サステナビリティの部屋

アメリカ住まいの日本人。環境について学んでいます。サステナビリティと今住んでいる場所について綴って行きたいです。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ファーマーズマーケットはサステナビリティの一環

2017年07月30日 | 日記
土曜日の午前中、ファーマーズマーケットに行ってみました。
環境に関する授業の中で特に関心を持っていることを述べる機会が頻繁にあるのですが、食の安全と答える学生が多いです。
サステナビリティの考えでは、地元産の作物を買うことが推奨されており、ファーマーズマーケットはサステナビリティと食の安全を実行する活動と捉えられています。



生鮮食売り場はこのコーナーだけでした。現金を持ってゆくのを忘れ何も買えず・・・。



地元の加工食品も売っています。



ちょっとしたライブ・コンサートも開かれています。

実は、日本で言うところの朝市や道の駅的なものを想像していたのですが、なんだかおしゃれなような。

ファーマズマーケットはここだけではなく、様々な場所で9月〜10月初め頃まで開催されています。
他の地域もチャンスがあれば見てみたいです。






ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« アメリカのゴミ収集 | トップ | 節水の庭 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
地産地消の精神 (KANAMORIKANAMORI未来研究員)
2017-08-19 17:33:59
日本で言うところの朝市や道の駅的よりもオシャレな印象を受けます。
それにしても地産地消の精神は素晴らしい。
サステナビリティと食の安全を実行する活動が日本でも普及してほしいものだと思うばかり。
初コメント (ecology1010)
2017-08-20 00:15:44
KANAMORIKANAMORI未来研究員さま、初コメントありがとうございます!
地産地消はまさにサステナビリティサステナビリティのイロハ、入門と言った感じがあります。
まだブログを始めたばかりで色々戸惑うことが多いのですが、コメントをいただくと励みになります。

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事