パソコン心電計とその接続パソコン

メディカルテクニカが輸入販売する最先端医療機器の国内販売店募集

米国FDAが、放射線の過剰被ばくを警告

2011-07-29 11:33:22 | 医師会
FDA Warns of Excess Radiation With Heart Scan


Patients who underwent cardiac PET imaging scans with the radiotracer CardioGen-82 may have received excess radiation exposure, according to a warning from the FDA.
CardioGen-82, or rubidium (Rb)-82, is used during PET myocardial perfusion imaging and is manufactured by Bracco Diagnostics.
The FDA said it received notice of two patients who received more radiation than expected from their PET scans with CardioGen-82.
The Wall Street Journal reported that the two patients were crossing U.S. borders when radiation detectors noted radiation originating from them. The PET scans had been performed two and four months earlier.
The FDA said the excess radiation was from strontium おうしゃせんisotopes, which may have been inadvertently injected into the patients because of a "strontium breakthrough" problem with CardioGen-82. Strontium is used to generate the rubidium in CardioGen-82.
The agency said the risk of harm from this exposure is minimal, "although any unnecessary exposure to radiation is undesirable."
It added that "the estimated amount of excess radiation the two patients received is similar to what other patients may receive with cumulative exposure to certain other types of heart scans. It would take much more radiation to cause any severe adverse health effects in patients."
The FDA is advising healthcare professionals to closely follow the required testing and quality control procedures essential to help detect strontium breakthrough from CardioGen-82.
Nuclear cardiologists and radiologists can provide other cardiac imaging techniques, such as SPECT myocardial perfusion, while the FDA completes its investigation of the reported cases of excess radiation exposure.



この記事をはてなブックマークに追加

今まで原発を推進してきた方は、家族を福島へ移住させる法律をつくったらどうでしょうか

2011-07-25 01:17:51 | 先天性心疾患
今日はちょっと違う角度から、自然エネルギーに関して、取り上げてみたいと思います。
最近メディアでも時々登場する京大原子核工学科卒で、NPO法人・環境エネルギー政策研究所所長の飯田哲也さんが、5月6日に発売された週刊ポストの記事「自然エネルギーの不都合な真実」に対して反論しています。
自然エネルギーに対する否定的な意見の代表例のような記事に対しての科学的知見に基づく反論として、参考になるものだと思います。
「太陽光発電はコストが高い」とか「自然まかせで、安定しない」あるいは「非現実的」「電気代がバカ高くなる」とか、いわゆる再生可能エネルギーとしての太陽光・風力発電には、さまざまな否定的な意見があります。そういう意見に対する科学的見地からの反論です。
そもそも、「原発はコストが一番安い」というのは、まったくのデタラメです。根拠となるデータは資源エネルギー庁のお手盛りの古いデータ。(資源エネルギー庁から天下った人がこの前東電を辞めましたが、その人の給与や退職金は電気代に入ってるのかな(笑)他にも、あちこちの電力会社や電源開発という会社に天下っています。)
飯田さんの反論にもありますが、数万年もかかる「核のゴミ」(使用済み核燃料)の管理コスト。数万年ですよ・・・まったく。さらに、電源立地三法による地元対策費。事故防止対策費用。
そして、飯田さんはたぶんあえて触れていないと思いますが、テロ対策費。実は浜岡原発をとめたのには、米軍から「日本の原発はテロ対策がまったくできていない。浜岡が狙われたら、首都圏の米軍基地は使えなくなる」という意見があったとか無かったとか。横田基地、横須賀基地、その他レーダー設備等々・・・・・。
これらを加味して、コストを考えたらたぶん一番高くつくのが原発でしょう。
飯田さんは、1959年山口県生まれで、京都大学工学部原子核工学科、東京大学大学院先端科学技術研究センター博士課程単位取得満期退学で、現在、NPO法人環境エネルギー政策研究所所長、(株)日本総合研究所主任研究員などを務めています。飯田さんの学歴を見ると、原子力などの分野に関しては専門的な知識も有しているわけですね。そういう研究をしてきて自然エネルギー推進の立場になられているわけです。かなり説得力があると思います。
•1. ISEP 環境エネルギー政策研究所
今後も、自然エネルギーを推進していくうえで、この週刊誌の記事のような、根拠のない・あるいは乏しい「反自然エネルギー論」が、あちこちで巻き起こる可能性があります。太陽光発電や風力発電などに興味のある方に、紹介しておきます。なお、このプレスリリースは非常に長いので、一部抜粋したものを掲載します。全文をお読みになりたい方は、リンク先からどうぞ。
■5/16(月)ISEPプレスリリース(PDF)
  「週刊ポスト「自然エネルギー」の不都合な真実」への反論
「週刊ポスト「自然エネルギー」の不都合な真実」への反論 2011 年5 月16 日
当研究所は、週刊ポスト5 月20 日号掲載記事「「自然エネルギー」の不都合な真実」について、国際的に共有されている自然エネルギー研究の専門的知見をふまえたものではない内容が散見されることから、下記にその反論をおこなう。
全体として、まったく根拠のない妄論ばかりである上、当研究所など自然エネルギーに専門性を持つ研究機関への裏付けも取らない、きわめていい加減な記事であることが明らかとなった。マスメディアが一定の公共性を持つと認識するのであれば、また同誌の社会的信頼を取り戻そうとするのであれば、この反論文を同じスペースで取り上げることをお願いしたい。
(中略)
■ P44, 5段目:風車を直線で並べる
原文:「互いに干渉しないためには風車を最低でも100メートルずつ離す必要があるから、直線に並べれば177キロメートルになる。ざっと東京~いわき間の距離だ。40基分となると、この40倍だから7000キロメートル以上。北海道の稚内から鹿児島の指宿を結ぶJR線の距離が約3000キロメートルなので、風車が列島を南北に1往復する計算になる。これが現実的でないことは、もはや言葉を要しない。」
【反論】風車を直線で並べる必要はなく、立地の地理的特性や社会的条件にそったかたちで設置するのが風力発電事業の基本である。また、洋上風車の設置が可能な地域もある。環境省の最新の調査でも、現実の地理データを用いて、陸上で2.8億_______キロワット、洋上(着底式)で1.5億キロワットの立地が可能との結果が得られている。
■ P45, 1段目:「反原発派」というラベリング
原文:「昔から反原発派の人々は『風力推進派』が多く、そうした思想が背景にあるのかもしれません。」
【反論】すでに風力発電は、新しい産業界や金融セクターなどビジネスセクターが推し進めているのであり、まったく根拠のない思い込みに過ぎない。なお、原子力をめぐる社会運動には長く複雑な歴史的背景があり、また、自然エネルギー推進運動はその文脈に重なりつつも異なる歴史的背景をもっており、それらを「反原発派」というラベリングでひとくくりにすることには無理がある。
■ P45, 3段目:電気料金が高い
原文:「まずは、コストの面から見てみよう。資源エネルギー庁の試算で、太陽光発電は1kWhあたり49円とされている。これは原子力の約8倍である。実際の電気料金と比べても、現在1kWあたり15円程度だから、その3倍もかかる。現状でも日本の電気料金は先進国のなかでも高く、OECD30カ国中8番目である(しかもヨーロッパの一部の国が日本より高いのは、環境税など政策的要因による)。これが3倍の値段になれば、国民生活を圧迫することはもちろん、あらゆる産業が国際競争力を失って倒れるか、海外に出て行くだろう。それを防ぐために莫大な補助金(税金)を投入しても、結局は国民負担だから、生活や産業を圧迫することは変わらない。」
【反論】そもそも資源エネルギー庁の「太陽光発電が49円/kWh」というのは10年も前のデータであり、最新の現実(欧州ではすでに20円/kWh前後、日本でも30円/kWh前後)をまったく反映していない。
第2に、太陽光のコストが課金されて「電気料金が3倍になる」ことはありえない。太陽光発電と回避可能原価(平均的な発電コスト)との差額がその年の増分だけ上乗せされるもので、同じ資源エネルギー庁の評価でも2020年でせいぜい電気料金の5%と試算されている。
第3に、日本の電気料金が高い最大の理由は、電力会社による地域独占のために電力市場に競争原理が働いていないことがある。ただし、発電/送電の分離をおこなって電力自由化を進めれば自動的に電力料金が下がるわけではないことに留意する必要がある。
第4に、コストの高低は相対的なもので、化石燃料や原子力のコストがこれからどうなるかとの対比である。自然エネルギーが技術学習効果によってこれまでも急速にコストを下げてきている歴史的な事実があり、今後も下がっていくことはほとんど確実である。それに対して、化石燃料は乱高下しつつも高騰してゆくリスクが高く、そこに温暖化のコストも乗る。原子力も核のゴミの処理や今回の事故補償などを発電コストに乗せれば、とんでもない高コスト電源になることは明らかである。
なお固定買取価格制によって定められる電力価格は政府会計を通さず、直接電気料金で徴収されるため「補助金」ではない。
■ P45, 4段目:山手線の内側にパネル
原文:「100万kWの原発1基分を発電するためには、面積でいうと山手線の内側すべてにパネルを設置しなければならない。」
【反論】太陽光パネルは建物の屋根上や壁面、遊休地などの空きスペースに設置すればよいのであって、基本的に土地利用とのコンフリクトはほとんどない。わざわざ山手線の内側すべてにパネルを設置する必要はない。現実の地理データを用いた環境省の最新の調査でも、およそ1.7億キロワットの設置が可能との評価が出ている。
■ P45, 4段目:ビル・ゲイツ氏による予測
原文:「ビル・ゲイツ氏の予測によれば、将来的に再生可能エネルギーでまかなえる電力は最大30%とされています」
【反論】ビル・ゲイツ氏は自然エネルギー研究の専門家ではなく、参照するのであれば、実際にこの分野に長年従事し、幅広く深い知識を備えた世界各地の自然エネルギーの専門家の言説にあたるべき。
■ P45, 5段目:太陽光設置と耐震性
原文:「既築の住宅に設置する場合、重さで耐震性が損なわれる恐れがあるうえ(一般的なシステムで、屋根1平方メートルあたり15キログラム程度の負荷がかかる)、メガソーラーに比べてコストパフォーマンスがさらに悪くなるため、それこそ「原発1基分」には数兆円の費用がかかる。
【反論】既築の住宅に太陽光パネルを設置する場合、通常は5kWで自動車1台分が屋根に乗る計算であるが、これまで何万件もの住宅に設置されていて支障はない。逆に、設置する際は耐震補強をチェックするので、耐震性が増すケースもある。
メガソーラーの設置コストは、今や日本でもせいぜい40万円/kWであり、設備容量で見ても原子力と同等の約4000億円(100万kWの場合)である。発電量で見ると、原発一基分のメガソーラーはおよそその6倍の設備=約2.4兆円を要することは確かだが、欧州ではその半額程度に過ぎず、日本でも今後、急速にコストが安くなることは確実である。ところが原子力は、フィンランドのオルキルオト原発3号機はわずか1基で1兆5千億円を要する見通しでさらに高騰する見込みであり、アメリカでもサウステキサス電力があきらめた原発は2基で約5000億円の計画が1兆8千億円に膨らんだからである。そこに上に述べた核廃棄物コストや事故リスクコストを考慮すれば、原発が安いなどとはけっして言えないのである。(後略)

この記事をはてなブックマークに追加

ワイヤレスセンサーのシンマー社製品の出力を LabVIEW で HRV 解析する

2011-07-22 07:23:51 | 先天性心疾患
ワイヤレスセンサーのシンマー社製品の出力を LabVIEW で HRV 解析する

この記事をはてなブックマークに追加

SPO2と12誘導心電計

2011-07-22 07:05:51 | 循環器
http://www.youtube.com/embed/jVCTxw0nJLk

この記事をはてなブックマークに追加

グルコース、心電図、血圧、パルスオキシメータなどのデータをオンラインで同時表示記憶します

2011-07-18 21:58:08 | 医療用パソコン
糖尿病、透析、肥満、高脂血症等に対し

http://plaza.umin.ac.jp/~smupedcs/links/wirelessglucose/

この記事をはてなブックマークに追加

モダンホスピタル2011

2011-07-15 06:43:27 | 心電図
スマートホンの時代到来

この記事をはてなブックマークに追加

ワイヤレス パルスオキシメータ

2011-07-12 12:01:34 | 医療用パソコン
インターネット対応の時代来る

この記事をはてなブックマークに追加

技術革新の元

2011-07-11 07:23:48 | 医療機器・医療用具
日本に欠けている制度、すべて規制ばかり

この記事をはてなブックマークに追加

原発って本当に怖いの?

2011-07-08 13:27:11 | 医師会
<iframe width="425" height="349" src="http://www.youtube.com/embed/w6cgxU9oq48" frameborder="0" allowfullscreen></iframe> <iframe width="425" height="349" src="http://www.youtube.com/embed/xAcOuWCvUec" frameborder="0" allowfullscreen></iframe> <iframe width="425" height="349" src="http://www.youtube.com/embed/fgUi6PFrHVs" frameborder="0" allowfullscreen></iframe>

この記事をはてなブックマークに追加

ワイヤレスセンサー

2011-07-04 09:01:41 | 医療用パソコン

http://homepage2.nifty.com/medicalteknika/economicsensor/

 

世界一普及しているセンサーです。

価格も一番安い

システムは自由に組める

 


この記事をはてなブックマークに追加