イーダイブ☆シミラン・スリンクルーズ報告

シミランに一番近いリゾート タイ・カオラックからイーダイブがお届けするシミラン・スリンクルーズリポートです ^^

GWラストロングクルーズ!    byきりん

2017-05-04 22:24:33 | シミラン・スリンクルーズ報告
サワディーカー

お待たせしました!シーズン最後のクルーズ報告です!
きりんからお届けします★

とうとうクルーズもラストを迎え・・
今シーズンイーダイブに来て頂いた皆様ありがとうございました

来シーズンも是非よろしくお願いいたします


さぁGW5泊6日のラストクルーズ!
今回もほぼ去年と同じ顔ぶれの9割リーピーターさん
新規の4名様計17名でいってきました~

スタッフはSHOJI、KYO、SHOKO、CHIAKI、KIRINです!

出港日から同窓会のような雰囲気で盛り上がってました
差し入れの数が!!!
ドーン!





毎年の事ながら大変ウレシイ限りでございます
ありがとうございます

クルーズ後半に少し荒れる予報でしたので一先ず先に北上!

初日はリチェリューからスタートです


DAY1

Richelieu Rock   流れ アリ      透明度10m サーモクラインにより 
   〃      流れ アリ      透明度10m
Torunla reef    流れ 場所により強く  透明度10~15
Ao Pakkard     流れ ナシ       透明度10m


1本目から魚影たっぷりのリチェリューへ!
サーモにより透明度は少し落ちましたが
イワシ系の群れやフュージュラーはプランクトンを食べるのに大忙し
かなり近くで観察出来ます


リピーターさんも喜ぶロウニンの群れは圧巻




このシリーズのヒーロー
盛り上げてくれました

ギンガメアジの群れを見たチームも



突然現れる影!!
ナポレオンちゃんやバラクーダ達や
マテアジの群れもかなり多く良かったです


マクロ癒し役のトマトちゃん
このポイントに来たら必ず会いに行ってほしいです


私達を癒してくれたタイセツな存在でした

ウミウシマンションにはまた新たに入居者が増えて
数が増えてました



魚まみれの2ダイブ~





やっぱりサイコーでしたね~

ラブラブのお二人でマンゴーゼリーを作ってくれました!



トゥリンラリーフの砂地はマクロ天国~
アンダマンジョーフィッシュから
メタリックシュリンプゴビー
全部のヒレを広げたミラクルショット!


キレイの一言です

いつ見ても可愛いミナミギンポ


アンダマンヘビギンポはちょっと幻想的に

スパゲティイールもにょきにょき

リーフ沿いにはツバメウオ!
群れてはいませんでしたが
個体数は多くあちこちでクリーニングしてました

スカテン等にアタックするのはホシカイワリ!

タイマイやナポレオンを見たチームもいました~
途中からかなり流れていて
穏やかなトゥリンラとは違う激流ドリフトダイブとなりました



ダイビングの後は

シーズン最後のモーケン村の訪問上陸








ここの子供たちには本当に元気をもらえます

カワイイ

「この村の婿に入りな~」と長老さん




気に入られて連れていかれそうになったりと
ハプニングもありました!笑


アオパッカーではサンゴを堪能!
ここ最近ナイトで行くことが多かったのですが
5m位の浅場のサンゴは復活の兆しが見えてとてもキレイ
枝サンゴやテーブルサンゴが少しずつ増えていましたよ~




この調子で来シーズンも増えていらいいな~

カスミアジの若魚がウロウロとハントしてました




マクロでは

レッドストライプドドワフゴビー



このサイズ・・・スーパーマクロです!なんの幼魚か分かりますか?


かくれんぼ中~~



シミランには中々いないイシモチの仲間
Molucan Cardinal Fish


流れが無く、まったりな1本でした



ダイブの後は皆さんがクルーズの中で一番楽しみにしている?!
乾杯の時間

キレイな夕焼け~

よりもビール!!の様子でした

かなり盛り上がった所で
3人娘からのログ付けタイム!&グッズ販売会~


今シーズンからの企画にリピーターさんも興味深々でした!

ここで一番盛り上がったのはボスとのじゃんけん大会~
2人と違うのをだした方にはステッカーをプレゼント!


ボスの心境をどれだけ読めるかが重要なポイントかもです!笑

こうして宴は続くのでした~


DAY2

Torinla Pinnacle 流れ 少し  透明度 15~20m
Richelieu Rock   流れ アリ 時々強く  透明度 5~15m



1本目はトゥリンラピナクルでマクロダイブ~

アンダマンピカチュウはもうお引越しした様子
個体数の多いダンダラダテハゼ
ほっぺの模様がキレイなんですよ★


ジョーさんはいたる所で飛び出してました
フラッシャーはヒレを広げてアピールしまくり

ハナヒゲウツボの成魚を見たチームも

シャコ貝で見つけたこんな子も


金のカーテンのようなバックがとてもキレイです☆


岩場ではワヌケヤッコやタテキン幼魚
イワシの群れに突っ込むナンヨウカイワリ!

透明度が良かったので気持ちのいいダイブでした~


2・3・4本目目はリチェリューづくしで!!
他船も少なくほぼ貸切状態
そしてシーズン中でも数回しかない程のツルツル水面

コンディションでは最高で
ダイバーが少ないとストレスフリーで潜れて快適でした★

名残り惜しい位私達を興奮させてくれた魚影の濃さ
船酔いではなくこれは魚酔い~




魚にまみれっぱなしのダイビング




中層はギョギョギョー
とにかくモリモリのイワシやフュージュラー達





ずっとここに浮いていたい
ずっと魚に溺れていたい

オーバーハングの壁を除けばここもまたみっちりと


ロウニンアジを始めハンターのアジたちも迫力満点







ロウニンアジが背景みたい!



捕食の瞬間は早すぎて目で追えない程です

キツネフエフキの大群も水底近くで集団捕食
体色を変える個体もいて激しい捕食シーンでした



個人的にお気に入りのネズミフグ


カラフルなソフトコーラルが更に盛り上げてくれます







今シーズン活躍してくれたマクロ達

イバラタツちゃん


イザヨイベンケエハゼ



ハシナガウバウオ


トラフケボリタカラガイ


キャロットコーラルは触手を広げると一段とキレイ


どこにでもいるので少し邪魔扱いされる事もある
引き立て約のスザクサラサエビ



沢山のフラッシュを浴びながらモデルとなってくれてありがとーう

ワイドもマクロ楽しめるリチェリューは
何本潜っても飽きないポイントです

来年まで潜れないのは寂しいなぁ・・


この日の夜もイベント盛りだくさん


まずはエイジさんプレゼンツ

手打ちうどん体験~

クルーズ初?!ではないでしょうか
船上でのうどん作り

こねる作業は昼間からスタート




ふみふみしてコシをつくって




コックさんやタイクルーにも!




寝かせたうどんを棒で伸ばして





切っていきます




ボスの二人も参加!!
KYOさんいつも以上に真剣な顔してます!!笑




こんなレアな姿も見れました


早速試食~~







出来上がったうどんはコシがあってとっても美味しかったです
みんなで協力して作るって楽しい~~

その後は三谷夫婦のサプライ銀婚式祝い
今年で25周年を迎えたお二人に
出港日にはサプライズでお花を




この日はお祝いのケーキをプレゼント~




マナティからのシャンパンをお二人で仲良くオープン
奥さんかなりウルウルしてました

皆で記念写真~~


これからも仲良く末永くお幸せに

この日も大盛り上がりの夜でした



DAY3

Koh Tachai Twin Peaks 透明度 15~20m   流れ 少し
Koh Bon West Ridge  透明度  5~20m    うねり 激しく
Koh Bon North     透明度  10~20m   流れ うねり アリ
No9 Tree Threes  透明度   15m      流れ アリ



1本目はなんと6:30エントリーの
早朝ダイブ


提案したKYOさん自らブリーフィング
中々珍しい姿です


早起きの理由は
今シーズンあまり目撃されていないレオパードシャークを見るため!!


他船のダイバーが入る前にいっちゃいましょ~う

透明度と流れはまずまず
ここにも前が見えなくなる程のイワシがドバーッと


朝食を食べに現れたのは
ツムブリ・カスミアジ・キツネフエフキの大型の群れ
200はいたと思います

ロープが絡まったツムブリ


こういうの見ると心が痛くなりますね・・・

沖へ出るとツインピークスの見どころの一つでもあるフュージュラーの群れ
イエローバックフュージュラーは黄色の壁となり
クマザサハナムロは青の塊となり

私達を更に興奮させてくれます

残念ながらツブツブの子も
バラクーダも会えませんでした

朝食の後は血圧計測大会
みなさんの健康状態をチェック!




ランチにはこういった日本食も登場します
このコンビは暑い時には最高★





ボン島は・・・・

1本は湾内からスタート
ベタ凪の水面ですがうねりの影響で
泳ぐのがかなーーり大変でした


始め良かった透明度もシミラン名物サーモクラインにより
なにも見えなくなり・・・
更にダイバーが押し寄せて来て・・・

もう上がりましょう。。。


こんな時もありますよね~

ただリッジのスカテンはまたまた大量復活!
壁沿いにみっちり埋まっていました








壁の亀裂などを除くとこういった子と目が合って
ドキューンとハートを捕まれた方も多いハズです



次は北のリーフ沿いからスタート
ここも中々流れてました

中層のサンゴがキレイなエリアでは
サンゴが見えない位のスカテン






シーズン最後までこのボリュームでいてくれてありがとう

ゆっくり流すとボン島の北側はクリアウォーター

気持ちいいドリフトができました~
バラクーダの群れを発見したチームもいましたが
お目当てのヒラヒラさんには会えないまま
ボン島締めくくりとなりました~
最後見たかったなぁ~

リッジの深場ではアケボノハゼのアンダマン海バージョンをゲット~




ラストはシミランに戻ってNO9のスリーツリーで砂地ダイブ~~
こちらも流れが強く・・
ゆっくりハゼを観察とはいきませんでした・・


砂地に点在する根にはソフトコーラルとスカテンがいい感じ



ハナダイギンポちゃんもファンが増えて
いまやマクロ界の人気者です☆


浅場をゆっくり流すとエバンスアンティアスやアカヒメジ等の群れにも
癒されました~

締めくくりはNO8上陸!






今回は貸切ビーチを楽しみました
とりあえずJUMP!!


食べちゃうぞー


ビールを持ってカンパーイ


いつもと違う感じにシルエットを楽しんで







メンズチーム「ドスコイ」ショット


負けじとウーマンチームによるモデルショット


チーム名も決まり 「青マンゴー」!笑
フラッシュ&ズーム禁止です!!


ボートの周りにアオウミガメが登場~~


クルーズ中イチ?!の盛り上がりでした
こんなミラクルショットも


水面に反射してるのかなりすごいです!

宴は早々にスタート!
KYOさん・・・皆さんの飲むスピードを恐れてお酒をキープ中~!笑


早起きともあってこの日は皆さんお疲れモード。。。


DAY4


No9 Three Trees 流れ アリ   透明度 15m
Elephant Head Rock  流れ 少し うねりアリ  透明度 10~15m
No5&6 Hideaway Bay     流れ ナシ  透明度 15m
No4 Honeymoon Bay     流れ ナシ 透明度  15m



いよいよ最終日!
シミランでのんびり行きましょ~う

昨日潜ったスリーツリーでもう一度ダイブ!

昨日よりかは少し流れが穏やかでしたが
やはりまだ流れていました

そんな中マクロも充実

オーロラシュリンプゴビーの「マル」


巣穴に入る瞬間をゲット!

イソバナに着くヤマブキスズメダイ幼魚が集まる
保育園


根で見つけたマクロ達


 

ジョーフィッシュは至る所に活発に飛び出して
砂を履いてる個体もいました

ブラックシュリンプゴビー

大人は少し地味ですが
腹びれのブルーのラインがとてもキレイですね☆

タテジマヘビギンポやスマイル君ことルボックブレニー




コラボショットもいい感じ



リーフ近くでカンムリブダイを見たチームもいました!



2本目はエレファントでダイナミックな地形ダイブ

シーズンの長い間いてくれましたハナヒゲウツボ老魚
お疲れ様でした


イヤースポットブレニーちゃん、チラ見してます



3本目はうねりの影響のない静がなポイントでまったり
あまり流れも無くゆっくりできましたね

スカテンやイワシ達はシミランの至るポイントでボリュームたっぷりです



リーフ沿いには天使の輪のローランズダムゼルやヤマブキスズメダイの幼魚


キンセンフエダイやフュージュラーも




ヒレを広げている個体が多いインディアンフレームバスレット
この角度いいですね~


浅場の根にはウミタケハゼの仲間


マクロ撮影にはばっちりでしたね~


クルーズ最後の上陸はNO4!




船長レックさんも上陸しました!




激レア?!
ボスの2人も山登りに挑戦しました








汗だくで登った先には絶景!



レアなツーショット



頂上でパチリ





野鳥の会。のような後ろ姿!


上陸で疲れた体に優しいラストダイビングはハネムーンベイで







砂地には多く見られるヒレフリサンカクハゼ
第一背びれを広げたり閉じたりフリフリ動かす姿はかなりカワイイ★です



ウツボが狙ってるような表情してますね



体に優しいまったりなダイビングで16ダイブを絞めくくりました!

またね~シミラン~



ラストナイトにも大盛り上がり~

誕生日を迎えたおメデタイ方
タカさんおめでとうございます


ショージさんがウクレレでバースデーソングを歌ってくれました

集合写真~


上段の角にかなり怪しい人が・・・

カツラとサングラスがあったらやっちゃいますよね~






誰が一番似合ってるかしらぁぁ~


こうしてラストナイトも更けてゆきました


そして!
ついにクルーズ最終日の下船日

まずはフォトコン発表から

優秀作品は「かくれんぼ」




投稿してくれたのはマナティ~~!!

おめでとうございます!

記念ダイブを迎えた方々~

アイバっち450本!


ウチダさん夫婦150本!






しんちゃん500本★




ハチさん600本★


エイジさん600本★


お二人には記念ダイブにプラスで銀婚式のプレゼントを~

これからも仲良くお二人で潜ってくださいね

皆さんおめでとうござまーす

そして誕生日を迎えたタカさん



楽しいメンバーで記念写真!




恒例の1本締めもバッチリきめて

よーお



今シーズン最後のGWラストクルーズ
モリモリの魚影に囲まれて
船上ではイベント盛りだくさんで笑顔いっぱい
終始笑いの耐えない宴の時間

潜って、飲んで、食べて、笑って

毎年の事ながら楽しいクルーズとなりました


今シーズン、イーダイブに来て頂いてありがとうございました

これからも末永ーくよろしくお願いいたします
笑顔いっぱいで皆さんをお待ちしています!

来シーズンは大物沢山となるようにスタッフ一同今からお祈りいたします!笑




写真提供:エイジさん、マナティ、しょうちゃん 












コメント
この記事をはてなブックマークに追加

4月21日〜24日 ラスト②クルーズ!! byしょーこ

2017-04-25 19:23:49 | シミラン・スリンクルーズ報告
サワディーカア



SHOKOです


タイでのお正月も過ぎ、残すところ2クルーズ



私が書くシミラン、スリンクルーズ報告は今シーズン最後となりまーす

個人的にはなんと今シーズンは、全28クルーズ中21クルーズに乗船して、たくさんの方々とご一緒させて頂きました
ありがとうございます


さて、残り後少しでクローズになってしまうにはもったいない程の魚影爆発中のアンダマン海
残りの1本1本を噛み締めて潜りたいと思います



今回のクルーズ報告スタート〜





今回はサイパンのショップさん、super fish diving in saipanから12名さま+リピーター4名さまと。


スタッフはSHOJI、CHIAKI、SHOKO&今回ダイビングはしないけど、
タイ人クルーに混ざってスーパークルーとしてKIRINも乗船
日本語もOKです




朝起きたらそこはもうシミラン諸島のど真ん中
水もキレイそう
人気のポイントAnita’s reefに潜ろうと思ったら、、、
なんと新たなスノーケルラインみたいなロープが張られ、、、
キャプテンに尋ねると、潜っちゃダメになった!?とのこと


がーーーん


これ一時的なものなのかどうなのか分かりませんが。。。



というわけで、、、、


DAY1
dive1 #4 Honeymoon Bay VIS:15-20m
dive2 #3  Sharkfin Reef VIS:15m
dive3 #7-8 Elephant Head Rock VIS:15m
dive4 #9 Three Trees VIS:15m




チェックダイブとは言え、ここもスカテンこと透明のスカシテンジクダイが大フィーバー
キンギョハナダイの乱舞

沖の方では珍しくマルコバンアジの大群に遭遇

カスミアジ、マルクチヒメジの集団補食は圧巻です。



マクロチームはチゴベニハゼや




ゴーストパイプフィッシュのキンセンイシモチを背景にぼかして☆に見立てたショット




バックの赤い海綿で映えるクジャクスズメダイの子供






海況が良い時にしか行けないシャークフィンにも久々に行って来ました


ここもスカテン爆発


フナッシーことハナダイギンポもたっくさん





イエローバックフュージュラーやクマザサハナムロに取り囲まれた〜

と楽しんでいるとそこに、、、


ブラックフィンバラクーダの群れ〜



ずーっと同じ場所でぐるぐる〜


総勢500くらいは居たんじゃないでしょうか。。。


立派なウミウチワもここは見所のひとつ

遺跡のような岩を通ると、この辺では珍しい人気者のドリーことナンヨウハギも発見しました〜



シャークフィンの角角した岩とは対照的に、つるっとした岩のエレファントへ



潜降しているとイソマグロがぐるぐる

名物の顔出しパネルでみなさん記念撮影

黄色のハナヒゲウツボはこのままシーズン最後まで居てくれるでしょうか


少し潮当たりがキツくなって来たな〜と思いながら進むとそこではまたもやフュージュラー祭り







黄色の蛍光塗料を塗付けたような綺麗な模様のイエローダッシュフュージュラーも加わりました



そこにウロウロしてるイカついロウニンが接近してきます
老成魚は黒光りでかっこE〜




マクロチームはギンポ&カエルウオ三昧



















綺麗なウミウシ(クロモドーリス.グレニエイ)も発見した様です







そしてここでバランスロックのあるNo.8に上陸〜
シーズン終盤と言えども、昼間はまだまだ日帰りスノーケルツアーの人たちでごった返しているため、この時間帯が狙い目。
こうゆう選択ができるのもクルーズならではですね


今回はタイ人クルーの家族も一緒に乗船していたので、ビーチにもみんなで一緒に行きました〜






こーんな狭い隙間も通って登って行くと。。。




はい、そこはもう絶景です












最後は砂地でまったりと。
同じみのオーロラシュリンプゴビーやブラックシュリンプゴビーもここはじっくり狙えます。



オニハゼやヒレナガネジリンボウ等の少数派ハゼももちろん狙えます







リーフと砂地の際に居るアカヒメジとヨスジフエダイの群れはかなり見応えありですね。






この日の夜はediveオリジナルグッズ販売会で盛り上がり、、、

オリジナルステッカーがもらえるボスとのじゃんけん大会も開催
「グーを出します
と宣言の我らがボスSHOJI



信じた人が、、、もらえたのかどうなのかはヒ・ミ・ツ♡





DAY2
dive1 #9 Three Trees VIS:15m
dive2 Koh Bon   North     VIS:15m    
dive3 Koh Tachai Twin Peaks VIS:15m
dive4 Richelieu Rock VIS:15m





朝イチ明るいスリーツリーズをもう1本
沖の方にも行ってみました


ハンターのほとんどがニジョウサバでした



最近インドネシアの方では流行ってるらしい、超超極小のモンキーシュリンプことアンディアムシス

米粒よりも小さい
3匹くらい映ってるの分かりますか〜



ヤマブキスズメダイの幼魚がいっぱい付いてるところも発見



この辺では珍しいメシマウバウオ属と思われるウバウオも可愛い感じで撮影してもらいました




続くボンではマンタさん、狙い所です
前回は同時に3〜4枚が見れて大当たりでしたが、少し間が空いているのでどうだろうか、、、
北からエントリー
大爆発していたスカシテンジクダイの層は少し減ってはいたものの、バラクーダの幼魚も成長してきているし、まだまだ見応え抜群


メニーラインドフュージュラーも固まってます

ナポレオンも姿を現しました


あとは、、、、




出たーーーーーー







降臨です







大型のGTを2匹引き連れて優雅に舞われております
透明度があまりよくなかったので、少し離れると見えづらかったのですが、
どのチームも何回か大接近する事ができましたので、迫力のマンタに会う事ができました〜




皆さんご満悦のまま勢いに乗って更に北上しちゃいまーす


そしてこのダイビングでイッコーさんが200本の記念ダイブ〜




ステキなお仲間に囲まれて記念ダイブ

最高ですね〜



そしてタチャイは

入ってビックリ


ものすごい数のイワシの稚魚が大量発生〜


潮上に限らずそこら中の中層にです




少し濁った水も相まって、遠くから見るとその塊になった影が岩の様に見える程
そこの層に入ると、魚で前が見えない♡


その向こうにはイエローバックフュージュラーの群れ〜


黄色の壁壁壁

そこにカスミアジ、ロウニンアジ、ツムブリ、コガネシマアジの群れがアタック



ピックハンドルバラクーダやブラックフィンバラクーダ、シェベロンバラクーダも姿を見せてくれました




とにかく終止魚にまみれた1本となり、皆さん本当にビックリした!と言うくらい大大大満足

『魚酔いしちゃった♡』

という言葉がまさに当てはまりました




最後はそのまま更に北上
勢いに乗って夕方リチェリューへ







夕方の補食の真っ最中〜



ロウニンアジの群れも活発




これ普通のトマトの赤ちゃん




なんと、子供の特徴である白線もなければ、大人についてる黒点模様も何もないただのトマト色の子が居ました

子供から大人の完全なる中間



そして
夜はみんなのテンションもMAX〜

カリスマも踊る〜



Mネエも踊る〜



CDデビューしてるMくんも押され気味。



こっちのゲストはインパクト大でしたっ



大変盛り上がりました〜




DAY3
dive1-2 Richelieu Rock VIS:15m
dive3   Koh Tachai Twin Peaks VIS:15m
dive4 Koh Bon West Ridge VIS:15m




最終日も朝からリチェリュー攻め
なるべく人が少ない時間を狙ってエントリー


朝イチなので深めの子たちにも会いに行きましたよ〜

綺麗な黄色が映えるように背景は硬派な黒抜きで


その途中でもギンガメアジのリバーやニセクロホシフエダイの絨毯に取り巻かれ、幸せの絶叫です



とにかくやっぱり圧倒的迫力のリチェリュー
後半になって本当に今年はロウニンの大群が圧巻です
ロウニンアジの集団補食が見れるダイブサイトは世界的に見てもかなり珍しいんじゃないでしょうか

お客様たちはその群れの多さに、ギンガメアジと間違える人が続出。。。
「いやいや、あれ全部ロウニンアジですよ
と言うとみんなビックリされてます



本当にこの群れを見れるのが残すところ後少しなんて、、、、



もちろんマクロも充実

綺麗なお花畑に遊びに来たみたいなヒブサミノウミウシくん



チータウミウシの外人さん(リスベキア.プルケラ)




きれいな場所に住んでるアカスジカクレエビの子供ちゃん





タチャイでもまたイワシの子供の壁壁

魚で前が見えませーん



カスミやギンガメアジの群れもスゴかった〜




いつも美味しいご飯を1人で全部作ってくれてるヨッさんもそろそろお疲れ気味。。。



そんな時はスーパークルーKIRIN登場〜

イカの肉詰めだって出来るもん




最後のボンは翌日のフライトの関係で少人数だったので、マクロに集中


キクメイシサンゴの背景がいい感じ。

上から見ると笑ってるルボックブレニーも人気者でした。



夕方だったので穴の中のハゼたちも見やすい所に結構出てました




胸ビレが大きくて可愛い子♡ベンケイのSPですかね。




最後は記念ダイブだったイッコーさんに改めてお祝いプレゼント〜

サイパンのショップさんからもTシャツ進呈〜



フォトコンで選ばれたのはカズピーの「北斗七星」


ヤマブキスズメダイの幼魚がまさに北斗七星です


カズピーはナイトロックス講習もがんばりました〜


おめでとうございましたー




海況も大物も群れも、そしてクルーズメンバーにも恵まれた楽しいクルーズでした


最後はいつものイッポンで





ありがとうございました〜





写真提供special thanks by あっちゃん、かとぅー、あやさん、かずぴー

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

4月12~16日 ソンクランクルーズへ!!!byチアキ

2017-04-17 21:37:13 | シミラン・スリンクルーズ報告
サワディーカー!
4月12日~16日クルーズへ行ってきましたー!
今シーズンも残りわずか!!
クルーズ残すもあと3回になってしまいました。。。
ラストスパートだーーーーー!!!!!!




今クルーズはタイのソンクラン連休に合わせたクルーズです!!
バンコク、さらにフィリピン!?
そして日本から遊びにきてくれた20名のゲストのみなさまと出発でーす!
今回は伊豆からマリンステージさん6名がショップツアーで参加してくれました!


さあ行ってみよー!

初日から宴会は盛り上がりを見せてます!
スタートダッシュです。





DAY1
West Ridge
West Ridge
Twin Peaks
Torinla Reef

チェックダイブはボン島で!

しょっぱなからきちゃいました。
マンタの登場!!

リッジの先端でぐーるぐるしてくれてました!
3枚登場!!







もう1本!

このダイブでもマンタ登場!





幸先いいスタートです!


タチャイは暗い感じでした。。


気を取り直してさらに真っ暗なナイトダイブ!?

タッキーさんの6000ルーメン!?の超絶明るいライト!



集まるプランクトンを捕食しにフュージュラーもわんさか集まりそうだー!

結果はこちら!!!
光に集まったカキアゲ???





本日も宴会大盛り上がり!!
ウクレレを弾いてもらいました!
一気に船上はハワイアン!?






DAY2
Richelieu Rock
Richelieu Rock
Richelieu Rock
Torinla Reef

ここ最近のリチェリューロック、
小魚もりもりでロウニンアジがわんさか捕食してます!
ロウニンアジ若魚も100以上の群れで集団捕食!








マテアジも群れで捕食中!

マブタシマアジ、オニアジも活発に動き回ってました。

ギンガメアジの子供も玉になって登場!

沖のほうでブラックフィン&ピックハンドルバラクーダの大群に遭遇したチームも~!

魚影の濃さはアンダマン海ナンバー1!!
生命の力を感じる海です。

スカシテンジクダイにまじるバラクーダの幼魚。
数もたっぷり、どんどん成長中です。
今は10cmほどですが、巣立つのはいつでしょうか!?
楽しみですねー^^



ナポレオンにも遭遇^^




マクロはいつもどおりのメンツがラインナップ。




ゴーストパイプフィッシュが3匹連なってましたよ~


4本目は他のクルーズ船ではなかなか行かないスリンのリーフでまったり!
シミランではなかなか出会わない子たちと遭遇したりもするんですよー^^

こっちでは珍しいイソコンペイトウガニに出会いましたー!!!



ツバメウオの大群もよかったですよー^^

コラーレの群れ!





ダイビングの合間にはモーケン族のところへ遊びにいってきましたよーーーー!!!

ビーチを歩いて、、、



上陸ー!!!!



ソンクラン休みなのかちびっこたちはちょっと少なかったですが、
モーケン族の暮らしを垣間見てきました!!!




DAY3
Richelieu Rock
Twin Peaks
North
West Ridge



リチェリューへもう1本行きたい!
ということで朝イチでもう1本!!!

少し早い時間帯でエントリー!

捕食の時間帯で、ロウニンアジ100の群れ!




もちろん魚影の濃さはハンパなかったですよー^^
今シーズンイチと言えるくらいの魚影の濃さ!

どこを見てもサカナ!サカナ!サカナー!!!

リチェリューロックは本当にすごいポイントです!!!

初日にイマイチ?だったタチャイにリベンジ!!!
流れゆるやか、透明度も15mほどでまずまず!
そして!!
初日の100倍くらいの魚影の濃さでした。byチアキ

目の前をおおうイエローバックフュージュラー!



そこに特大ロウニンアジが捕食ー!

カスミアジも捕食中!



カメ!



綺麗なソフトコーラル!!







やっぱりタチャイはやめられない~!!


最後はボンで締めくくりましょう!!

最後も現れてくれました!
エントリーと同時にマンタ!!!

水底を覆い尽くすほどのスカシテンジクダイ!

そこをかき分けて登場!!






浅場のリュウキュウキッカサンゴもきれいでしたー^^



大満足の締めでしたー!!!


クルーズの醍醐味!!
クルーズ中天気もよかったので毎日綺麗な夕日でした!!!






夕日を眺める・・・男子たち???






夜の宴会も夜更けまで続くのでしたーーーーー^^




スキャンダル!!?
や~だ~~~って聞こえてきそうですね・・・笑




フォトコンの結果は!!
Yさん!!
おめでとうございますー^^




ナベちゃん50本おめでとうございます!!!




今回もメンバー&海に恵まれて最高のクルーズになりました!!
来ていただいたみなさま、ありがとうございましたー!!!



よ~ぉ!!




写真提供タッキーさん
ありがとうございます!!!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2017年3月26日〜30日 by 懐かしのアキであります。

2017-03-29 18:29:24 | シミラン・スリンクルーズ報告


2、3月とediveのお手伝いしてきましたが、あっという間にラストクルーズとなりましたので、最初で最期のクルーズ報告書いちゃいま〜す。

今回はなんとっedive幻の準スタッフ、自称芸術家タカさんが乗船!!!
(まあまあ、すごい人に成長しています)


さらに元スタッフのエミも帰郷してきました。

乗船日から懐かしい話でゲストと一緒に盛り上りました。


ここで新しく来てくださるゲストのために、そしてリピーターのために?ediveとはどんなショップなのかアキが今一度、検証してみましょう。
まあ、とにかくediveを一言でいうとゆる〜い感じで居心地のよいショップです。簡単すぎ?でもこの1文にすべてが集約されてるとおもいます。

最強?スタッフはこんな感じにまとめてみました。
ボス1
Mr,アンダマン海 SHOJI(ショージ)
アンダマン海をこよなく愛し26年、誰よりもこの海を知り尽くしている。
経験本数18000本

ボス2
悪の総統 KYO(キョウ)
悪い奴はだいたい友達
経験本数15000本

ボス3
笑いのツボHIGASHINAKAGAWASHINICHI(ヒガシナカガワシンイチ)
いてもいなくてもいつも話題の中心、みんなのアイドル!
昨今、体力の限界?海、引退説も・・・
経験本数???

ちなみにボス1〜3が社長です。

ediveのオールマイティTOMO(トモコ)
昔ほどのスピードはなくなってしまったものの、オフィスワークから海までなんでもこなしてしまうできる女!
edive歴10年 経験本数5555本

今や押しも押されもせぬediveのムードメーカーお笑い芸人 EBI(エビ)
よく食べて、よく飲んで、よくしゃべる。
ステーキは飲み物という名言も作りだしました。
edive歴10年 経験本数8000本

特攻隊長 SHOKO(ショーコ)
背は小さいが気持ちはどでかい!
飲めば飲むほど強くなる、誰か酒くれ〜ヨロシク!
edive歴3年 経験本数1700本

宴会部長 KIRIN(キリン)
どんな困難な場面でも盛り上げてしまう強い気持ちの持ち主!
困ったときは歌います、天城越え!
edive歴3年 経験本数1300本

前髪爆弾 CHIAKI(チアキ)
元気一発屋、2回に1回すべります。
すべったときは作り笑顔が引きつる・・・闇!
かなり話を盛るのでご注意!
edive歴3年 経験本数1600本

みなさんのご想像にお任せしますAKI(アキ)です。
edive歴16年 経験本数10800本

こんなメンバーがみなさまを心よりお待ちしております。


さあ、ゲスト16名とスタッフ KYO、EBI、CHIAKI、SHOKO、AKI + TAKA、EMIのスペシャルメンバーでシミラン諸島から行ってみよう!!!



1日目
ハネムーンベイ、アニタズリーフ 北、アニタズリーフ


6年前、34度という水温上昇で壊滅的なダメージを受けたサンゴたちが復活しているんです。自然の力ってすごい!

スカシテンジクダイが爆増中!!!賞味期限は10日間!!!



最近お気に入りの砂地では15メートルにチンアナゴがニョキニョキ!その先20メートルにはスパゲティイールがボウボウ!

その隙間にはダテハゼのアイドル!?オーロラハゼ!



近くではアンダマンジョーフィッシュがビコンビコン飛び出したり、もどったりの繰り返し。
ここの海以外ではあんまり見かけないので、ぜひっみなさまリクエストください。


edive三姉妹が名付けたふなっしー村にゲストをご案内!


中層三種盛 イエローバックフュージラ、クマザサハナムロ、ジャイアントフュージラが威勢よく盛り盛りいました。

今回はシュノーケルと体験ダイブのゲストも乗船。


はやくライセンスを取ってこちらの世界へ!
ダイビングの間、NO、4の絶景ポイントへ!



道のりは過酷・・・筋肉痛間違いなし。



4本目はナイト!!!
ノーコメント
船上から見ると神秘的!


夜は恒例のログ付けタ〜イム!!!


夜は毎晩宴会!



ちかちゃん200本記念おめでとう!
こぶさん1600本記念おめでとう!
あいちゃん100本記念おめでとう!
ゆきちゃん100本記念おめでとう!





2日目
エレファントヘッドロック、シャローシックス、ボン島(ウエストリッジ)、タチャイ島(ツインピークス)

巨大ロウニンアジ20匹GET!!


浅瀬ではアオサンゴの復活劇を見ることができ、ダイナミックな地形ポイントでは、透明度GOO〜Dで25%楽しさアップ!




合間合間でアンダマン海の固有種も織り込んでいきますよ〜!




NO、8のバランスロックは雑誌でも紹介されているの行くべし!
楽しいこといっぱいなはず

ボン島では安全停止中、どこかでリンリンリンリン、ずっ〜と鳴り響いてるるる〜!
やばいっ・・・嫌〜な気持ちのまま浮上、どのチームも何も見ていないとのこと、ある意味ほっとしたのですが、諦めきれずシュノーケルするとマンタ発見!!!






シュノーケルでしたが、なんとかゲストもマンタGET!よかったよかった。



ラストダイブは波あり&激流&透明度NOとツインピークスが邪悪な牙をむきだしました!!!





3日目
リチェリューロック4本攻め!
いや〜今のリチェリューの魚影の濃さは世界でもトップレベルだとおもわれます。






何本潜っても飽きさせないすごいっポイント間違いなし!

けいこちゃん100本記念おめでとう!



ナイトロックス講習!
ゆきちゃん、みっちゃん、けいちゃん
ご苦労様、これからは世界で元気になるエアーをどんどん吸ってダイビングしてくださいね。




今回は元バーテンダーのまっちゃんが毎晩、みんなのためにオシャレなおいしいお酒を作ってくれました!!!
まっちゃん、ありがとう


パクチー嫌いのまっちゃんが全力でパクチートを作ってくれました。




フォトコンの優勝者は5クルーズ連続!?乗船してくれたコブさんでした。



おめでとうございます。




最後に今シーズン出会えたゲストのみなさま、ありがとうございました。
以上 アキでした。
ちなみにエビも今シーズン、ラストクルーズでした。



また、来年お会いしましょう。



天気 最高
海況 べたなぎ
水温 29度
透明度 よかったり、悪かったり
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

3/21〜25 ゆったりクルージングゥ〜 byショーコ

2017-03-26 01:57:15 | シミラン・スリンクルーズ報告
サワディーカア

SHOKOです




今回はシーズン1のゆったりの人数になりました、お客様は11名様スタッフは
HIGASHI、EBI、SHOKOです。


ヒガシさん、クルーズお久しぶりですね
今年のマンタとの遭遇率より、水中ヒガシさんを拝めるのはレアですよ〜


前日からの風で初日は少し波がありましたが、水中はお魚パラダイス



DAY1
dive1 Koh Bon Vis:15-20m 流れ少し
dive2-3 Koh Tachai Vis:15m 流れ少し
dive4&(5) Ao Phak Kat Vis:15m 流れ少し



チェックダイブなので、湾内の浅場からエントリー
レッツゴ〜


また一段と広がってきたかな?

リュウキュウキッカサンゴ畑



コラーレバタフライの家族とブラピの群れ具合が更によし




スカテンは所々のコブハマサンゴや根の上も層になってモリモリ増殖中
本当にようやくボン島の本気が見えて来た感じです

ホシカイワリやカスミアジ、イケカツオにイソマグロの面々が補食に大忙しでした





マクロチームはバリアブルジョーフィッシュ、コシジロテッポウエビと顔を出すクビアカハゼ
イヤースポットブレニー、モルジブスポンジスネイル








日中2本はタチャイです
なんと2本とも貸し切り
しかも流れもゆるやか


やったー

入ってすぐブラックフィンバラクーダの大群〜


ココ最近の中ではかなり上々のまとまり具合

水が少ーし濁っていたので、何か影が近づいて来る感じがまたいい


2本目は更に見やすい所にずっといてくれたので、思う存分遊べました〜



綺麗にトルネードすることも何回かありましたよ


カメさんとも遭遇




あ、そういえばミガキブドウガイが大量発生中


交接真っ最中の個体もいらっしゃいましたよ


ちーっちゃいけど、色がとってもきれいなシラナミミドリガイも発見



純白のベッドに横たわるウミタケハゼ






最後はスリンのサンゴの復活が進むポイント。




と、その前に
少しスリン諸島についてご説明〜
スリン諸島は主立った5つの島から成り、お隣の国ミャンマーの国境までもう数キロという位置にあります
お天気がいい時には、ミャンマーの陸も見えちゃいます


ediveのクルーズでは、ほぼ毎回このスリン諸島でのダイビングを取り入れているので
特に何も思わない方も多いかもしれませんが、実はこれ結構スゴい事なんですよ〜


何がって、、、



ダイビングのアンダマンクルーズを開催してる船はたくさんありますが、
ほとんど船はリチェリューロックまででしか行かず、スリンまで来て潜る船は数隻
いや2−3隻くらいか。。。

もちろん日帰りデイトリップで来てる船はほぼないです


結構貸し切りで潜れる



それに、シミランや、ボン、タチャイではあまり見かけなかったり
珍しい種類のお魚が、結構普通に居たりもします


まさにお宝の諸島なのです


スリン博士になるには、まだまだいろいろあるので、それはまた次回。。。




ではここでの1本目のポイントの話に戻りましょう。


いろんな種類のサンゴがもりもりでそれをながめてるだけでも幸せになります

そして実はココにもトマトクマノミちゃんが居たりします



サラサハゼはヒレ広げるとめちゃ綺麗



砂地にはヒレナガネジリンボウやメタリックシュリンプゴビーも居ます






流れもないしまったり終了〜



と思いきや、元気満々の方々からオプションナイトダイビングのリクエスト

ご飯を食べて行って来まーす



同じ場所でも夜の顔はすっかり変貌
ブダイちゃんの膜張りシーンや、コクテンフグのちょこんと落ちてる姿






アンダマンフォックスフェイスも夜の姿に


でっかいスポンジクラブも見れました〜





1日たっぷり潜ったし、明日も楽しみましょう〜




DAY2
dive1 Koh Torinla Reef Vis:15m 流れなし
dive2-4 Koh Richelieu Rock Vis:15m 流れ&うねり少し



この日も朝イチはまったりと。。。
レアものもたくさん潜んでるリーフ

いつも通りのメタリックゴビーやジョーフィッシュは、ココの個体は本当に寄らせてくれる
人懐っこいです


メタリックのヒレのピンクが個人的には大好き




この辺では珍しいイソコンペイトウガニも発見



ウミトサカはたくさんあるのに、意外と見ないこのカニ


大きな個体だったし、このまましばらく居てくれるといいなあ〜


ウミグモ?が抱卵

これまた珍しい、、、


やっぱりスリンは面白いなあ〜



そしてここでKブさん、ediveだけで200本達成〜

すごいですね〜



気になるポイントは、、、
リチェリューロック〜!!!いえーーーい


ここもスカテンやギラギラしてるカタクチイワシが増量中〜


中にはバラクーダの幼魚も混ざっていました


さいころサイズのミナミハコフグ幼魚はとびきり可愛い♡



色鮮やかなモンハナシャコ




イザヨイベンケイはカワイイ角度で撮ってもらえました






チータウミウシの外人(リスベキア.プルケラ)は交接中



キカモヨウウミウシの外人(クロモドーリス.ゲオメトリカ)は産卵中




こちらは少し数が減って来た?!

見たい人は今のうち〜



困ったまゆげ模様みたいなトマトの子供



ギンガメもいい感じに固まってる〜



今年は本当にロウニンアジの若魚が多くてエキサイティング

また増えたかも?!





夜はヒガシさんも新作Tシャツの販売会用にモデルになってましたよ


回る速度が速すぎでーす!!笑



そのままなぜかヨガ講座に。。。



カエルのポーズ


からの、、、



「クワッ!!』









DAY3
dive1 Koh Tachi Twin Peaks Vis:25m 流れなし
dive2 Koh Bon West Ridge Vis:20m 流れなし
dive3 Similan#9 Three Trees
dive4 Similan#7-8 Elephant Head Rock




朝起きたらなんと雨〜


黒い雲に覆われています。。。



そして今日のタチャイは貸し切りとはいきませんでしたが、初日より透明度はよく
流れもなし


またしてもバラクーダの群れ




フュージュラーが活発に動いて、アジやツムブリがハンティング〜


水が綺麗なので、サンゴやウチワが綺麗なエリアも気持ちE〜


オトメウミウシのインド洋ver(クロモドーリス.ゲミヌス)も居ました



上がった時には雨も止み、再びまったりクルージング〜



ボン島はこの日はリッジからエントリー
やっぱり本気を出したボン島はすごいぞ〜
スカテンびっしりー



サンゴもきれい〜



コラーレバタフライも気持ちよさそう〜



何かが出そうな雰囲気はもりもりありましたが、待ってる方はいらっしゃらないー。。。






最後はシミランでまったりといきましょう
流れもないし、のんびり

入ってすぐまたまたバラクーダに遭遇したチームも。

タイマイもご飯に夢中

クマノミちゃんはいつでも人気


ここの代名詞とも言えるオーロラシュリンプゴビー


アカヒメジの群れもこんだけ居ると見応えあります



そしてここでビーチ上陸〜
一瞬また雲がどんよりしかけましたが、それは杞憂でした

背景が良いから何でも許されますww




お約束のポーズも




Wっきーめっちゃ頑張ってる〜!!




次のブリーフィング時には西日が暑い


最後はエレファント〜
潜降してすぐに主のロウニンアジ登場〜



模様がきれいなヒメゴンベやいつでも人気のハナダイギンポ


『Yeahhhhhh』と○影?をとるコブさん





何回来ても楽しめるポイントですね




最初少し波があったり、途中雨が少し降ったりはありましたが、
トータル的には流れもほぼなく、のんびり潜れました
11名という少人数もすごくゆーったりできましたね


クルーズ中にナイトロックス講習頑張った方々

みんなでシラサギ?のポーズ!!笑


今回はなんとediveだけで200本を潜ったコブさんが記念ダイブ

おめでとうございます&ありがとうございます



ブログをよく見てくれてる方は気付くかもしれませんが、この方、3月中全クルーズのってます。
今回連続4クルーズ目。
次がいよいよ今回のラストですね



そしてフォトコン優秀賞は『地球キャベツ』


を撮ったゆっきー




ゆっきーも次クルーズも参戦。


連続クルーズ結構オススメでーす





そして最後の下船日前には、翌日のニッタちゃんの誕生日をお祝いしつつ
みんなで集合写真〜







ご参加の皆様ありがとうございました〜




写真提供special thanks by こぶさん、ますみさん、ゆっきー
コメント
この記事をはてなブックマークに追加