ギフトや恵美寿のおやじのひとり言

ギフトに関する疑問、しきたりなどについて発信していきます。

「和室の入り方のマナー」について!

2017-07-12 13:39:19 | 日記

和室に入るときはどのようにしていますか?

和室の入口には「ふすま」がありますね、
ふすまの「ふす」とは、臥す、つまり人が
寝るという意味からきた言葉だそうです。

もともと和室には鍵はありません。仕切りは
ふすまや障子です。その向こう側に臥せって
いる人がいるかもしれませんので、臥す間へ
勝手に入ることは礼儀に反します。

ふすまの開閉の作法は、このような背景から
生れたものいわれています。

昔、和室に入る前には咳(しわぶき)せよという
教えがあったそうです。咳(咳払い)が入室の
ノック代わりになっていたというわけです。

最近は洋室の生活になり和室の作法の一つとして
ふすまを開けて和室に入る手順は知っておきたい
ですね。


和室に入る動作はすわって行うのが基本で、まず、
ふすまの前にひざまずき、「失礼します」と声を
かけ、それから開けます。

ふすまの開閉は片手でするのが正式な作法です。
両手を一緒に添えるのが上品と思われますが、
これは間違いだそうです。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「座布団の座り方」について... | トップ | よそのお宅を訪問した時のマ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。