私的美遊空間

美しく愛しいものたちへのつぶやき

* 雪椿の開花 *我が家の庭もいよいよ春始動

2017年03月07日 | 花便り

雪椿は日本海側の積雪の多い地域に自生する椿です。
藪椿の変種とされ、細くてしなやかな枝を持ち、
冬季には雪の下で春を待つ健気な木です。

雪解けが始まると枝をもたげ花を咲かせるので
春を告げる花とされています。




この雪椿は、新潟から我が家の庭にやって来て35年。
父が亡くなる前年の11月、帰省した折に「持って帰って植えるように」と
苗木を持たせてくれたものです。




我が家は、夏の暑さが新潟と比べて格段に厳しい地域にありますが、
何とか枯れずに、当地に馴染んでくれました。
毎年、4月にかけて次々に花を咲かせ楽しませてくれます。




父が見たら何と言うだろうと、そんなことを思いながら眺めています。
こうした形で「形見」を遺すのも良いものですね。
毎年同じ時期に懐かしんでくれるのですからね。
私も三人の子供たちには、父と同じようにしてみようかなと思っています。

雪椿はお皿のように平たく開くのが特徴です。
このままブローチに出来そうなくらいに。

そして何故か、今年の花には白い斑が入りました。
当地に馴染んだ上、
あんまり暑いから「白」になっちゃえ!と
自分に都合の良いように、変化して来ているのかも知れませんね。
ともあれ、雪椿の開花は我が家の庭に春を告げてくれたのでした。


~ その他、雪椿のお供たち ~



~ 桃色猫柳 ~

暖かい陽射しを浴びてフワフワ




~ 寒咲あやめ ~

ススキとの混植でちょっと窮屈そう




~ 鶯神楽 (うぐいすかぐら) ~

小さくて可愛らしい花が咲きました。
ウグイスが6月の実のなる頃に、それを啄むために
飛び回る姿を神楽に見立てたのが名前の由来です。




ジャンル:
きいて!きいて!
コメント (14)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« トンビとカラスの空の攻防 | トップ | 越冬蝶 * ウラギンシジミの旅... »
最近の画像もっと見る

14 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
お父上の形見 (fuyou)
2017-03-07 14:08:05
越後美人さま

雪椿 美しいですね
こんなにきれいに咲いて春を告げてくれるのですね うれしいですね
お父様の形見
こんな形でかたみを残すこともいいですね
私は何を形見にしましょう
桃色ネコヤナギ 初めてみました
憧れそうです
寒あやめ今年はよく咲きましたね
鶯神楽美しい写真が撮れましたね

どれもどれも みんな越後美人さまが丹精された花々
見せて頂きまして感謝でございます
fuyouさんならなんでしょう? (越後美人)
2017-03-07 14:32:55
fuyouさん、こんにちは。

雪椿は名前もきれいですね。
我が家にあっては、夏の暑さが半端ではなくて根付くまで心配でしたが、
毎年元気に咲いてくれて喜んでいます。
そうですねえ・・・fuyouさんなら何がいいでしょうねえ(^^♪

桃色猫柳はとても可愛らしいです。
残念なことに、昨年の夏に根元に虫が入ってしまい、何本か幹が枯れてしまいました。
この幹だけがかろうじて残っています。
庭木の管理は難しいものですね。

お付き合い頂き、有難うございました(^_-)-☆
雪椿 (利休母)
2017-03-07 16:49:57
新潟から連れてきた椿が、手元で綺麗に咲いて
お父様との日々が鮮明に思い出されますね。
私のところはまだ雪ですっぽり埋まっていますから
雪椿はまだですね。
春の楽しみはもう少し先に待ってます。
花々 (tyako)
2017-03-07 17:08:35
こんにちは。
雪椿も温暖な地でノビノビと育ったのでしょう。
お父様の形見の椿なんて、お茶会に使ったら話が盛り上がるでしょうね。

この寒い中さくアヤメは初めて見ました。あるんですね・・・
我が家のウグイスカグラはまだ蕾が硬く、当分咲きそうもありません。

少しずつですが、春は近づいてますね。
こんばんわ (たか)
2017-03-07 20:04:22
お庭に春がやって来ましたね。
残雪の頃だったかな?
新潟の山に登った時、斜面が一面の雪椿に覆われている所を通りました。
藪椿の変種だったとは知りませんでした。
淡い優しい色合いが何とも言えませんね。

ネコヤナギかな?
柔らかそう、そっと手に触れてみたい感じ
頬紅を付けて頬にぬってみたいね、越後美人さん!
まだ雪の中で (越後美人)
2017-03-07 20:11:55
利休母さん、こんばんは。

父が挿し木で育てたものをもらいました。
二年ほど前ですが帰省した時に、兄嫁が「ここにある椿の名前が分からない」というので、
見るとその椿は、我が家にやって来た雪椿の親木でした。
実家でも枯れずに、元気に育っていて嬉しかったです♪

新潟では、雪椿はまだ雪の中で過ごしていますね。
人も雪椿もあともうちょっとの辛抱ですね(^_-)-☆






春は少しずつの歩みで (越後美人)
2017-03-07 20:33:55
tyakoさん、こんばんは。

この雪椿は、庭の中でも日当たりの良い一等地に植えてあります。
西日も強烈に当たりますが、今のところは元気に育っています。

そうですね、この雪椿が新潟からやって来たこと、父の形見であること、など話しますと、
皆さんからもいろんな思い出話が聞けそうですね♪

この寒い中で咲くあやめなんです。
きれいですが、やはり色的にちょっと寒そうですね(^^;
ウグイスカグラは、律儀に温暖な地から順番に咲いて来ているようです。
tyakoさん宅方面は、あと少しかかりそうですね。

はい、春の歩みは少しずつですね(^_-)-☆
自生地に行ってみたい (越後美人)
2017-03-07 20:48:50
たかさん、こんばんは。

はい、この雪椿が咲くと、いよいよ春♪と思えます。

残雪の斜面一面に咲く雪椿、それは素晴らしい光景ですね。
実際に自生している雪椿を見たことがないので、一度は見たいと思っています。

雪椿は、藪椿が積雪地に適応して出来た椿とのことですね。
してみると、我が家の雪椿は暖かい所にいるので、また元の藪椿に戻りはしないかと
ちょっと心配になりますが、どうなんでしょうね。
それまでには長い年月がかかると思いますが・・・

ほんとですね、頬紅や白粉をパフのように付けられるようなフワフワ感です。
赤い色をしているので、桃色猫柳(ネコヤナギ)と言います(^_-)-☆
お父さまの想いで! (S/S)
2017-03-07 21:46:32
  越後美人さま今晩は!
雪椿のお見事な花ですね・・
歌の文句にありますが・・すばらしい椿
感銘しました。

いつまでも思い出の」花として
代々受けつがれてください、きっと
お父さまがほほ笑むことでしょう・・
椿、色々 (はる)
2017-03-08 00:09:47
雪椿というんですね!椿にも実に色々な種類があるんですねえ!!!
いつも珍しい名前を教えていただいて、'へえ~!そんな名前の椿があるんだ!' と感動しています。
お父様が挿し木して育ててくださったものだとのこと、春を迎える度、
お花を見るたびお父様との思い出が甦りますね。本当に良いお形見ですね。
桃色猫柳・鴬神楽は初めて!
寒咲あやめは普通のあやめとは別種類でしょうか?何にもしらなくて~(教えてくださいませ<(_ _)>)

コメントを投稿

花便り」カテゴリの最新記事