江別創造舎

地域文化振興活動・江別カルタ制作

番外編!本日より!岐阜長良川鵜飼開幕!

2017年05月11日 | 番外編

 このたび、番外編!本日より!岐阜長良川鵜飼解禁!のご案内をいたします!

 本日(5/11)からおよそ5ヶ月間、
 岐阜市長良川では、鵜飼が解禁となります。

 ぎふ長良川鵜飼は、
  鵜飼に用いる長良川鵜飼用具一式122点が、国の重要有形民族文化財に指定されています。
そして、平成27年3月、長良川鵜飼漁法が重要無形民族文化財に指定されました。
これは、鵜匠が鵜を操って魚を捕える長良川の鵜飼漁の技術に対して、農林水産業に関わる技術の指定であり、日本初と言えます。

 ぎふ長良川鵜飼公式HPによりますと、
 鵜飼漁には2種類の漁法があります。
 まず一つは、漁師自ら川に入って徒歩で鮎を捕える徒歩(かち)鵜飼と、
 もう一つ、船に乗って行う船鵜飼です。

 
 松尾芭蕉は、ぎふ長良川鵜飼について詠んだ句をご紹介します!
 「おもしろうて やがてかなしき 鵜舟かな」


 船に乗って行う船鵜飼の漁法を採用しているぎふ長良川の鵜飼、
 本日から長良川にて開幕です!

 夜の長良川では、漁火が照らされ、
 鵜匠さんのホーホーという声かけが響きます。
 岐阜の夏の風物詩の一つです。

 観覧船に乗船して、近くで鵜飼鑑賞を堪能できますよ!


 ぎふ長良川鵜飼の期間は、下記のとおりです。
1.期   間   2017年5月11日(木)〜10月15日(日)
          註1:鵜飼開始時間 およそ19:30<イベント等により変動あり>
          註2:中秋の名月および増水時は深い中止となります。
2.観覧船乗船   長良川観覧船
          岐阜市湊町1−2
3.乗船申込先   岐阜市鵜飼観覧船事務所
          058−262ー0104

 
 ぎふ長良川鵜飼については、公式HPこちらをご覧ください。
 漁火輝く漁法をご覧いただけます。



写真:ぎふ長良川鵜飼の模様


          


 

ジャンル:
文化
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 後期江別文化の展開 | トップ | 明日!自然ふれあい交流館 ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

番外編」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。