総合調査会社エコワークリサーチ&コンサルティング

多種多様な企業調査と弁護士事務所調査メニューの他、社では絶対に真似のできない「定額浮気調査」で確実に証拠を収集いたします

<広告>「例外」「条件」の注意書きに気付かず97%

2017-07-15 08:40:25 | 企業 法律
<広告>「例外」「条件」の注意書きに気付かず97%

♯名古屋探偵♯の独り言

この件に限らず媒体を見ている人を勝手に誘導したり、
都合のよい倫理観を洗脳したり、やりたい放題では無いか!
メディアに騙されている気がする・・・!

名古屋総合調査



企業が広告で商品の効果や安さを強調する際、例外や条件を示す注意書きが消費者が見落とすほど小さかったり内容を理解できなかったりする「打ち消し表示」が多い。消費者庁は14日、こうしたケースは景品表示法違反で処分の対象になる可能性が高いとの見解を公表し、企業側に表示の改善を求めていく方針を示した。実在の広告に近いサンプルで調べたところ、最大97.6%の消費者が注意書きを見落としていた。

 消費者庁は昨年10月~今年3月、新聞やテレビ、インターネットなど各媒体の広告約500点の打ち消し表示について、初めて調査した。動画広告では、打ち消し表示の表示が「2秒以下」のものが最も多く42.4%を占めた。ネット広告では、画面をスクロールしたり別ページを開いたりしないと打ち消し表示が出てこないケースが24.7%に上った。

 これらの分析を基に複数の広告サンプルを作成し、消費者が打ち消し表示をどのように認識するかを調べた結果、文字が小さい▽背景に紛れて目立たない▽表示時間が短い(動画広告)▽同じ画面にない(ネット広告)--などの理由で、動画広告で最大97.6%、ネット広告で最大94.2%の人が、打ち消し表示を見落とした。

 一方、商品の体験談を掲載した広告サンプルでは、「個人の感想です」といった打ち消し表示があってもなくても、「だいたいの人に効果がある」と認識する人の割合が大きく変わらなかった。このため消費者庁は「商品を使用しても効果のない人が多数いる場合、明確に打ち消し表示がされていても違反になる恐れがある」との判断を打ち出した。【曹美河】


債権回収調査 http://ecoworkresearch.wixsite.com/saikenkaishu
 
人気ブログランキングへ
有難うと言うわれる探偵社

line://ti/p/@fwz0689h
https://www.futei-furin-uwak.com/


<script src="https://d.line-scdn.net/r/web/social-plugin/js/thirdparty/loader.min.js" async="async" defer="defer"></script>

https://www.futei-furin-uwak.com/




ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 西川死刑囚の死刑執行 引き... | トップ | 特殊詐欺 被害防止を呼びかけ »

コメントを投稿

企業 法律」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。