ギフトや恵美寿のおやじのひとり言

ギフトに関する疑問、しきたりなどについて発信していきます。

神田祭 お神輿のことについて書いてみました。

2017-05-16 16:53:06 | 日記

神田祭は

5月11日の鳳輦神輿遷座祭(夕刻から夜にかけて行われる、
神田祭の始まりを告げる最初の神事。


斎服、浄衣と呼ばれる白装束を着た神職によって、本殿
から神田明神三柱の御祭神(だいこく様、えびす様、
まさかど様)の御神霊を、三基の鳳輦・神輿へと遷す
儀式が執り行われる。


神職による警蹕(けいひつ)と厳かな雅楽の音色が夜の
闇に響き渡るなか、絹垣(きぬがき)に包まれた御神霊が、
明かりの消えた社殿から粛々と動座される。


神職の列は赤々と燃える幻想的な松明の灯りによって導
かれ、いよいよ神幸祭に向けて鳳輦と神輿に御神霊が遷座される。)



5月17日の例大祭( 氏子総代、氏子108町会の代表者、
祭典委員、そして神田祭に奉仕した多くの方々が参列
するなか、衣冠(いかん)装束姿の宮司をはじめすべ
ての神職が奉仕する。


献饌、巫女による「巫女舞」の奉納、祝詞奏上、拝礼と
神事が執り行われ、日本の繁栄と平和、そして氏子の無
事安全を祈願する。)

お神輿を担いで威勢よく町内を練り回る姿は

まさに、日本独特の風物詩ですので、機会があれば

是非、行ってみたいです。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 鬼門について(江戸城の) | トップ | 「縁日ってどんな”縁”のこと」? »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。