江別創造舎

地域文化振興活動・江別カルタ制作

ザックバランな薫平さん

2017年02月22日 | 歴史・文化

 多くの人が薫平さんと言います。

 古田島さんではなく、薫平さんと呼ばれたところに、古田島薫平が生活人と同じ地平で尊敬され、かつ愛されていたかが、よくわかろうと言うものです。

 つまり、奉って尊敬しているわけではないのです。
会合で御酒が出ると、相好崩して腰を据えてしまったり、陳情先の旅館に夜分遅く戻り、『なに、かまわぬ』と女中たちと一緒に仕舞湯に飛び込んで嬉々としている、そんな我々と同じ地平の、同じ仲間として、ついつい乱暴にも、「やぁ、薫平さん」と肩を叩きたくなるお人柄なのです。

 また、人は古田島を評して、ザックバランな人であるといいます。
頼まれて何度も陳情に同行したことのある前田清蔵によると、彼はどんな小さな会合にもやってきて、農民と分け隔てなく話してこんでいました。
『平民的な人、貧富の差をしない人、まんず珍しい人だと尊敬しております』

 もちろん、農民ばかりではありません。
北日本製紙株式会社労働組合の執行委員長であった三本一雄は、労働組合はどうのこうのということは微塵も見せず、よく話を聞いてくれた人であったと懐かしんでいます。


註 :江別市総務部「えべつ昭和史」851頁.
写真:江別市初代市長 古田島薫平氏
 同上書151頁掲載写真を複写し、江別創造舎ブログおよび江別創造舎facebookに掲載いたしております。

 

ジャンル:
文化
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 北海道経済産業局「ものづく... | トップ | 江別の文化・歴史を語る!つ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

歴史・文化」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。