カンボジア経済

カンボジアの経済について、お堅い数字の話から、グルメ情報といったやわらかい話まで、ビジネス関係の方にお役に立つブログです

実現しなかったカンボジア経済協力計画

2017年02月28日 | 経済
 アジア経済研究所の初鹿野直美先生が書かれた「実現しなかった日本・カンボジア経済協力計画―日本の開発援助黎明期の興奮と頓挫」が、アジ研ワールド・トレンド2017年2月号に掲載されました。
 1955年、サンフランシスコ平和条約締結後、独立間もないカンボジアは日本への戦後賠償請求権放棄を宣言しました。これに日本の世論は「感動」し、1955年12月、日本・カンボジア友好条約締結時に、衆議院はカンボジアへの感謝決議をしています。それにあわせて、カンボジアを支援するための経済協力計画が持ち上がりました。その内容は、プノンペンから120キロほど南に位置するキリロム高原に 都市建設を支援しようという計画と、日本からカンボジアに毎年1万人ずつ合計5万人の農業移民を送り出そうという壮大なものでした。
 この壮大な計画は、様々な要因があり、実現されることはありませんでした。そのかわりに、コロンボ計画に基づく農業開発センターや病院などの建設や専門家派遣など、より現実的な規模の援助プロジェクトが実施され、日本の対外援助の黎明期の一端を飾ることとなったとのことです。
 現在、日本の方々により建設の進むキリロムリゾート(写真上)に、こんな歴史があったことを教えてくれる研究結果です。ぜひご一読ください。

アジ研ワールド・トレンド2017年2月号
http://d-arch.ide.go.jp/idedp/ZWT/ZWT201702_028.pdf

ブログ「カンボジア経済」2015年7月11日「キリロムリゾート グランドオープン式典」
http://blog.goo.ne.jp/economistphnompenh/e/ed590dae905c3cf3b7e8a52587a2c5f9



↓にほんブログ村のランキングに参加しています。よろしければクリックしてください↓
にほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へ
にほんブログ村

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

メルマガ「週刊カンボジア経済ニュース」今週号は本日発行です

2017年02月27日 | 一般
 ブログ「カンボジア経済」は、毎日更新して、カンボジア経済情報をデイリーにお伝えしています。これらの情報をまとめて週刊でメルマガ「週刊カンボジア経済ニュース」を発行しています。毎週月曜日に発行しています。「無料」です。
 配信御希望の方は、下記のアドレス、または右側のブックマークから、まぐまぐのページで皆様のメールアドレスのご登録をお願いします。

 メールマガジン「週刊カンボジア経済ニュース」
http://archive.mag2.com/0001154670/index.html


↓日本ブログ村のランキングに参加しています。ぜひクリックしてください↓
にほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へ
にほんブログ村

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

在カンボジア日本国大使館 安全の手引き2017年版

2017年02月27日 | 経済
 2月3日、在カンボジア日本国大使館は、「安全の手引き」を改訂(2017年版)し,大使館ホームページに掲載したと発表しました。この手引きは、カンボジアでの生活をより安全に過ごしてもらうために必要な防犯対策及び緊急事態発生時等の行動についてまとめたものです。
 手引きでは、「カンボジアは、治安も以前と比較すると改善されています。しかし、選挙が近くなるにつれて、与野党間の緊張が高まり、双方の支持者間での混乱、デモ等が発生する可能性があります。さらに、依然として銃器が氾濫している状況に変わりはなく、プノンペン市内を中心として、住居への押し込み強盗や、バイクによる歩行者を狙った路上強盗が頻発しており、在留邦人や日本人旅行者も、スリやひったくりに加え、住居やホテル侵入窃盗事案、観光エリアでの詐欺事件、アンコールワット遺跡群観光中の転落事故等、多岐に亘って犯罪や事故に巻き込まれています。」としています。
 大使館では、「海外においては、「自分の身は自分で守る」の心構えで常に警戒心を持ち、万が一の場合に備えて普段から周到に準備しておくことが重要です。また、不幸にして犯罪や非常事態に遭遇してしまったら、努めて冷静に対応し、被害を最小限に食い止めるようにすることも必要です。」と注意を呼び掛けています。

在カンボジア日本国大使館のサイト
http://www.kh.emb-japan.go.jp/security/anzen-no-tebiki2017.pdf



↓にほんブログ村のランキングに参加しています。よろしければクリックしてください↓
にほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へにほんブログ村

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

シアヌークビルのスシバー 心

2017年02月26日 | 生活環境
 シアヌークルのスシバー心(SHIN)です。シアヌークビルのシンボルであるゴールデンライオン像のすぐそばにあります。店内は、カウンターとテーブル席で、テラス席もあります。メニューは、お寿司中心に、おつまみ類も揃っています。ランチは、様々なセットやお弁当もあります。寿司のセット(18ドル)を頼みましたが、美味しくいただけました。日本の若い方もいて、日本語でも安心です。ゴールデンライオンからビーチに向かうメインの通り沿いなので、お客さんは西洋系の方も多いようです。シアヌークビルに行かれた際は、ぜひお試しください。

SUSHI BAR SHIN
Serendepity Beach Road, Sihanoukville
https://www.facebook.com/sushibar.shin/?fref=ts

お寿司のセット。美味しかったです。



↓にほんブログ村のランキングに参加しています。よろしければクリックしてください↓
にほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へ
にほんブログ村

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

シアヌークビル ビーチサイドの和食店 ONAMI

2017年02月25日 | 生活環境
 シアヌークビルのビーチサイドにある和食店ONAMIです。場所は、ビクトリービーチで、有名店のチュネメアスの並びとなります。お店は、本当に砂浜に接しており、隣はホテルのプールで、開放感あふれた場所です。メニューは、お刺身や寿司を中心として、おつまみ類もいろいろあります。今回は、刺身の盛り合わせ(25ドル)他、いろいろ頼んでみました。日本人の板前さんとホールスタッフが、美味しい料理と笑顔で、おもてなししてくださいました。海を見ながら、一杯やるのにも最適です。お試しください。

ONAMI
Queenco Casino, Victory Beach, Sihanoukville
http://www.onami-cambodia.com/index.php/en/

お刺身の盛り合わせ。プレゼンテーションもさすがです。


↓にほんブログ村のランキングに参加しています。よろしければクリックしてください↓
にほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へ
にほんブログ村







↓にほんブログ村のランキングに参加しています。よろしければクリックしてください↓
にほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へにほんブログ村




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

カンボジア南部のインフラ 拡充進む その5 プノンペン港と環状道路

2017年02月24日 | 経済
 プノンペンの南東約30キロのところに、プノンペン港コンテナターミナルがあります(写真上)。このプノンペン港からメコン河を下ってベトナムのホーチミン港やカイメップ・チーバイ港に運び、そこで大型コンテナ船に積み替えて、日本や北米に輸出するルートは活況を示しています、現在の取扱能力は、15万TEU/年ですが、2016年実績で既に15万TEUを若干上回ってきています。このため、とりあえずコンテナヤードを拡張することとしており、更に、将来的にはバースも増設する予定です。
 プノンペン港には、現在のところ国道1号線で向かうこととなります。しかし、プノンペンの西側の工場からですと、プノンペン市内を横断する必要があります。このため、プノンペンの街の南側を迂回する環状道路の整備が必要となっています。今回、プノンペン港~国道1号線~114通り~タクマウ橋~タクマウ市内~国道2号線~104通り~国道3号線~PPSEZ南側までを走ってみました。114通りとタクマウ橋は中国の支援により整備が完成しています。104通りは、痛みが激しかったのですが、現在本格的補修中でした。また、国道3号線とPPSEZを結ぶ道路もひどい状況でしたが、こちらはコンクリート舗装工事が実施中でした。とりあえずの環状道路ですが、整備と補修により、プノンペン市内を迂回する重要な役割を果たすことが期待されます。なお、このルートの更に外側に環状道路3号線を建設する計画であり、国道4号線から国道1号線までを結ぶ重要ルートになり、更にメコン河を渡って対岸まで繋げる構想となっています。

国道1号線と国道2号線を結ぶ114通り。コンテナを積んだトラックが多数走っています。



↓にほんブログ村のランキングに参加しています。よろしければクリックしてください↓
にほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へ
にほんブログ村





コメント
この記事をはてなブックマークに追加

カンボジア南部のインフラ 拡充進む その4 電力セクター

2017年02月23日 | 経済
 シアヌークビル港の北約20キロのところにあるスタンハウに発電団地が形成されつつあります。CIIDG(Cambodia International Investment Development Group)の石炭火力発電所では、増設工事を行っていた3号機(135MW)がテスト段階に入っており、3月末までには運転を開始する予定です(写真上)。同発電所は、これまで135MWの発電機2基、合計270MWでしたが、3号機の増設により、設備容量は405MWとなります。また、今後の増設(270MW)により、675MW程度まで設備容量を拡大する予定としています。CIIDGの発電所の隣には、マレーシア系のCELの石炭火力発電所(100MW)もあり、こちらも135MWの増設を計画中です。
 スタンハウで発電された電力は、現在のところ日本の円借款等により建設された230KV送電線でタケオ経由プノンペンに送電されていますが、今後の発電機増設に備えて、国道4号線沿いでも送電線の建設計画が進められています。

日本の支援で完成した230KV送電線。スタンハウの石炭火力発電所で発電した電力をプノンペンに送る重要な基幹送電線となっています。



↓にほんブログ村のランキングに参加しています。よろしければクリックしてください↓
にほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へにほんブログ村

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

カンボジア南部のインフラ 拡充進む その3 シアヌークビル 港湾とSEZと観光

2017年02月22日 | 経済
 カンボジア南部の港湾都市シアヌークビルは、開発が進んでいます。シアヌークビル港は、これまでも日本の支援でコンテナターミナル等を完成させてきました。現在は、多目的ターミナルの建設が佳境に入っています。また、既存のコンテナターミナルは、当初の取扱能力が50万TEU/年でしたが、2016年実績で既に約40万TEUとなっており、インフラ不足が心配されていました。このため、シアヌークビル港湾公社では、今年、岸壁用ガントリークレーンをこれまでの2基から4基に倍増させ、ヤード用ガントリークレーンも5基追加して、70万TEU/年までは対応できる体制を構築しています(写真上)。更に、日本政府の支援により、新コンテナターミナルの建設の計画作りが進められており、円借款等を活用した早期の実施が期待されるところです。
 シアヌークビルには、港に隣接したシアヌークビル港経済特区と港から約18キロ離れた中国系のSSEZがあります。今回、SSEZを訪問したところ、入居者数は100社を超えてきており、労働者数も1万6000名程度になっているとのことでした。また、これまで、環境配慮が不十分の指摘もあったところ、ようやく排水処理場の建設を始めたとのことでした。
 シアヌークビルは観光地としても脚光を浴びつつあり、ホテルの建設等も進んでいます。また、カジノを併設するところもあり、これまでの西洋系だけでなく中国系の観光客誘致にも力を入れています。

中国系のSSEZ。入居数は増えていますが、日系企業は現在はゼロとなっています。



↓にほんブログ村のランキングに参加しています。よろしければクリックしてください↓
にほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へ
にほんブログ村


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

カンボジア南部のインフラ 拡充進む その2 国道3号線と国道41号線

2017年02月21日 | 経済
 タケオからカンポット、国道4号線までは、国道3号線を走ります。韓国が整備したこの区間は、完成後すぐに穴だらけになり大変な状況でしたが、その後の地道な補修により、現在は大きな問題なく走行可能です。国道4号線に比べると、交通量も少なく、快適な走行が楽しめました。
 更に、国道3号線のカンポットの北約20キロの地点から、国道4号線の31キロ地点(オールドコース・ゴルフ場のすぐ近く)を結ぶ国道41号線の整備が、中国の支援により、完成していました。国道3号線とほぼ平行に南北に走る国道41号線は、完成から年月を経ておらず、交通量も格段に少ないことから、路面状態は良好です。国道3号線のバイパスとして、今後の役割が期待されます。
 国道3号線の先には、観光地のケップやボコール高原もあります。カジノホテルもあるボコール高原には、中国人等の外国人観光客も多数押し寄せていました。物流に加えて、観光もカンボジアにとっては重要な産業であり、そのためにも道路インフラの整備の必要性が実感されます。

国道3号線と国道41号線の分岐点


国道41号線。広々とした水田地帯を走ります(乾季なので、茶色い風景です)。




↓にほんブログ村のランキングに参加しています。よろしければクリックしてください↓
にほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へ
にほんブログ村



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

メルマガ「週刊カンボジア経済ニュース」今週号は本日発行です

2017年02月20日 | 一般
 ブログ「カンボジア経済」は、毎日更新して、カンボジア経済情報をデイリーにお伝えしています。これらの情報をまとめて週刊でメルマガ「週刊カンボジア経済ニュース」を発行しています。毎週月曜日に発行しています。「無料」です。
 配信御希望の方は、下記のアドレス、または右側のブックマークから、まぐまぐのページで皆様のメールアドレスのご登録をお願いします。

 メールマガジン「週刊カンボジア経済ニュース」
http://archive.mag2.com/0001154670/index.html


↓日本ブログ村のランキングに参加しています。ぜひクリックしてください↓
にほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へにほんブログ村

コメント
この記事をはてなブックマークに追加