固定資産税 エコ住宅の評価減税

エコ住宅の促進に取組む既建築主,外断断熱工法、オール電化等基準年度毎の評価換減税、継続して補助・助成金の実現を要求。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

日本各地で台風等風水害の被害が多く、被災著の救援は行政庁も多忙であると思う。

2017-07-24 11:32:38 | 地方自治、県及び市町村
九州地方や東北地方など各地で山崩れ、農地・家屋の浸水被害が起こりました。 固定資産税の徴収の対象になる山林、農地の課税評価は、特に収穫前の米作は未収穫が歴然である場所がある。保険のコンサルタントも公的支援や家屋火災の補償の説明をするが、家屋の固定資産税の減免の手続きの説明はできない。もちろん毎年 義務化されている現地調査、地方税法第408条の説明はできないのだろう。生半可の役所の受け売りや、保険会社のパンフレットの解説では、フイナンシャルプランナーの資格が泣くだろう。TVもあまり見ない、新聞の購読もない末端の援助救援策が必須科目である。公的支援や保険請求のできない人々のサポートが必要である。 固定資産税は、家屋の場合毎年一回の現地調査と三年毎の評価替えが基本である。 特に家屋は被害の程度により使用不可の解体、一部損壊の復旧、浸水被害家屋もまた住むことができる家屋。行政側の査定基準があると思う。しか土地家屋等の固定資産税は、地方税法及び地方自治法の法令則により詳細に決められている。 個人所有の家屋が大きく損傷した場合は、1月1日から3月31日までの間の行う調査により修正される固定資産課税台帳がある。市町村はこの元帳である木造(非木造)家屋調査表(項目は40~50)を作成しなければならない。その結果地方税法417条第1項の規定により固定資産(家屋)価額等通知書通知するとある。 災害のあった家屋の所有者でも、これからも毎年固定資産税を納めなければならない。そのために市町村役所に木造(非木造)家屋調査表を請求して納税額を確認する必要がある。または、送られて00年度固定資産税・都市計画税(土地・家屋)の課税標準額、および年税額に不服がある場合、裏面記載事項により、固定資産評価審査委員会又は市町村長に審査を請求することができる。 . . . 本文を読む
コメント

イラク・シリアの破壊された、都市機能や放棄された農耕地は所有者不明で固定資産税は徴収できあるか

2017-07-11 19:27:58 | 政治、経済 外交
シリアやイラクの戦争が終結、経済復興が次の課題。財政収入所得税の国税、地方税の固定資産税は徴収暗中模索 イラクもシリアもISイスラム国占拠抵抗交戦により、都市機能が破壊された。報道は戦勝宣言とがれきの山々、この復興費用と労務費はどこの誰が負担するのだろうか。人々が住むための電気ガス水道等のライフラインの維持管理は誰の仕事だろうか。国民は手荷物しかない、寝るところも食料もない流浪の他国への旅。 . . . 本文を読む
コメント

横浜市の固定資産税の徴収は地方税法を守らなくても未納者を特定した個人制裁が可能だろうか。記事のタイトルを入力してください(必須)

2017-04-26 11:26:21 | 納税通知書・ 固定資産税
国民の納税の義務は憲法第30条の義務である。地方税法第17条は過誤納金の還付は遅滞なく還付しなければならないと決められている。平成22年度の評価額の修正をしたものが平(成22年4月7日修正)【裁判資料乙第29号証の1】がいま持って還付されてない。税金の徴収をする横浜市が法律を守らず。差押さえの強制執行ができて、固定資産税の未納者だから特別催告書で執行できるだろうか。この家屋は共有名義である。当然一通に共同名義がなければならない。これが一人の宛名である。これは二人別々に催告書を送付ことになり、同時執行は二重にWってすることになる。 . . . 本文を読む
コメント

横浜市長印が押されない市長決済書類

2017-03-05 10:05:49 | 納税通知書・ 固定資産税
都道府県知事及び市長の去らないとところで決済されている知事印、市長印 地方公共団体の代表決済印の数は一つでない。それは離島や過疎地帯の実情が承継する。 . . . 本文を読む
コメント

過疎地帯の山林の放置は外国資本の横暴に進む。

2017-01-15 11:45:05 | 納税通知書・ 固定資産税
そこで提言は、 1)土地の納税義務者を日本人に限定すること。 2)固定資産税の滞納者に対する土地の税務調査の権限立入権を行使可能にすること。 3)土地の所有および使用権を一代限るにして、相続権をなくし国に所有権を変換させること。 . . . 本文を読む
コメント