商品の担保

商品の担保

彼女に貸してあげたお金が戻らなかった体験

2017-05-18 22:01:00 | 日記
成年になって初めて彼女が出来てから1年が経過した時に、彼女が多額の借金を抱えていた事が分かりました。借金の返済の為に200万円のお金を貸して欲しい事に言及したので、私は彼女が可哀想であると感じて200万円のお金を貸しました。彼女はスナックを経営していたが、客足が少ない状況の中で借金に困っている事を告げた事が騙されるきっかけになったと思います。世間を知らない人間である事を自覚しないで、何の疑いも持たないで貸してしまった事に私の甘さを感じます。



200万円の現金を渡して返済の期日を設けていたが、徐々に彼女と連絡が取れなくなりました。返済に関しては無視する形で対応して、返済日になった時に電話が出来なかった事が残念です。結果的に無言のまま彼女と別れて貸した200万円は戻らなかったので、人の話は簡単に信用していけない事を学びました。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 共働き時代と子育て時代の金... | トップ |   

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL