江別創造舎

地域文化振興活動・江別カルタ制作

江別市とグレシャム市姉妹都市盟約調印40年!

2017年05月20日 | 歴史・文化

 昭和52年(1977年)5月20日、江別市は、グレシャム市と姉妹都市盟約調印を交わしました

 米国オレゴン州グレシャム市は、札幌市姉妹都市<文化・経済交流、国際親善>提携しているポートランドから東へ約22Kmに位置している田園都市です。
当時の人口は、約2万3千人ですが、過ごしやすい土地柄は共通していました。
 
 昭和52年4月、民間交流の母体となる江別・グレシャム都市提携委員会が設立し、
以降、委員会が中心となった留学生の交換、姉妹学校の誕生、市民訪問団などの交流が活発化しました。


 そして、1年後、昭和53年(1987年)7月15日、江別市は、高知県土佐市と友好都市提携提携盟約調印を交わしました。
これは、江別100年記念式典が開催される<昭和53年7月16日>の前日であり、まさに100年祝典の前奏となりました。

 土佐市は、昭和53年市政20周年を迎え、友好都市提携盟約の気運が高まっていました。
土佐市の当時の人口は、約30,700人であり、高知市に近接しています。
また、主産業農業とし、宇佐漁港での遠洋マグロ漁や土佐節生産等の水産業、そして手漉土佐和紙等の工業が盛んな地域です。
市域面積は江別の半分程にあたりますが、開基約1,300年前、平安時代といわれ、鎌倉、南北朝、室町時代にわたる土佐の群雄割拠を経て長曾我部氏が支配、その後1,600年の関ヶ原の戦いを転機に山内氏の時代となり、やがて村制も確立することとなりました。

 昭和53年3月開催の議会において、友好都市の締結について上程、可決しました。
江別開基100年記念式典の前日、昭和53年7月15日、
板原伝土佐市長と山田市長との間で盟約調印が、江別市民会館において交わされました。



(参考)
当ブログ2013年  7月  5日(金)「友好都市土佐市」
当ブログ2013年  7月  4日(木)「姉妹都市グレシャム市」
当ブログ2013年  6月29日(土)「記念碑とタイムカプセル」
当ブログ2013年  6月21日(金)「江別・2世紀への決意」
当ブログ2013年  6月18日(火)「百年記念式典」
当ブログ2009年10月14日(水)「江別市とグレシャム市の姉妹都市盟約調印」



註:江別市総務部「江別昭和史」500-502頁.
写真:昭和52年5月20日グレシャム市との姉妹都市盟約調印式
 同上書501頁掲載写真を複写し、当ブログ掲載いたしております。


ジャンル:
文化
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 北海道JCフォーラム2017開催... | トップ | 本日!北翔大学オープンキャ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。