ギフトや恵美寿のおやじのひとり言

ギフトに関する疑問、しきたりなどについて発信していきます。

「神社に参詣する」 二礼二拍手一礼の正しい拝礼法!

2017-06-18 12:45:33 | 日記

神社にお参りする時の作法「二礼二拍手一礼」のしかた。

神社に参詣する時について、

鳥居をくぐるとことは、神様を祀った
神聖な場所へ入ることになります。


まず、鳥居をくぐる前には会釈をします。

本殿に進む前に、境内にある手水舎で手を
洗い、口をすすぎます。この場合、右手に
ひしゃくを持ち、水を汲み、最初に左手を
洗い、持ち替えて右手を洗います。次に再度
ひしゃくを持ち替えて、左手に水を受け、その
水で口をすすぎ、ひしゃくをたてて柄の部分を
洗い流します。これらの儀式は神前に進む前に
身のケガレを落とすという意味があるそうです。


境内の参道は真ん中を歩かずに端を歩きます。
真ん中は「正中」といって神様が通る道だからです。


神前に進んだら、お賽銭をあげ、鈴を鳴らします。
拝礼は「二礼二拍手一礼」が作法です。
(伊勢神宮の映像を参考にしてください)

ちなみに、なぜ「柏手」というかというと、古来
神様に捧げる食物を柏の葉で編んだ食器を使い、
食事を捧げる合図として二柏の手打ちを行った
ことによるものというそうです。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「御朱印」を「 輪王寺」でい... | トップ | 席次を決めかた、 上座と下... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。