カンボジア経済

カンボジアの経済について、お堅い数字の話から、グルメ情報といったやわらかい話まで、ビジネス関係の方にお役に立つブログです

山の上の王都 ウドン 再訪

2016年12月11日 | 社会・風土
 ウドンは、1618年から1866年までカンボジアの王都でした。小高い山の頂上に、今もたくさんの仏塔が立っています。8年ぶりに再訪しました。ちなみに、讃岐うどん等の「うどん」という名称は、その昔この王都から日本に持ち帰られた麺があり、この王都の名「ウドン」から転じたものという説もあります。
 国道5号線でプノンペンの北へ車で約1時間のところです。屋台やレストランに囲まれた駐車場から急な階段を登ります。結構きついです。苦労して上まで登ると素晴らしい景色が広がっています。雨期が終わった時期だったので、きれいな緑の景色が楽しめました。山上には、真新しいものから苔むした古いものまで、仏塔と仏像が尾根道沿いに並んでいます。クメールルージュに破壊されたと言う大仏様は、8年前は屋根もなく寂しいお姿でしたが、今はすっかり修復されて、お参りする方が後を絶ちません。
 ふもとのローカルレストランや屋台で、ちょっと食事をするのも楽しめます。良い運動にもなりますので、プノンペン郊外の軽い観光コースとしてお勧めです。

ブログ「カンボジア経済」2008年2月21日「山の上の王都 ウドン」
http://blog.goo.ne.jp/economistphnompenh/e/76ef260c152ad08fb598719af86a31b2

急な階段を登ります。


山頂のパゴダからは素晴らしい景色が望めます。


大仏様もしっかり修復されていました。


尾根道沿いにたくさんの仏塔が並びます。



↓にほんブログ村のランキングに参加しています。よろしければクリックしてください↓
にほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へにほんブログ村




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ラタナキリ州の州都バンルンのカフェバー アリー

2016年12月10日 | 社会・風土
 ラタナキリ州の州都バンルンにあるカフェバー「アリー」です。尾根沿いにあって、谷を望んでいるので、いい景色と夕日が楽しめます。木のぬくもりが感じられるインテリアで、景色が楽しめるようなオープンな造りです。メニューはインターナショナルです。黒板に書いてあるスペシャルメニューがお勧めだそうです。夕方に行って、夕日を眺めながら一杯やるには最適です。オーナーは西洋系の方なので、お客さんも西洋系の方が多いようです。ラタナキリをご訪問の際は、ぜひお試しください。

Café Alee
https://www.facebook.com/pages/Cafe-Alee-Banlung/354758448020580

谷に面したカウンターからは素晴らしい眺望と夕日が楽しめます。ビールが美味しいです。



↓にほんブログ村のランキングに参加しています。よろしければクリックしてください↓
にほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へ
にほんブログ村

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

日米英の商工会 交流会を開催

2016年12月09日 | 経済
 12月6日、カンボジア日本人商工会、米国商工会(AMCHAM)、英国商工会(BRITCHAM)の共催で、共同ネットワーキング会合が、プノンペンのインターコンチネンタルホテルで、初めて開催されました。会合には、堀之内秀久日本大使、ウィリアム・ヘイト米国大使、カシェル・グリーソン英国公使も参加しました。
 3カ国の商工会の交流を深めることで、各国の企業が抱える問題に対してカンボジア政府への政策提言などで影響力を高めていく効果もあるものと期待されます。カンボジア日本人商工会の有井淳会長は、「安定した開発や社会正義の維持、環境保護に向けた各国企業の連携が必要だ」と話しました。

カンボジア日本人商工会のサイト
http://www.jbac.info/


↓にほんブログ村のランキングに参加しています。よろしければクリックしてください↓
にほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へ
にほんブログ村

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

リサイクルショップのハードオフ プノンペンに出店

2016年12月08日 | 経済
 11月30日、日本でリサイクルショップを運営するハードオフコーポレーションは、カンボジアに古着や雑貨などを取り扱う中古品販売店「モッタイナイワールド エコタウン ノースブリッジ店」を12月9日に開店すると発表しました。ハードオフは、ブックオフとは友好企業として発展してきたこともあり、ロゴマークや店内環境(照明やデザイン等)も共通のものとなっています。
 カンボジア店は、フランチャイズ加盟店であるありがとうサービスのカンボジア子会社が運営するとのことです。売り場面積は約560平方メートルで、日本では家電中古品の「ハードオフ」、古着などの「オフハウス」、玩具などの「ホビーオフ」が取り扱っている商品を販売する計画です。商品は、日本から輸出するとしています。
 カンボジアでは、日本等からの中古品を販売するリサイクルショップが数を増やしており、好調です。日本からの進出というと、製造業を思い浮かべてしまいますが、こうしたサービス業の進出も今後増加していくものと期待されます。

ハードオフの新聞発表
http://www.hardoff.co.jp/news/n379/


↓にほんブログ村のランキングに参加しています。よろしければクリックしてください↓
にほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へ
にほんブログ村

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

日本の支援でプノンペン都にバスを供与

2016年12月07日 | 経済
 11月30日、国際協力機構(JICA)は、カンボジア政府との間で「プノンペン公共バス交通改善計画」を対象として、13億9600万円を限度とする無償資金協力の贈与契約を締結したと発表しました。
 プノンペンでは、近年の経済発展や急激な都市化の進行を背景に登録車両台数が増加し続けており、その結果、交通渋滞や都市環境の悪化が深刻化しつつあります。今後も引き続き人口増加が予測され、2035年には2013年の1.7倍の約287万人まで達する見込みです。プノンペン都は2014年9月にバス公社を設立して公共路線バスを運営していますが、利用料金は安価に設定されていて収入が限られていることから、中古のバス(写真上)を何とか走らせている状況です。また、プノンペン都は今後、渋滞解消に貢献する安全で利便性の高い公共路線バス網の整備のため、2020年までに10路線の整備を目指しています。このため、今回の事業では、新車のバス140台を数年かけて順次供与するとともに、維持管理用の設備、停留所の設備等も供与する予定です。更に、運賃制度の見直しや車両点検整備能力の改善等、バス公社の運営維持管理体制の強化を行う技術協力を組み合わせて実施し、同国のバス事業環境整備を包括的に支援していくとしています。
 公共交通機関の整備や信号システムの整備は、渋滞解消や交通弱者の支援に大きな効果があるものと見られますが、ハードだけでなくソフト面での支援を組み合わせて、総合的な対策を行ない、十分な効果が得られるような工夫が期待されます。

JICAの新聞発表
https://www.jica.go.jp/press/2016/20161130_01.html


↓にほんブログ村のランキングに参加しています。よろしければクリックしてください↓
にほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へ
にほんブログ村

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2016年10月の物価上昇率

2016年12月06日 | 経済
 国家統計庁から発表された2016年10月の物価上昇率(対前年同月比)は、3.4%の上昇となりました。物価上昇率は、2012年以降、安定的に推移しています。細かくみると、2013年後半から若干の上昇が続いた後、2014年後半から下降し、2015年終盤から若干の上昇に転じています(2011年9月6.7%、10月5.2%、11月5.7%、12月4.9%、2012年1月5.8%、2月5.4%、3月5.4%、4月4.8%、5月2.2%、6月1.8%、7月1.3%、8月2.2%、9月1.4%、10月1.2%、11月1.4%、12月2.5%、2013年1月1.8%、2月1.7%、3月1.0%、4月1.0%、5月2.8%、6月2.9%、7月4.1%、8月3.4%、9月3.9%、10月4.2%、11月4.1%、12月4.7%、2014年1月4.5%、2月4.3%、3月5.0%、4月4.9%、5月4.6%、6月4.9%、7月4.3%、8月4.1%、9月3.6%、10月2.9%、11月2.4%、12月1.1%、2015年1月0.4%、2月1.6%、3月1.1%、4月1.2%、5月1.0%、6月0.7%、7月0.8%、8月1.0%、9月0.9%、10月1.3%、11月1.9%、12月2.8%、2016年1月3.1%、2月2.3%、3月2.0%、4月2.8%、5月3.2%、6月3.3%、7月3.0%、8月3.0%、9月2.9%)。なお、9月と比べると10月は0.4%の上昇でした。
 ガソリン価格は、政府による価格メカニズム導入の効果もあって細かく動いており、9月の3400リエル/リットルから、10月は3466リエル/リットルに上昇しました。ディーゼルも、9月の3234リエル/リットから、10月は3271リエル/リットルとなりました。最近、40~50ドル近くで推移していた国際石油価格(ニューヨーク市場のWTI)も値上がり傾向に転じており、OPECの減産合意もあって50ドルを超えてきています。カンボジアのガソリン価格も、この国際価格の動きを受けて、今後は若干の上昇に転じるものと見られます。
 国際機関は、カンボジアの物価上昇率を引き続き安定的と見ています。2016年の物価上昇率について、アジア開発銀行は2.8%、世界銀行は3.2%、国際通貨基金(IMF)は3.1%と予測しています。
(写真は、カンボジアではよく見かける移動式の雑貨屋さん。ストゥントレン市内にて。本文とは直接関係ありません。)

↓にほんブログ村のランキングに参加しています。よろしければクリックしてください↓
にほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へ
にほんブログ村
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

メルマガ「週刊カンボジア経済ニュース」今週号は本日発行です

2016年12月05日 | 一般
 ブログ「カンボジア経済」は、毎日更新して、カンボジア経済情報をデイリーにお伝えしています。これらの情報をまとめて週刊でメルマガ「週刊カンボジア経済ニュース」を発行しています。毎週月曜日に発行しています。「無料」です。
 配信御希望の方は、下記のアドレス、または右側のブックマークから、まぐまぐのページで皆様のメールアドレスのご登録をお願いします。

 メールマガジン「週刊カンボジア経済ニュース」
http://archive.mag2.com/0001154670/index.html


↓日本ブログ村のランキングに参加しています。ぜひクリックしてください↓
にほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へ
にほんブログ村


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

日本の支援でカンボジア国立母子保健センターの拡張工事が完工

2016年12月05日 | 経済
 11月28日、日本の支援によるカンボジア国立母子保健センターの拡張工事の完成式典が開催されました。同式典には、ビン・チン副首相、マン・ブンヘン保健省大臣、堀之内秀久大使他、関係者多数が出席しました。
 カンボジアでは、1970年代からの内戦の影響で、医療従事者数が激減した他、機材や施設が破壊され、保健システム全体が大きな打撃を受けました。 内戦終結後、海外からの支援もあって、妊産婦死亡率は大きく改善しましたが、周辺国と比較すると依然高い死亡率に留まっています。日本は、1997年に国立母子保健センターを建設するとともに、国際医療センター等の先生方や看護師の皆さんのご尽力を得て病院の管理・運営能力、研修活動、診断・治療水準等の向上を支援してきました。その結果、同センターは、3つの機能(行政・臨床・研修)を担うカンボジア最大の産婦人科病院となっています。今回の拡張では、研修棟の新設、既存施設の改修及び医療機材の整備を行い、研修機能の強化・拡充及び産科ケア体制の整備を図ると同時に、「分娩時及び新生児期を中心とした母子継続ケア改善プロジェクト」を通じて、同センターの産婦人科・新生児科のトップレファラル病院としての機能強化に寄与することを目的としています。今後、新研修棟では年間約650人の卒前研修、2,050人の卒後(現任)研修を実施する予定です。また、新生児治療室(NCU)、集中治療室(ICU)及び回復室を増床したことにより、年間約1400件のハイリスクケースに対処可能となり、妊産婦死亡率のさらなる低減にもつながることが期待されます。
(写真はJICA提供)


↓にほんブログ村のランキングに参加しています。よろしければクリックしてください↓
にほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へ
にほんブログ村
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ラタナキリ州の州都バンルンのレストラン プテアバーイクメール

2016年12月04日 | 社会・風土
 ラタナキリ州の州都バンルンにあるボンカンサン湖の湖畔に立つ景色の良いレストラン「プテアバーイクメール」です。小さいながら良い雰囲気の湖の湖畔のちょっと高台にあるので、ゆったりと景色を眺めながら、湖畔の涼しい風に吹かれるのは、なかなか良い感じです。インテリアはごく普通のクメール料理店です。メニューは、クメール料理がいろいろと揃っていて、バンルンでは一押しと言われているだけに、なかなか良い味を出しています。値段もリーズナブルです。お客さんは、地元の方と西洋系の方が多いようでした。ラタナキリをご訪問の際は、ぜひお試しください。

Pteas Bay Khmer
https://www.facebook.com/PteasBayKhmer/

写真が真っ暗で恐縮ですが、目の前はきれいな湖です。


↓にほんブログ村のランキングに参加しています。よろしければクリックしてください↓
にほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へ
にほんブログ村

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

高原の町 ラタナキリ州の州都バンルン

2016年12月03日 | 経済
 ラタナキリ州は、カンボジア東北部にあり、ベトナムとラオスと国境を接しています。高原地帯にあり、なだらかな丘陵が続いています。以前は未舗装路の悪路でしかたどり着けなかったのですが、道路状況が改善したので、楽に行けるようになりました。とはいっても、プノンペンから車で10時間ほどかかります。
 州都のバンルンは高原の町です。町中ですがボンカンサン湖の周りは、ゆったりとしたリゾート気分があります(写真上)。観光地としてお勧めなのでは、まずは上空から見ると本当に真ん丸の火山湖「ヤクロム湖」です。カンボジアとしては珍しく、水の透明度も高く、きれいです。子供たちは泳いだり、飛び込んだりしていますが、火山湖のため岸から急速に深くなるのでお気を付けください。この他、山岳少数民族の村々も興味深いのですが、様々な慣習もありますので、現地のガイドの方と同行されることをお勧めします。
 周辺部は、農業開発が進み、カシューナッツやゴム、キャッサバ、胡椒等が生産されています。お土産として有名なのは宝石で、「ラタナ・ブルー」が一番人気です。ちなみに州名の「ラタナ」は宝石、「キリ」は山という意味だそうです。

火山湖のヤクロム湖


ヤクロム湖畔にある少数民族の家の展示。


今回も宿泊したホテル・テラ・ルージュ。リゾート感あふれるホテルです。



ラタナキリについては、このブログの2009年4月の「ラタナキリへの道(その1~6)」もぜひご覧ください。
「ラタナキリへの道」
その1 国道7号線
http://blog.goo.ne.jp/economistphnompenh/e/fcecf5a18c9b231b57911fb94561aafb

その2 国道78号線
http://blog.goo.ne.jp/economistphnompenh/e/79f1513f1ecf6023f149facc88f6d894

その3 カシューナッツ経済
http://blog.goo.ne.jp/economistphnompenh/e/228dd400f9dbb0fb062545bcc921cc63

その4 火山湖「Yeak Laom Lake」
http://blog.goo.ne.jp/economistphnompenh/e/afef3f8066a9013c3973c26225875a28

その5 素敵なホテル
http://blog.goo.ne.jp/economistphnompenh/e/af94f6ebe0e223b5af7d49d6ec388d94

その6 ラタナキリの特産品
http://blog.goo.ne.jp/economistphnompenh/e/8ef6f6ae8669336ed3fa15f09d9fb39d



↓にほんブログ村のランキングに参加しています。よろしければクリックしてください↓
にほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へ
にほんブログ村




コメント
この記事をはてなブックマークに追加