私的美遊空間

美しく愛しいものたちへのつぶやき

十一代 大樋長左衛門個展 in 姫路

2017年04月20日 | 茶の湯便り

~ 兵庫県姫路市・山陽百貨店美術画廊にて ~

金沢市で350年以上もの歴史を持つ茶陶の名門・大樋焼十一代を、
2016年に襲名した年雄さんの茶碗や花入れ、水指など約60点。
12日から18日までと、
読売新聞に紹介されていたので、16日に行って来ました。

* * *

会場には多くのお客様がお見えでしたが、
「お茶をどうぞ」のお声がけを頂き、
美しい飴釉のお茶碗で一服ご馳走になりました。

その時のお菓子が、この「ねじり梅」のお干菓子。
大樋家の家紋を押した展示会用のお菓子で、
金沢の老舗「諸江屋」に特別注文したものと、
長左衛門さんから直接ご説明頂きました。

表面は柔らかい落雁で、中には程よい甘さの餡が入っていて、
口当たりが良く、さすがの美味しさでした。

「食べてしまうのは勿体ないないですねえ」 と
相席の方と言い合いながら、せめて写真に収めようと
撮らせて頂きました。

展示会でこのように特別なお菓子を頂けたことは、何よりの喜びです。
「花より団子」のようですが、花には団子が大事なんです♪
この後、ゆっくりと作品を観覧し、楽しいひと時を過ごさせて頂きました。

* * *

お茶を頂いた、飴釉のとろんとしたお茶碗が素晴らしかった。
こんなお茶碗で、毎日お茶を頂くことが出来たらどれほど幸せだろう・・・
そんなことを思いながら、両手に包んでその感触を楽しんで来ました。

花入れも良かった!黒い釉薬がかけられて静かな雰囲気に、
入れられた花筏の瑞々しさと、野趣溢れる白椿が素敵で、
どちらもが、それぞれを美しく引き立てているようでした。

* * *

やはり写真で見るのと、実物を見るのとでは大違い。
その作品の持つ雰囲気や味わいなどが、直に感じられて感動するからです。
気に入った物は、誰が何と言っても、自分の心に響いたものです。
今回の個展では、そういった作品に出会えたことは幸せでした。

次回の個展ではどんな作品に出会えるのでしょう。
楽しみです。


※ 昨秋の小松市でのお茶会では、九代長左衛門のお茶碗が出されていました。
やはりお膝元では、馴染みが深く愛されているのでしょうね。
私もじっくりと拝見させて頂くことが出来て、至福のひと時でした。

ジャンル:
きいて!きいて!
コメント (6)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 桜とお城と大石神社骨董市 | トップ | 春の天上の美声 ♪ イソヒヨドリ »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
大樋焼 (tyako)
2017-04-20 13:45:56
こんにちは。
大樋長左エ門展は、数年前に当地デパートでも開催されました。
茶碗など従来の形にとらわれない斬新なものなどが展示されていたことを思い出しました。

私共には中々手の出ない品々ですが、ご本人からご説明を受け乍ら拝見した茶碗などは、強い印象で残っております。
私の先生のところに、十代長左エ門氏のお嬢様がお稽古に見えておりましたので、いろいろなお話ができました。
今は、遠い思い出になっております。
あの頃が一番楽しい時季だったような気がいたします。
ただお稽古だけをしていれば良かったですから・・・
こんばんわ (たか)
2017-04-20 18:28:40
干菓子とお茶付きの陶芸展
いいですね。
先ずは心を落ち着かせてゆっくり観賞と言う事でしょうか。
60点とは見応えが有った事でしょう。
恐らく群馬では見られない作品の数々

そう言えば私、金沢でガラス越しに見ました。
何故、中に入らなかったのか、今 思えば残念な事をしました。
多分、時間が無かったのだと思います。
確かに写真と実物を見るのとでは大違いですね。
頑張りましょう (越後美人)
2017-04-20 22:00:16
tyakoさん、こんばんは。

この個展は今回も全国の各地で開催されているようです。
この度も自由な発想で作られた物が印象的でしたよ。
歴代の作品とは違った個性を出していくのも、中々難しいことでしょうね。

ご本人から直接に説明を受けながらの観覧は、さぞ印象深かったことと思います。
十代さんのお嬢様と社中が一緒とは、それもまた中々に無い経験をされましたね。
いろんなこぼれ話など、私もお聞きしたかったです。

そうですね、ただ一生懸命お稽古できる時期というのは、
責任が無く、目いっぱいお稽古自体を楽しめますもんね。
今は肩に乗ったものがいっぱいですが、お互いに頑張って行きましょう(^_-)-☆
その内に群馬でも (越後美人)
2017-04-20 22:23:31
たかさん、こんばんは。

陶芸展でお菓子とお茶を頂けるのは嬉しいです♪
今回は特注のお菓子で感激しました。
こう言った心遣いがいかに大切か、分かった気がしました。
心を満たしてからの観覧はやはり違いますね。

金沢まで行かれたんですね。
ガラス越しに見ただけでも、全く見ていないのとでは大違いと思います。
その内に群馬でも個展があるといいですね(^_-)-☆
お早うございます (延岡の山歩人K)
2017-04-21 06:47:09
楽しいひと時を過ごされて良かったですね
茶器と言えば
なんでも鑑定団の影響で・・
茶心もなくガサツな自分は、すぐ価値が気になります。

勉強中です (越後美人)
2017-04-21 10:36:38
延岡の山歩人Kさん、おはようございます。

新作をじかに見せて頂けることは滅多にないので、この機会に出かけられて幸せでした。
私もまだ茶器の価値はよくわかりません(^^;
価値は、自分で持ってみないと分らないと言われますが、
高価な物は自分で持つことは出来ませんので、
ただ拝見して勉強させて(楽しませて)頂いております(^_-)-☆

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。