カンボジア経済

カンボジアの経済について、お堅い数字の話から、グルメ情報といったやわらかい話まで、ビジネス関係の方にお役に立つブログです

マイクロファイナンスのプラサックを買収

2017年03月28日 | 経済
 3月17日、スリランカのランカ・オリックス・リーシング・カンパニー(LOLC)は、カンボジアの大手マイクロファイナンス機関プラサックの株式を買い増し、出資比率を70%に引き上げたと発表しました。既に保有していた22%分の株式に加え、48%分を買い増したとしています。追加投資額は、1億8600 万ドル(約206億円)で、ベルギー投資公社(BIO)、英国の投資資金管理会社ドラゴン・キャピタル、オランダ開発金融公社(FMO)の3社から取得しました。他の株主は、香港の東亜銀行(21%)、プラサック従業員持株会社(9%)となっています。
 LOLCのイシャラ・ナナヤッカラ副会長は「プラサックの事業の潜在性は大きい。マイクロファイナンスを通じてカンボジア経済に貢献していく」と述べました。プラサックのシム・セナチールトCEOは「新たな株主と協力しながら持続可能な金融サービスを展開していく」と述べています。将来、プラサックの商業銀行への格上げも視野に入れている模様です。
 カンボジアのマイクロファイナンス機関は、収益率が高いことから買収が続いており、日系のマルハンによるサタパナの買収、東京三菱UFJ銀行系のタイのアユタヤ銀行によるハッタカクセカールの買収等が続いています。


↓にほんブログ村のランキングに参加しています。よろしければクリックしてください↓
にほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へにほんブログ村
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

メルマガ「週刊カンボジア経済ニュース」今週号は本日発行です

2017年03月27日 | 一般
 ブログ「カンボジア経済」は、毎日更新して、カンボジア経済情報をデイリーにお伝えしています。これらの情報をまとめて週刊でメルマガ「週刊カンボジア経済ニュース」を発行しています。毎週月曜日に発行しています。「無料」です。
 配信御希望の方は、下記のアドレス、または右側のブックマークから、まぐまぐのページで皆様のメールアドレスのご登録をお願いします。

 メールマガジン「週刊カンボジア経済ニュース」
http://archive.mag2.com/0001154670/index.html


↓日本ブログ村のランキングに参加しています。ぜひクリックしてください↓
にほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へ
にほんブログ村

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

関西電力と中国電力 カンボジアでコンサルタント業務を受注

2017年03月27日 | 経済
 4月21日、ニュージェック、関西電力、中国電力の3社は、カンボジア電力公社から「カンボジア王国プノンペン市送配電網増強事業に係るコンサルタント業務」を受託し、契約を締結したと発表しました。この事業は、日本政府が円借款で支援しているものです。受注額は計13億円とのことです。
 今回契約したコンサルタント業務の内容は、今年3月から2022年5月までの約5年間にわたり、3社の社員を現地へ派遣し、送変電設備および配電設備の増強のための設計、入札図書の作成・入札審査、契約交渉補助、施工監理等を実施するとともに、これらを通して同国の技術者へ技術移転を行うものです。
 プノンペンでは、送配電システム容量の制約や系統制御システムの未整備から停電発生時における停電エリアが広がっており、復旧にも長時間を要している状況です。この事業の実施により、設備の拡充を通して、電力供給の改善を図るとしています。
(写真は、プノンペン西変電所)

ニュージェック・関西電力・中国電力の新聞発表
http://www.nikkei.com/article/DGXLASDZ21I6A_R20C17A3TJC000/



↓にほんブログ村のランキングに参加しています。よろしければクリックしてください↓
にほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へ
にほんブログ村
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

リーズナブルな天ぷら屋さん 長州

2017年03月26日 | 生活環境
 プノンペン南部、バントラバイユに開店した天ぷら屋さん「長州」です。場所は、上田コーヒーの並び、ちょっと北側です。お店はカウンターだけですが、目の前で上げてくれるのを見ることができます。メニューは、セット(A,B,C)とアラカルトです。天ぷらのほかには、海苔巻き等があります。値段は、とにかくリーズナブルです。エビが2本付いたBセット(8品)でも、8400リエル(2.1ドル:約250円)と破格です。単品は、野菜類は500リエル(14円)からとなっています。ビールも一缶1ドル(約110円)と、ビール好きにはたまりません。なお、ランチには天丼等もあるそうです。今回は、セットに加えていろいろ頼み、ビールをがっつり飲んでも一人9ドル(約1000円)でした。福岡で修業したという大将が目の前で揚げてくれた天ぷらが次々にサーブされて、揚げたてを美味しくいただけます。お勧めです。ぜひお試しください。

Tenpura Choshu
No. 4z, St. 101

目の前で揚げて、揚げたてを一品ずつ出してくれます。リッチな気分です。



↓にほんブログ村のランキングに参加しています。よろしければクリックしてください↓
にほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へにほんブログ村



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

サッカーAFC U23選手権の予選組み合わせが決定 カンボジア代表は日本代表と同組に

2017年03月25日 | 社会・風土
 3月17日、マレーシア・クアラルンプールにて、サッカーアジアチャンピオンシップ(23歳以下)2018年中国大会の予選組合せ抽選会が開催されました。カンボジアは、グループJに入り、日本、中国、フィリピンと同組となりました。カンボジア代表チームは、サッカーワールドカップ2018年ロシア大会の予選で日本と対戦し、善戦しています。
 今回の予選には、開催国の中国を含む40カ国が出場します。4カ国ずつ10グループに分かれて予選が行われ、各グループの1位及び2位チーム中の上位5カ国が本大会への出場権を獲得します。予選は今年7月19日~23に試合が行われる予定です。グループJの各試合は、中国で行われる予定です。
 カンボジア代表チームは、実力を上げてきており、活躍を期待したいと思います。

AFCのサイト(英文です)
http://www.the-afc.com/afc-u-23-championship-2018-afc-u-23-championship-2016/afc-u-23-championship-2018-hopefuls-learn


↓にほんブログ村のランキングに参加しています。よろしければクリックしてください↓
にほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へ
にほんブログ村

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

IFC カンボジアのコーポレートガバナンス改善に向けて

2017年03月24日 | 経済
 3月14日、世界銀行グループの国際金融公社(IFC)、カンボジアの中央銀行であるカンボジア国立銀行(NBC)、カンボジア証券取引委員会(SECC)は、共同で、カンボジア・コーポレートガバナンス・イニシアティブを立ち上げたと発表しました。このイニシアティブは、カンボジアのコーポレートガバナンスの規範と実施を促進するためのものです。具体的には、研修プログラムの実施、ベストプラクティス教材の提供、カンボジア人講師の能力開発等を通じて、コーポレートガバナンスに関する知識の普及、意識の向上を図りたいとしています。
 カンボジア証券取引委員会では、「全ての市場関係者がこのイニシアティブに参加し、健全で持続可能な資本市場の開発に貢献してもらいたい。」と期待しています。また、NBCでは、「特に金融セクターにおいて、コーポレートガバナンス改善によって、リスク管理と内部統制の強化を図り、金融セクターの持続可能な成長を確保したい。」としています。

国際金融公社の新聞発表
http://ifcext.ifc.org/ifcext/Pressroom/IFCPressRoom.nsf/0/3FFE52D65DC07BB1852580E3003DBCD9?OpenDocument


↓にほんブログ村のランキングに参加しています。よろしければクリックしてください↓
にほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へ
にほんブログ村
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

タイと連結する鉄道 土地取得問題で遅れ

2017年03月23日 | 経済
 新聞報道によりますと、カンボジアとタイを連結する鉄道は、国境のポイペト付近の土地取得の遅れにより、工事が遅れているということです。プノンペンとタイ国境を結ぶ鉄道北線は、内戦を経て、線路が破壊される等、多くの問題がありました。アジア開発銀行(ADB)等の支援を得て、リハビリ工事を行う予定でしたが、シソポン~ポイペト間約40キロのみが完成したところで、資金不足等により工事は中断してしまいました。カンボジアとタイの首脳会談で、本件が取り上げられたことから、少なくとも国境からシソポンまでの46キロを開通させるため、努力が続けられてきています。国境の川に架かる橋については、タイの資金により、架け替えが完了しています。また、ポイペト東側からシソポンまではADB支援により線路は完成しています。このため、ポイペト市街の残る6キロさえ完成すれば、タイと北線が連結し、タイの列車がシソポンまで運転できる状況となります。そこで、この部分の工事について、昨年12月の完成を目指して工事が進められてきましたが、鉄道用地に住居を構える約50世帯の住民の反対で工事が遅れている状況です。
 今年7~8月には、カンボジア・タイの首脳会議が開かれ、両首脳が鉄道に乗車する計画も進められる中、公共事業省鉄道局では、工事を促進するため、住民との補償交渉を進めたいとしています。
(写真は、ポイペトのカジノ街で進められている鉄道敷設工事。2016年11月撮影)

↓にほんブログ村のランキングに参加しています。よろしければクリックしてください↓
にほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へ
にほんブログ村

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

光海底ケーブル 開通式典

2017年03月22日 | 経済
 3月15日、カンボジアとアジア・アメリカ・ゲートウェイ(AAG)を接続する光海底ケーブルの建設を行っているカンボジアのEZECOM社は、これまで進めてきた光海底ケーブルの敷設工事が完了したことを記念する式典をプノンペンで開始しました。式典には、ソー・ケン副首相兼内務大臣、トラム・イブ・テック郵政電気通信大臣他関係者多数が参加しました。
 この事業は、3か国の通信事業者(カンボジア:EZECOM、タイ:シンフォニー・コミュニケーション、マレーシア:テレコム・マレーシア)が共同で3か国を結ぶ光海底ケーブルを敷設し、マレーシアで、光海底ケーブルの国際的幹線の一つであるアジア・アメリカ・ゲートウェイに接続するというものです。この光海底ケーブルは、30兆バイト/秒(Tbps)の容量があり、カンボジアのインターネットの高速化、低料金化に貢献するものと期待されます。
 なお、カンボジアではこの他、NTTコミュニケーションズ等によるアジア・サブマリンケーブル・エキスプレス (ASE)に接続するための光海底ケーブル、カンボジア光ケーブルネットワーク (CFOCN) によるアジア・アフリカ・ヨーロッパ-1(AAE-1) に接続する光海底ケーブルの計画が進められています。
(写真は、新聞発表より)

EZECOM社の新聞発表
https://www.ezecom.com.kh/index.php/en/media-center/news-and-events/799-mct-submarine-cable-launch-promises-bright-future-for-cambodia-and-region-s-telco


↓にほんブログ村のランキングに参加しています。よろしければクリックしてください↓
にほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へ
にほんブログ村
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

中央銀行 マイクロファイナンス貸付金利に上限設定へ

2017年03月21日 | 経済
 3月13日、カンボジアの中央銀行であるカンボジア国立銀行(NBC)は、マイクロファイナンス機関の貸付上限金利を18%/年とする新規制を4月1日から導入することを定める省令B7-017-109PK号を発布しました。
 カンボジアのマイクロファイナンス機関の貸付金利は、通常、月利2%~2.5%程度のところが多く、年率で24~30%となっていました。突然の上限金利導入は、野党救国党が政権を取った際には「徳政令」(借金を全面的に棒引きにする命令)を出すという噂が広まり、与党としてもこれに対抗する必要があったためと言われます。
 マイクロファイナンス機関の貸付金利は、これまで高止まりしており、各機関は比較的良好な利益を上げてきていました。突然の上限金利導入により、貸付金利が大幅に低下することにより、大きな影響があるものと見られます。金利低下により、借入の需要は大きく伸びるものと見られます。他方、農村部に多くの支店を展開しているマイクロファイナンス機関では、農村部向けの貸付、特に遠隔地への貸付については、様々なコストがかかることから、これまでのような積極的な展開が難しくなるものと見られます。また、貸付金利と連動する形で預金金利も低下するものと見られ、これまでのような預金残高の伸び、ひいては貸付資金が確保できるかも不透明となります。このため、農村部や貧困層への貸付について、いわゆる「貸し渋り」が起きるのではないかと懸念されます。
 上限金利による直接的な金利統制は、これまでの他国の例を見ても、金融政策の中でも最も難しい部類の政策手段と見られています。カンボジア政府とマイクロファイナンス機関がコミュニケーションを十分とりつつ、政策目標に向かって努力することが期待されます。

中央銀行の省令(英文です)
https://www.nbc.org.kh/download_files/legislation/prakas_eng/Prakas-on-Interest-Rate-Cap-Eng.pdf


↓にほんブログ村のランキングに参加しています。よろしければクリックしてください↓
にほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へ
にほんブログ村


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

メルマガ「週刊カンボジア経済ニュース」今週号は本日発行です

2017年03月20日 | 一般
 ブログ「カンボジア経済」は、毎日更新して、カンボジア経済情報をデイリーにお伝えしています。これらの情報をまとめて週刊でメルマガ「週刊カンボジア経済ニュース」を発行しています。毎週月曜日に発行しています。「無料」です。
 配信御希望の方は、下記のアドレス、または右側のブックマークから、まぐまぐのページで皆様のメールアドレスのご登録をお願いします。

 メールマガジン「週刊カンボジア経済ニュース」
http://archive.mag2.com/0001154670/index.html


↓日本ブログ村のランキングに参加しています。ぜひクリックしてください↓
にほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へ
にほんブログ村

コメント
この記事をはてなブックマークに追加