総合調査会社エコワークリサーチ&コンサルティング

多種多様な企業調査と弁護士事務所調査メニューの他、社では絶対に真似のできない「定額浮気調査」で確実に証拠を収集いたします

広島中央署盗難 金庫の鍵を保管の引き出し、鍵が壊される

2017-05-12 04:08:45 | 企業 法律
広島中央署盗難
金庫の鍵を保管の引き出し、鍵が壊される

♯探偵♯の独り言


多分犯人は分かるとは思うが、お金は回収できるのか?
既に使ってしまっていたら、金額が大きいので被害者弁済は難しいと思われる。
その場合、広島市の税金を使いで埋め戻すのか?

名古屋総合調査



債権回収調査 http://ecoworkresearch.wixsite.com/saikenkaishu
広島県警広島中央署の金庫に保管中の現金8572万円が盗まれた事件で、金庫の鍵を保管している会計課長の机の引き出しの鍵が壊されていたことが11日、分かった。金庫の鍵は引き出しの中にあったが、課員が金庫を調べて盗難が発覚した。県警は鍵の保管場所を知る人物が引き出しから鍵を取りだして金庫を解錠したとみて調べている。

 多額の現金の保管を知り、金庫の鍵を開閉できる人物は限られていることなどから、県警は内部犯行との見方を強めている。

 捜査関係者によると、現金は会計課の金庫に保管されており、金庫の鍵は通常、会計課長の机の鍵付きの引き出しに入っている。今月8日午後8時ごろ、会計課長が引き出しの鍵が壊れているのを不審に思い、施錠されていた金庫を開け、現金がないのに気付いた。

 現金は県警が2月に多額の生前贈与をもちかけて現金をだましとったとして検挙した詐欺事件で押収した被害金。県警は東京都内数カ所の家宅捜索で現金計約9000万円を押収し、捜索場所ごとに被害金を封筒や袋に分けて金庫に入れていた。別の封筒などに入った数百万円は残っていたという。現金封筒が複数回にわたって持ち出された可能性もある。

 警察庁の坂口正芳長官は11日の定例記者会見で、「警察施設内でこのような盗難事件が発生したことは誠に遺憾。捜査を尽くし、全容解明に努めたい」と話した。

 一方、被害金を押収した詐欺事件にからみ、鳥取県の男性(78)から約119万円をだまし取ったとして、同署などは11日、神奈川県藤沢市の無職、中山照寿被告(59)ら2人を詐欺容疑で逮捕した。

人気ブログランキングへ
有難うと言うわれる探偵社

line://ti/p/@fwz0689h
https://www.futei-furin-uwak.com/


<script src="https://d.line-scdn.net/r/web/social-plugin/js/thirdparty/loader.min.js" async="async" defer="defer"></script>

https://www.futei-furin-uwak.com/

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« <厚労省>書類送検“ブラック... | トップ | ガリクソン容疑者逮捕、解雇... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。