goo

山岳博物館から美麻で、、、お蕎麦

昨日の東京は11月中旬並みの気温で風も弱く暖かでしたが、今日の東京は天気はいいものの、やや強い北西の風が吹いています。

さて、12/4 ワイン会・翌日の日記です。
ワイン会の余韻をあとに、大町にある市立の「山岳博物館」に寄ってみました。
北アルプスが一望できるなだらかな斜面には里桜が植えられ、5月の連休の頃は残雪をいだく北アルプスと桜の花でさぞかし綺麗なことでしょう



博物館の入口ではニホンカモシカがお出迎え。

山岳博物館は、北アルプスを中心とする自然や登山の歴史に加えて、沢山の化石の展示もあってフォッサマグナに代表される日本の造山活動などもよく分かるようになっていたり、屋外には附属の動植物園(鳥インフルエンザの影響で今回は休園中でした)もあって、短い時間では少々もったいないような博物館です。

「山博(さんぱく)」を後に、県道31を美麻 新行の「美郷」で昼食。


江戸の趣味食としての蕎麦とは違った、常食あるいは かつてコメの不作の際の救荒食として、農家のおかみさんたちが打つ蕎麦の味も捨てがたいものがあります。
まずは、そば茶と一緒にお茶うけのお新香をいただいて、、、


某名蕎麦店の2人前?はある キ~~ンと冷たい水で〆られた蕎麦。

山菜の天ぷらはサービス。おつゆは常食の薄口。お蕎麦もドップリつけていただきます。

これ(蕎麦粉の薄焼き)もサービス


真ん中にのった味噌も素朴な味わいで、トロリと濃いめの蕎麦湯でまったりとした気分になってきます。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 日本のピノノ... 高江の集会に... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。