんなタチャイリーフは初めてだ




やっぱり海はおもしろい






そして昇ってきたのは赤い月


これは少し経った後のオレンジ色だけど、最初はもっと赤かったんだよ

月ってこんな色することもあるんだね。。。

すっかり上がった頃にはいつもの色になりました



さすがに夜は早い今回のメンバー
たっぷり寝て明日に備えましょう




DAY3
dive1  Torinla reef Vis:15m 流れほぼなし
dive2-4 Richelieu rock Vis:20m 流れあり




昨日の夜のうちにスリン諸島に移動していました



朝イチはトゥリンラリーフでまったりと


マクロネタいろいろ

サラサハゼはヒレを立てると結構キレイ


モシャモシャつけたデコレートクラブ



顔のメタリックブルーが綺麗なメタリックシュリンプゴビー

シミランでは数が少ないけど、ここにはゴロゴロ居ます



顔の水玉模様がステキで隠れファンが結構居るミズタマハゼ




ハチマキ模様のハチマキダテハゼ






最近のこのポイントでのアイドル、モヨウフグ

めーっちゃ近寄っても全然逃げん





よーく見ると透明のイソギンチャクエビがくっついてます




リーフは少しずつサンゴも復活して来てお魚たちも増えて来ました






そして最後はリチェリュー攻め


透明度も良く、2本目と4本目は流れも緩やかで、じっくり楽しめました

なんだかロウニンアジがどんどん増えてるような気がするのは気のせい?!

すごい激しい補食が繰り広げられていました




夕方にはギンガメアジ玉も帰って来た〜


鮮やかなモンハナシャコも夕方は遭遇率up



トマトの幼魚は成長過程も楽しめます。

白線がティアラサイズでもうすぐ大人の仲間入りかしら、、、


最近また新たな子も産まれているし、ちびっ子マニアにはたまらんですね







色もきれいだし本当に何本でも潜りたいポイントです


ルージュミノウミウシの外人ver(トリンチェシア.シボガイ)




チータウミウシの外人ver(リスベキア.プリケラ)



ハナミノカサゴは光を当てると尚美しい





まだ腹ボテ?!









上がって夕日が沈んだと思ったら、夕焼けで染まった雲がジンベエさんの形に見えてキータ



夜は好評のみんなでログ付けタイム〜


今回は水中動画を撮影していたタッキーさんのビデオを、早速TVで放映させてもらったりして
みんなで乾杯しながらさっきの出来事を共有できるのって楽しいですね〜





4泊5日を共に過ごしたみんなとハイ、チーズ



最後は恒例のいっぽんで締まりました〜





カオラックへ戻ってからは昼打ち上げ〜

昼ビール最高〜



今回ご参加のみなさま、ありがとうございました〜




写真提供special thanks by コブさん、ばんちゃん、ゆうこさん、しまちゃん、せいちゃん、しげっち



ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 3月4~9日 3月ロングク... | トップ | 3/16-20   笑顔いっぱい!... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL