総合調査会社エコワークリサーチ&コンサルティング

多種多様な企業調査と弁護士事務所調査メニューの他、社では絶対に真似のできない「定額浮気調査」で確実に証拠を収集いたします

弁護士会の転居先照会拒否、賠償責任は否定 最高裁

2016-10-19 06:09:18 | 日記
弁護士会の転居先照会拒否、賠償責任は否定 最高裁
探偵♯の独り言
23条照会を巡りこのような裁判が行われていた事は知らなった。しかし、今後、回答拒否が損害賠償に該当するのならば、ソフトバンク神話も消えるということになる・・
浮気調査 名古屋
探偵 興信所 名古屋
裁判に必要な住所照会の回答を拒んだ日本郵便に対し、愛知県弁護士会が損害賠償を求めた訴訟の上告審判決で、最高裁第3小法廷(木内道祥裁判長)は18日、「正当な理由がない限り回答すべきだが、拒否しても弁護士会への不法行為にはあたらない」として賠償責任を否定する初判断を示した。日本郵便に賠償を命じた二審・名古屋高裁判決を破棄した。
 そのうえで、今回の照会に対する回答義務が日本郵便にあるかどうかの審理は、名古屋高裁に差し戻した。
 一、二審判決によると、2011年、未公開株詐欺の被害者が和解金を払わない相手の財産を差し押さえるため、弁護士会を通じて日本郵便に転居先を照会した。守秘義務を理由に回答を拒まれ、弁護士会が損害賠償を求めて提訴した。
 一審・名古屋地裁判決は、守秘義務を負う日本郵便が回答を拒んだのはやむを得ないとして請求を棄却。二審は「回答の拒否は正当性がなく違法」と判断し、弁護士会が逆転勝訴していた。
 弁護士法に基づき、弁護士会は訴訟当事者の転居先などを企業や団体に照会することができる。愛知県弁護士会によると、日本郵便は転居先の照会に対して一律で回答を拒んでいる。

調査員増員0円尾行張り込み回数無制限!この調査で浮気調査が完結できます!
http://eco-workmobile.com/lp/
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「若者の貧困」に大人はあま... | トップ | 東芝歴代3社長の聴取開始 ... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。