新潟市パーソナルカラー&パーソナルデザイン診断 Ecru Beige

色で魅(み)せる!ファッションで活かす!
本当に似合うもの、ご存知ですか。
Ecru Beigeより情報発信中!

似合う色。

2008-05-30 14:31:33 | イメージコンサルティングのお話
似合う色を身につけると、生まれつきお持ちの肌・目・髪をきれいに見えます。


似合う色=パーソナルカラー=自分をキレイに見せてくれる色
のことです。



そして、似合う色を知ると、何色でも着ることができるようになるのです。
「赤」でも「青」でも「黄」でも「緑」でも「ピンク」でも・・・・
大切なのは、似合う色の特徴を知ること。

その色の明度(明るいか暗いか)、
彩度(鮮やかなのかくすんでいるのか)が大きく影響しています。

似合う色の特徴に合った色なら、何色でも着ることができるのです。
そうすれば、着こなす色の幅が広がりますね

いろいろな色を楽しむことができますよ。




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Only One=あなただけの美しさと個性

2008-05-26 21:58:51 | イメージコンサルティングのお話
「センスの良い着こなしをしたい。」

「個性を生かしたお洒落をしたい。」

「年齢を重ねても、素敵、キレイと言われたい。」

・・・と女性なら、思いますよね。


では、どうしたら良いのでしょうか。

●ファッション雑誌等を参考にして、洋服のカラーコーディネートをする。

●お洒落な友人、同僚、先輩の着こなしをマネ(同じ洋服を着る)をする。

●ショップの店員さんのアドバイスに従う。

●流行を常にチェック。新しい洋服を買い続ける。



いかがでしょうか。

このようにしたとしても、自分の個性を生かした(似合う)着こなしが出来るとは限りません。
まずは、自分自身を知らなければ・・・。

どんな色を身につけると、生まれながらに持っている肌、目、髪が美しく見えるのか、
どのようなファッションをすれば、内面の良さを引き出すことができるのか・・・

ご存知ですか?







コメント
この記事をはてなブックマークに追加

自分のことは意外とわからないもの。

2008-05-14 16:54:51 | イメージコンサルティングのお話
気温が低い日が続いています。
ゴールデンウィークは夏日にもなったのですが、気温の変化が大きいですね。

さて、自分自身のパーソナルカラーやパーソナルデザインを知ると、
セルフプロデュースできるというお話を前にもしたことがあります。

本当に似合う色=パーソナルカラー
=生まれ持った肌・目・髪に調和する(引き立てる)色のグループ


なのですが、自分自身を客観的に見るのはとても難しく、
その上、鏡を通して、間接的にしか自分自身を見ることはできません。
ですから、本当に似合う色を自分で見分けることは非常に難しいことなのです。

似合う(と思っている色)は、例えば、

ショップの店員さんに「とてもお似合いですよ。」と言われた・・・
友達に「似合うね。」と褒められた・・・
両親や兄弟姉妹に「似合う」と言われた・・・
というように言われた経験がある色だと思いませんか。

自分で似合うと思っても、何となく確信がなく、
他人から「似合う」と言われると、「やっぱりこの色は似合うんだ。」と納得しますよね。


パーソナルデザイン=個性(内面の良さ)を引き出すファッションタイプ
ですが・・・

パーソナルデザインが、自分の好きなファッションではないこともあるかもしれません。
でも、他に、もっともっと似合うファッションがあるということです。

「〇〇さんのようになりたいから、同じファッションをしている。」という方もいらっしゃるでしょう。
でも、同じファッションを身につけて同じくらい魅力的ですか。
憧れの〇〇さんも素敵だと思いますが、あなたも同じくらい素敵な女性なのです。

すべての女性が、胸元の大きくあいたものや、華やかなフリルつきの花柄ブラウスを着れば、
大きなウェーブのロングヘアをすれば、
セクシーに見えたり、女らしくなるかというと・・・・違いますよね。

すべての女性が、胸の下から切り替えのあるふんわりしたチュニックが似合うかというと・・・
違いますよね。

あなたのパーソナルカラーは・・・・?
パーソナルデザインは・・・・?

一度、パーソナルカラーとパーソナルデザインを知ってしまえば、

最高にキレイに見せたい時、
ビジネスで自分をアピールしたい時も、
自分の印象を弱めて見せたい時、
目立ちたくない時・・・・

その時々で、パーソナルカラーとパーソナルデザインを使いこなし、
自分をプロデュースできるのです。


自分自身を知ればこそのワザです。











コメント
この記事をはてなブックマークに追加

パーソナルカラーはこんな風にも使えます~部屋のコーディネート~

2008-05-05 15:12:50 | イメージコンサルティングのお話
パーソナルカラーは4つに分かれています。

は、
イエローベースで
明度が高く、彩度が高い色の(多い)グループ
春の花壇の花の色、新緑等のような明るく若々しい色

は、
ブルーベースで
明度が高く、彩度が低い色の(多い)グループ
紫陽花のうすい花の色、パステルカラー等、優しい上品な色

は、
イエローベースで
明度が低く、彩度が低い色の(多い)グループ
秋の落ち葉の色、アースカラー等のシックな色

は、
ブルーベースで
明度は非常に高いものと、非常に低いものがあり、彩度は高い色の(多い)グループ
他の季節にはないモノトーン、シャープなイメージの色






パーソナルカラーは、洋服のコーディネートや
メイク用品の色選びだけに役立つものではありません。
部屋のカラーコーディネートにも使えるのです。

パーソナルカラーを使った部屋に居ると、お客様への印象が良くなります。
そして、パーソナルカラーの中の色同士を使えば、
とてもセンスのよいコーディネートができます。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

パーソナルカラーを仕事に生かそう!

2008-05-02 14:53:03 | イメージコンサルティングのお話
今日も気温が上がりそうですね。
明日からの連休も好天に恵まれそう♪

さて、カラーやデザインのお話をしていますが、
プライベートだけではなく、ビジネスにもいろいろと生かすことができるのです。
このブログをずっとご覧いただいている方はご存じだと思います(^-^)

パーソナルカラーを身につけると、

顔色が明るく健康的に、
髪色はきれいに、
目がきらきらと輝きます。
目力が出る
ということですよね。

元気
素敵
キレイ
生き生きしている
やる気に溢れている
この人になら仕事を任せて安心
感じがいい


そんな風に思われるはず。
そして、パーソナルカラーは、前日の仕事疲れや二日酔い(!?)もカバーしてくれますよ。


しかし、いつもいつも自分を素敵に見せていればいいか・・・・というと違いますよね。

例えば、先輩と一緒に得意先へ行く(先輩がメイン、あなたはサブ)の時、
プレゼンで先輩のサポートをする時、
お詫びに伺う時、
上司や先輩のお見舞いに行く時、
先輩を交えの合コン(!?)時・・・・・

上記は、自分は脇役に徹し、先輩を引き立てる、
心から謝っているということを相手に伝える、
相手の体を心から心配している・・・・という状況
です。

そんな時、自分を一番素敵に生き生きと見せてしまうパーソナルカラー
(&パーソナルデザイン)でキメたら・・・・・
逆効果になりますよね(*_*)

ビジネスでは、自分を素敵に見せてはいけない時もあります。

パーソナルカラー&パーソナルデザインを知っていれば、
こんな時も乗り切れますね。

Ecru Beige イメージコンサルタント 柬理 浩未
お問い合わせメールアドレス eb@optstyle.com

















コメント
この記事をはてなブックマークに追加