私的美遊空間

美しく愛しいものたちへのつぶやき

ひそやかに 華やかに咲く 山桜

2017年04月05日 | 花便り

山の桜はひそやかに咲く
ただそこにあって咲く




隠れるように・・・




気高くも・・・




埋もれながら・・・




溶け込んで・・・




人知れず華やかに咲く・・・





ジャンル:
きいて!きいて!
コメント (6)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 初燕 今着いたよと 鳴... | トップ | 散歩の途中でホオジロを発見♪ »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
力強く (fuyou)
2017-04-06 15:43:26
越後美人さま
春の山歩きされたのですか
山桜遠くにみれば力強くかんじます
山のあちこちにピンク色に見える木は山桜なのでしょうね
きっと美しい桜の花を咲かせているのでしょう
だれも見なくても気高く咲いているのでしょう
只今戻りました (たか)
2017-04-06 22:12:26
この桜、裏山に咲いているのですか?
随分、本数が多いようですね。
こうした自然の中に咲く桜はソメイヨシノとは違った感動が有ります。
私も昨年、紀伊半島の旅をした時に見た山桜は
まるで緑の中に白を散らした絵の様な光景でした。
「車、停めて!」
「後ろに車が付いているから無理だ」
そんな、やりとりをした事も思い出されます。

越後美人さんは良い所にお住まいなんですね。
里山の春 (折節)
2017-04-06 23:22:24
越後美人さん、こんばんは。

ほんわりとした淡い彩りが広がって、里山は桜の花咲く季節となりました。
「気高くも…」のお写真のように、抑え気味の淡い色彩にそこかしこで出会うことができます。
どこまでも穏やかな色調なのに、見ている方はどうしてこんなにも心が浮き立つのかと思うことがあります。
こちらは開花したばかりのソメイヨシノが春雨に煙っていました。
桃色の濃淡の花が咲き進んで、やがて新緑の季節がやってきます。
裏山と言うより山の中 (越後美人)
2017-04-07 19:49:21
fuyouさん、こんばんは。

この桜は全部、我が家の裏山で咲いています。
裏山と言うよりは、家が山の中にあると言ってもいいくらいの位置関係です。
ですから、中腹まで往復しても20分くらいのものです。

山の所々に咲いている桜は遠目には白いのですが、近くでみると淡いピンク色がとても素敵です。
誰に見てもらえなくても咲いている姿に感動しています。
お帰りなさい (越後美人)
2017-04-07 20:09:14
たかさん、こんばんは。

はい、この桜はすべて裏山に咲いているものです。
本数は少ないのですが、所々に飛んでいて、その一本ずつが魅力的で、
ここが好きだから嬉しそうに咲いているようにみえます。

紀伊半島の旅にいかれたんでしたね(^^♪
山の緑の中に点々と咲いているときれいですよね。
車を止めてゆっくりと眺めたいところですが、桜たちは勝手なところに咲いていて、
人間のそんな都合はお構い無しですもんね。

はい、山の中に住んでいるようなものです。
夏には暑い地域ですから、避暑地の別荘のよう、とは言えませんが、
緑に囲まれての生活はまずまず気に入っています。
サクラに酔っている内に (越後美人)
2017-04-07 20:19:57
折節さん、こんばんは。

桜があちこちできれいに咲きました。
折節さん宅方面も咲き始めたんですね。

桜は淡い色でふんわりと咲いて、夢見心地、あるいは酔い心地にさせてくれますね。
そこが桜の大きな魅力のように思います。

本日所要があり尼崎に行って来ました。
こちらより季節が進んでいるようで、裸木だった枝に若葉が鮮やかでした。
サクラに酔っている内に、あっという間に新緑の季節ですね。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。