goo

日本最古?の地下商店街   浅草地下商店会

19日の羽子板市を冷やかした帰り道、新仲見世の途中にある狭い入口を降りると、そこは昭和の香りのラビリンス





本場そのままの味が愉しめるタイ料理や屋台のような素朴なソース焼きそばに立ち食いそば、床屋、雑貨屋…






何か所かある看板には「浅草地下街」とか「浅草地下商店街」や「浅草地下商店会」なんかが混在していて、何が正しいのかもわからない、それ自体も迷宮?ですが、警察署と連名の看板に「浅草地下商店会」とあったので、それが公式名称なのかもしれません。
地下街に繋がる地下鉄浅草駅は、1927年(昭和2年)12月30日、「東洋で最初の地下鉄」駅として開業して、来年は開業90年を迎えるので、この地下街も相当古いことは間違いありません。
ただ、名前と同じで公式の資料はどこを調べても見当たりませんが、wikipediaによれば開設は1955年で、三原橋地下街(1952年)が閉じられた今は、日本最古の地下街といえます。
行ったのが月曜日だったので、焼きそば屋さんはやっていなくて、ソースの香りは味わえませんでしたが、たまに立ち寄りたい昭和の迷宮です。

追記;1952年に「札幌ステーションデパート」がオープンしていますが、札幌駅再開発事業のため一旦閉鎖。
1999年に他の地下街と統合して「APIA(アピア)」という名称でリニューアルオープンしていますが、全面改装しているので、「最古の地下街」の名称は浅草で良さそうです。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 「夢屋」のマ... ローストポー... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 


ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません
 
・送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。