ECOさんが帰る場所

(有)ビオプラス西條デザインのエコハウス♪
住宅誌『住まいネット北海道』内の連載のつづきです。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

WEBでもECOさん!② 宇山ファミリー

2010-09-24 | 日記
●WEB版 ECOさんが帰る場所② 
◆住むと元気になれる家


今回のECOさん宅は、こちら。
外観からは思いも寄らないデザインが内側に広がる、
とっても個性的なつくりの二世帯住宅です。



玄関を開けると、こんな空間が。
無垢材と土壁がいい気持ち。家の中、というより、
大木の幹の内側にやってきたみたいな匂いと空気を感じます。

「おじゃましま~す」と言いながら、思わずちょっと深呼吸。
靴を脱いだ足ウラに、無垢材の温もり
い~気持ちです。



宇山さん宅は、なんと6層構造
こんな5~6段の短い階段で、以下のフロアがつながっています。

・1層目…駐車場、玄関、物置
・2層目…おばあちゃんの部屋(9畳)
・3層目…ダンナさまの書斎(6畳)、納戸、脱衣所、バス&トイレ、物置
・4層目…居間、シャワールーム&洗面&トイレ
・5層目…和室(兼寝室6畳)、子ども部屋(9畳)
・6層目…ロフト(兼仕事部屋8畳)

最近の建物は段差離れが一般的ですが、
変化に富んだこんな間取りも、
日常で何気なく筋力が鍛えられる
楽しいヘルシーデザインかもしれません。



こちらが、メインのリビングルーム。

左から、宇山由香さん(この家のママ)、長女の乃愛(のあ)ちゃん、
長男の大河くん、清水桂子さん(由香さんのお母さん)。

後姿の男性は、残念ながらパパにはあらず(笑)。
(有)ビオプラス西條デザインの、西條正幸社長です。



「西條さんや、山田さん(ビオプラス西條デザインの建築士)には、  
 自然建材の知識から住まい方まで、いろんなことを教えていただきました。
 
 私たちの希望に基づく設計プランも、たくさんご提案いただいて、  
 ワガママもいっぱい叶えてもらって……  
 おかげさまで、本当に楽しい家作りでした。  

 今もイロイロ相談に乗ってもらってるんですよ。  
 子どもが大きくなってきたので子ども部屋にロフトを作りたいのですが、  
 どうすれば快適で効率的か、智恵を授けてもらったりね」  

と、由香さん。



今はツルピカ美肌で元気イッパイの由香さんと大河くんですが、
この家を建てる5年前は、アトピーや化学物質過敏症で、
かなりヒドイ状態だったとのこと。

「大河は赤ちゃんの時  人相がわからないほど重度のアトピーだったんです。    
 それで検査のため病院へ行ったら、私の顔を見た医師が慌てて  
 『まずお母さんが検査してください!』って言うんです。  

 検査の結果、
 ガンになってもおかしくないほど重度の化学物質過敏症と診断され、  
 『普通に生活できてるんですか?』って医師に驚かれて。  

 子どもの頃から具合が悪いのが普通だったので慣れっこになっていたけれど、  
 出産後はなおさら体力も落ち倒れてばかりだったので、  
 私はやっぱり普通の状態じゃないんだ!と自覚して、  
 もうこれは腹を据えて根本的に取り組むしかないな、  
 と、このときやっと決意したんです」。



それまでのアトピーライフで、
化学薬剤の限界と副作用の恐ろしさに気づいていた由香さんは、
だんな様の理解のもと、暮らしの基本である「家づくり」から取り組むことに。

いちばん重要な基本は、毎瞬呼吸している空気。  
 いろいろやってみた結果、
 食べものを変えても、住環境が改善されなければ  
 根本解決にはならないと気づいたんです。  

 でも、西條さんに出逢うまでは大変でした。  
 知識も情報もなく一般住宅のモデルハウス回りから始めたのですが、  
 化学物質臭がひどくて具合が悪くなるし、過敏症についての理解もないし、  
 『夏に建てて時間をおけば化学物質は飛んで行きます』  
 なんてテキトーなことばかり言われて絶望の連続でした。  

 だから西條さんのモデルハウスに入った時は感激でしたね!  
 呼吸もラクで、とにかく気持ちよくて、ここに頼むしかない!って。  
 出逢えて本当によかったです」



「建てて5年ですが、この家の全部が大好き!  
 無垢材は生きているから、湿度の高い季節は膨張して、  
 作り付けの家具の扉が閉まらなくなったりするし、  
 乾燥してる時期はフローリングの間にスキマができたりするけれど、
 
 そんなこんなも全部が愛しい。家も生きてるんだな~って。    
 おかげさまで今は子ども達ともども、元気いっぱいです」。



こちらは居間上にある、秘密の小部屋のようなロフト。

ご自身の病気の経験をステップに、
今や心身を健やかに保つためもカウンセリングやヒーリングを
お仕事にしている、由香さんのお仕事部屋(ヒーリングルーム)です。

もともと仕事場にするつもりで建てた家ではなかったものの、
お客さんたちにも「気持ちいい~!」と評判だそう。

森林エネルギーいっぱい
こんなシークレット空間でアロママッサージを受けたら、
カラダもココロも、それはそれは元気倍増することでしょう!



このベランダは、子ども達イチバンのお気に入り。
夏は大河くんと乃愛(のあ)ちゃん二人で
ここにふとんを引いて寝たりもするんですって(笑)。



こちらは玄関から一番近いフロアにある、おばあちゃんのお部屋。

二世帯住宅と言っても、玄関は共通。
けれどフロアが違うから、お互いのプライバシーは保ちつつ、
数段の階段移動だけで行き来できる、安心構造です。

おや? よく見ると食卓テーブルに子ども用のイスが。
そうか~ ママがおうちでお仕事しているから、

このお部屋で、子ども達とおばあちゃんがお食事することも多いんですね~。

お部屋からウラ庭菜園にすぐ出れる設計で、
もぎたて無農薬野菜の調理は、おばあちゃんのお楽しみ。

ナルホドこれは、家族みんなに嬉しいデザインですね!



こちらは、海外出張も多いダンナ様がお気に入りの和室。

窓の内側に付いたカーテン代わりのふすまを閉めれば、室内は真っ暗。
スヤスヤ快眠できて、時差ボケも解消!というワケですね(笑)。



天然木無垢材の、床、天井、壁面、家具…。
お友達総動員で楽しく塗った、ホタテ入り漆喰壁。

自然パワーあふれる素材でできた空間で暮らし、
たった5年で生まれ変わるように元気になった
由香さんと大河くんの体験談は、

自然治癒力を高めるにはどうすべきか、
人間にとって何がいちばん大切なのか、


を、あらためて教えてくれる、
示唆に富んだ実例のように思います。



西條さんの調べによると、「1日に吸う空気は、約20kg」とのこと。

“成人が1回の呼吸で吸う空気量は約0.5ℓ。  
 1分間に20回呼吸すると、1日約15000ℓ=20㎏となり、  
 飲食物と比べると、約8:2の割合で空気が多い
 計算になる”

というデータがあるそうなのです。

食物だけでなく、室内の空気もオーガニックが一番。
心に留めて、日々暮らしたいものですね。



◆取材:2010年8月 
◆photographer:蘒野孝行(GINO PHOTO WORKS)
◆writer:はらみづほ(旅するはらっぱ)

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« WEBでもECOさん!① 五十嵐フ... | トップ | WEBでもECOさん!③ 阿部さん... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む