パソコン心電計とその接続パソコン

メディカルテクニカが輸入販売する最先端医療機器の国内販売店募集

ブルーツース技術によるワイヤレス送受信の文献

2008-01-22 17:12:28 | 救命救急
ブルーツース技術によるワイヤレス送受信の文献ご紹介
スウェーデン国カロリンスカ大にて、44種類の医療機器で同時に使用した。
集中治療室や手術室では同時に沢山の医療機器を患者に接続して監視するが
その際のケーブルの煩雑さは目にあまるものがあります。
そのケーブルを一切不要とするのがブルーツースに手法です。
原文は下記に抜粋しました。
2004年世界の麻酔専門誌にて発表されています。
Evaluation of Bluetooth as a Replacement for Cables
in Intensive Care and Surgery
Mats K. E. B. Wallin, MD, MSc*†, and Samson Wajntraub, MSc†
From the *Department of Anesthesiology and Intensive Care,
Karolinska Hospital and the †Division of Medical Engineering,
Department of Medical Laboratory Science and Technology,
Karolinska Insititute, Stockholm, Sweden.
ご意見、関連情報を求めています。
http://homepage2.nifty.com/medicalteknika/bluetoothicuope/

この記事をはてなブックマークに追加

ボディコンピューティングという新しい医療分野

2008-01-06 07:39:05 | 心電図

人体情報、生体情報、人体コンピュータ化、体についての情報発信、人体コンピュータ内蔵、などの言葉が当てはまる
Body Computing という用語が登場しました。著者は、レスリー アンヌ サクソン先生(循環器内科教授、南カルフォルニア大学)
著作題名 ボディコンピューティング、今日、健康管理に直面する問題をネットワーク化された医療機器がいかに解決するか
(2007年 平成19年12月26日発表)

A, この技術の重要性; 患者の症状とその時の情報が一番重要でそれが得られる。統計的な、数多くの情報が集約できる。
各種治療と効果を正確にデータとして得られる。更に、フィードバックがすぐに起こせる。救急的場面は、起こってから
30分以内が重要で、判断が必要な医師に即座に伝えられるので、それに即座に対処できる。
既にいろいろな場面で効果が立証されてきている。

B, 可能にした要因:
  1、 植込電子機器の技術の成熟、  2、体内センサーの開発と発展  3、体内と体外との無線交信、
4、ワイヤレス電子機器と受信器との交信  5、受信器のネットワーク化  6、リアルタイム監視、診断、記憶、集計解析
  7、データの電子カルテ化  8、個別に開発され、改善されてきた技術がある。 等による。

C, CRM (心臓リズム管理)
  これは、ICD (植込除細動器)、CRT (心臓再f同期療法)、がラジオ周波数電波でネットワーク化されてきた。
ガイダント社(現ボストンサイエンティフィック社)の LATITUDEシステムでは、2006年から開始して、すでに、65,000名
に達し、RAPID-HF研究として、1,000名以上の医師、100箇所以上の専門施設が参加している。
メドトロにクス社による CARELINK (旧式なCRMシステム)は、156,000名の患者を対象としている。

D, 注目される関連品
セントジュード社が開発中のHeartPOD システムは、植込式左房室血圧、心電図、深部体温、等のネットワーク監視システム
である。
メドトロニック社は、CHRONICLE 装置を用いて、COMPASSーHFの治験を実施している。
 右心室に血圧センサーを置き、心電図と同時に管理している。
カーディオメム社は、エンドシュア ワイヤレスAAA血圧システムを用いて、大動脈修復の際の予後の監視として
 留置し、ネットワーク監視をめざしている。治験として、CHAMPION-HFで実施中。
トランソマメディカル社が、体内留置型血圧計の長年の経験を生かし、参画が行われている。
 ナイキ社が、靴の下敷きにセンサーを置き、バイタル情報を iPOD経由で管理しようとしているのが注目される。
グルコースによるシステムが世界で数多く立ち上がっている。

本記事に関するご意見をお寄せ下さい。ecgpclink@mail.goo.ne.jp
http://homepage2.nifty.com/medicalteknika/

この記事をはてなブックマークに追加

平成20年 元旦

2008-01-02 09:36:24 | 医療機器・医療用具
新しい年に際し、謹んでご挨拶申し上げます。

本年も、皆様にとって、すばらしい年でありますよう、
祈念申し上げます。

旧年中は、御世話になりました。
本年も宜しくお願申し上げます。

http://homepage2.nifty.com/medicalteknika/

この記事をはてなブックマークに追加