どーも、eとりさん”twitte-nine-r”です

ツイてないeとりさんが140文字にとらわれず、己の境遇を
つぶやきます。ニートの生き様を目に焼き付けるがいい!

LTEのEは、エヴォ・リュ~ション!eとりさんのLTE体験記(その1)

2017年03月20日 19時06分09秒 | Weblog
↑タイトルはもちろん、Fジモンがパクってるゴー☆ジャスさん風に言ってみてください。

 センバツ始まったけど、絶望的にダッサくなるなぁ、マーチのアレンジってA(^^;

-----
 あれじゃ踊れないよ、余計な心配だったな。

 さてさて、全額じゃないけどそこそこポイントが貯まったのでね、挑戦してみまひた。

 もばいるるーたーれんたる!

↑ピンボケですんまそ。変な持ち方をしているのは、パスワードが載っているシールが貼らさってるから(←方言)。

 当ブログの本年3月1日付の記事にてポイントをシコシコ貯めてる旨触れてたんですけど、それはLTEに挑戦するためでした。何故LTEに挑戦しようとしたのか?

 eとりさんは不労所得を得るべく日夜ポイントを貯める作業をしているんですけど、ポイントを貯めるには「このバナーをクリックすると1P」というバナーをクリックしてホームページを開くという作業をしなければならんのです。で、その一環で開く、いや、開かねばならない機会が多いアノ"ほんまにポドルスキ来るんか?"でおなじみのサッカーチームを擁する某通販会社系のページが、

重い重い重いクソ重い!

 何Mbps出てるのかなぁと思ってタスクマネージャーで見てみたら受信側(ダウンロード側)で1.3Mbpsぐらい。eとり家のネット環境はADSLのベストエフォート1.5Mbpsという条件での契約だから、それを考えるとまぁ頑張ってるほうではある。

 いまやADSLは風前の灯火状態、新規受付するプロバイダは無くなりつつあるし、そもそも例えば10Mbpsとか100Mbpsに対応するADSLモデムはかなりの入手困難アイテム。新品ではもう買えないんじゃないかな?中古でも値段が張るものばかり。

 じゃあ光にするか・・・と思って調べてみたら、家の中にまで、なんだアレ?光ファイバーか?とにかく信号線を家の中に引き込むのに¥18,000もかかるんですよね。実際にどういうふうに工事するのかわからないんだけど、天井板を剥がされるような工事とかだと古いeとり家ではいろいろ面倒なことが生じそうで、そこまでしてネット環境をどーにかするっつーのは食指が動かない・・・。毎月の料金も今より高くなりそうだし。

 そう考えてる時にネット上の広告でwimaxを見かけた。おー、なんだか速そう。本契約する前にお試し期間があるプランもあるのか、ふーむ。でもなあ、料金がなぁ、今契約してるプロバイダとえぬてーてーのADSL回線使用料との合計とトントンかちょっと高いぐらいだなぁ・・・どーすんべなぁ・・・。

 って考えてたら、価格.comのクチコミだったかな、「wimaxは家の外だといいけど家の中だと全然使い物にならない!」ていうのを見かけたんです。どーやら使用している周波数帯域が高いせいで家の中にまで電波が入りにくいということらしい。ケースバイケースだとは思うけど。「絶対そうだ!」って書いちゃうと営業妨害になっちまうからな(^^;)ゞ使ったことはもちろん無いんだけど実際はどんなもんなんでしょうね?

 さーて振り出しに戻っちゃった。そんな時思いついたんだよね、「スマホって家の中でも使えるよねぇ・・・」        (つづく)

-----
 アノ方が出演されていたドラマでeとりさんが一番よく観ていたのは「ちりとてちん」でした。名優・渡瀬恒彦さんのご冥福をお祈り申し上げますm(_ _)m

 そもそもちょっと前までご存命だったのを知りませんでした。「ジョニー・B.グッド」でおなじみ、チャック・ベリーさんのご冥福をお祈り申し上げますm(_ _)m
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 余計な心配 | トップ | LTEのEは、エヴォ・リュ~シ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む