総合調査会社エコワークリサーチ&コンサルティング

多種多様な企業調査と弁護士事務所調査メニューの他、社では絶対に真似のできない「定額浮気調査」で確実に証拠を収集いたします

東芝、400億円粉飾の疑い 監視委、検察に調査報告へ

2017-01-03 21:58:14 | 日記
東芝、400億円粉飾の疑い 監視委、検察に調査報告へ
♯探偵♯の独り言

桁外れの粉飾の疑いがあっても、古田佑紀氏の存在がある以上やはり、東芝は、逮捕起訴されないのか?これでは株主は哀れではないか?また、氏は、監査委員長であったようだが、一体なにを監査していたのか?それとも単なる天下りなのか?

裁判証拠収集 債権回収調査 料金固定型浮気調査 名古屋 総合調査エコワークリサーチ&コンサルティング

東芝の不正会計問題で、2014年3月期までの3年間で400億円規模にのぼる決算の粉飾をした疑いがあるとする調査結果を証券取引等監視委員会がまとめたことが関係者への取材でわかった。監視委は、歴代3社長が不正会計に関与した疑いが強いとみている模様だ。

 監視委はこれまでも刑事告発の意向を示したが、昨年7月に東京地検から「立件は困難」との意見を伝えられたため、歴代3社長ら関係者を任意で聴取するなどしてさらに調査を進めた。その結果は退任した佐渡賢一・前委員長の下でまとめられ、12月に就任した長谷川充弘委員長に引き継がれた。他の委員2人も交代したため、新体制で改めて精査した上で方針を決め、検察に調査内容を報告するとみられる。

 調査結果で問題視されているのは、佐々木則夫氏が社長だった12年3月期と13年3月期、田中久雄氏が社長だった14年3月期のパソコン部門の会計処理。関係者によると、利益が出ていないのに総額400億円規模で有価証券報告書に「増益」などと記載した金融商品取引法違反の疑いがあり、会長だった西田厚聡氏も含めて刑事責任を問うべきだとしている。
朝日新聞社裁判証拠収集 債権回収調査 料金固定型浮気調査 名古屋 総合調査エコワークリサーチ&コンサルティング">
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 桜散る離婚届、アニメ絵入り... | トップ | どこが違う?「経営者500人×... »

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。