総合調査会社エコワークリサーチ&コンサルティング

多種多様な企業調査と弁護士事務所調査メニューの他、社では絶対に真似のできない「定額浮気調査」で確実に証拠を収集いたします

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

盗難のゴッホ2作品、14年ぶり発見 イタリアのマフィア捜査で

2016-10-01 09:18:59 | 日記
盗難のゴッホ2作品、14年ぶり発見 イタリアのマフィア捜査で
探偵♯の独り言
2点がサザビーズやクリスティーズに出品されれば恐らく100億円は優に超えると思われる作品だが、名画好きのマッフィアが本当に放置していたのか?と、言うことは・・
浮気調査 名古屋
探偵 興信所 名古屋
【AFP=時事】オランダの首都アムステルダム(Amsterdam)で14年前に盗難被害に遭っていたビンセント・ファン・ゴッホ(Vincent Van Gogh)の名画2点が、イタリア・ナポリ(Naples)近郊にある麻薬組織リーダーの自宅から見つかった。イタリア当局とゴッホ美術館(Van Gogh Museum)が9月30日、発表した。

【写真6枚】公開された絵画2点

 ゴッホ美術館の声明によると、見つかったのは「スヘフェーニンゲンの海の眺め」(1882年)と「ヌエネンの教会から出る人々」(1884~85年)。額縁が外されており、一部に損傷がみられるものの、保存状態は概ね良好という。

 2作品は、マフィアの拠点として知られるナポリ近郊カステラマーレ・ディ・スタビア(Castellammare di Stabia)にある麻薬組織リーダー、ラファエル・インペリアーレ(Raffaele Imperiale)容疑者の自宅で行われた家宅捜索の結果、発見された。

 インペリアーレ容疑者は10年前にも同じ住宅で逮捕されていた。イタリア紙ラレプッブリカ(La Republica)(ナポリ版)によると、同容疑者はその後、所有する建設会社があるドバイ(Dubai)に渡航したとみられているが、今年になって新たな逮捕状が出されたという。

 ゴッホ美術館によると、2作品はイタリア当局による捜査の証拠品として扱われているため、アムステルダムへの返還のめどは今のところ立っていないという。【翻訳編集】 AFPBB News

調査員増員0円尾行張り込み回数無制限!この調査で浮気調査が完結できます!
http://eco-workmobile.com/lp/
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 木村元会長に37億円賠償命令... | トップ | 原発事業者の事故賠償に上限... »

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。