ギフトや恵美寿のおやじのひとり言

ギフトに関する疑問、しきたりなどについて発信していきます。

ギフト屋のおやじのひとり言(結婚式について)

2016-12-02 12:55:44 | 日記

今日は、結納から結婚式までの

スケジュールについて、

 

 

 

婚約から結婚式までは、何かと

あわただしいものです。具体的な

準備に入る前にまず二人の人生

に対する考え方や共同生活の抱

負を話し合って、意思の統一を計

りましょう。

 

 

人生の方針、日常生活のモットーの

ようなものが描けたら、具体的な準

備にかかります。スケジュール表を

作り、それに沿って準備を進めれば、

挙式直前にあわてなくて済みます。

 

 

 

まず、挙式の時期と場所を決めます。

二人の気持ちと周りの状況、そして

家族などの都合も考えてだいたいの

目安をたてます。

 

 

 

出身地の近くで行うのか、新居や職場

の近くにするのか、参列してもらいたい

人の条件も考えて決めます。そして全体

の予算についても話し合いが必要です。

費用はどれくらいかけられるのか、何に

重点を置いて準備するか、お互いの手

持ち資金とその使い方を決めます。

 

 

 

基本的な条件が決まったら、無理のない

スケジュールを出来るだけ早立てると良

いです。多少の余裕を持たせ、二人です

ることも明確にしておきましょう。

 

 

 

準備はふつう6か月くらい前からだと充分

ですが、シーズン中の土、日曜日は式場の

予約がとりにくいこともあるので、先に式場

の仮予約を取ってしまうのも一つの方法か

もしれません。

 

 

スケジュール例として

 

6か月前

・挙式の形式や日取りを決める

・式場、披露宴会場を選び、下見をして予約する

・総予算と分担方法を決める

・新居の相談をする

・新婚旅行のプランを立てる

4~5か月前

・婚礼衣装を決める

・新婚旅行の予約をする

・新居の家具、インテリアのプランを立てる

3か月前

・新居を決定する

・生活必需品のリストアップをする

・式、披露宴に招待する人の人選をする

・家具などの下見をする

1~2か月前

・招待状を印刷する

・引出物を何にするか打ち合わせをする

・司会者を依頼し打ち合わせをする

・招待状を発送する

・貸衣装などを予約する

・式場と打ち合わせをする

 

 

などですが参考までに。

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ギフト屋のおやじのひとり言... | トップ | ギフト屋のおやじのひとり言... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。