最近気になること ~最近は、マラソンのことばかり。2017年1月サブ3.5達成!

このWeb logでは、自分が最近気になること(趣味、ニュース、情報、身の回りのことなど)について、記しています。

アラビアン・エンゼルフィッシュ(アズファー)購入!

2008年10月31日 | 熱帯魚・海水魚

学名にある種小名のまま「アズファー」とも呼ばれている種類。
紅海及びアデン湾に棲息するキンチャクダイの仲間。





紅海産で、高温にも強いらしいので、我が家のメインフィッシュとして購入!
8~9cmの大きさで、結構大きい。
入荷後、1週間の個体。10/29(水)に購入し、一日軽く薬浴の後、魚水槽へ放流。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

図書館で・・・

2008年10月27日 | Weblog
様々な誘惑に負けないよう、図書館で勉強。

でも、眠さという誘惑にちょっと負け、魚のことが頭に浮かんできて、
またその誘惑に負け、インターネットで遊んでいる時間が長くなり、
就寝時間が遅くなり、大負け(^^;

はぁ~ 勉強するのは、若い時に限る。
集中力、記憶力、体力・・・

ふと、大学受験の日程と合格発表前後の行動について、思い出した。
もう約○十年以上も経つのに、その2週間ぐらいのことは、結構覚えている。
ここに書こうと思ったが、止~めた(^^;
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

カクレクマノミとイソギンチャク

2008年10月25日 | 熱帯魚・海水魚

カクレクマノミのアップ写真


巨大化したタマイタダキイソギンチャクと、カクレクマノミ、ロイヤル・グラマ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

クワガタの幼虫

2008年10月22日 | クワガタ
成虫にならなかったノコギリクワガタの幼虫3匹は、全滅していた(-_-;)

我が家のリビングは気温が高いので、成虫は未だに活動している。
そろそろエサやりを止めたいが・・・

11月には、何匹生存しているか? 確認予定。

新たに生まれた幼虫がいる可能性もある。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

まだ時間はかかる

2008年10月21日 | 熱帯魚・海水魚
白点病がひどくなったフレームエンゼルは、3日間の薬浴で復活!(^^)

逆に、フレンチエンゼルは、2日間の薬浴と看護の後、残念ながら、☆になった(T_T)
我が家に来て36日。長生きすると思っていたが・・・、
徐々に元気がなくなっていった感じかな・・・。
40cmに大きくなる日に備え、大きな水槽を検討するには、ほど遠かった(^^;

一進一退を続ける本水槽。つまり、まだ水質が安定していないのだろう。
魚の免疫力を上げるように努力するしかないか。
小型ヤッコ2匹いたら、これ以上ヤッコを追加する訳にもいかず、
忙しいこともあり、しばらくの間、静観して安定するのを待とう。

なお、サンゴ水槽の約1cmまで縮小してしまったタマイタダキイソギンチャクと
サンゴイソギンチャクは、先週木曜日に底に落ちてしまった。
もう復活はあり得ないので、残念ながら、処分。
ハタゴイソギンチャクのように、溶け出さないだけでもいいが。

比較的飼育が容易なはずのタマイタダキも元気なのは海外産の1個体のみ。
我が家にきて、いきなり分裂した沖縄産タマイタダキ×2 もかなり
縮小してしまっている。



最近、カクレクマノミが丸々と太り、行動も図太くなり、
すっかり可愛さを失ってしまった感じ(^^;
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

au携帯電話、購入後、そろそろ2年

2008年10月19日 | 携帯電話、スマートフォン
家族で昼前にお出かけ。
某駅地下の「鳥」のお店で秋らしい茄子のランチを食べた。

その後、100円ショップに行った後、ヨドバシカメラで携帯電話を見学。
今度は、Tにしようかと思っていたが、最近の機種ではSHがいいかも。

その後、一人で図書館へ。学習室は満室。
その他の場所も非常に混んでいた(^^;

夜は水槽の手入れ。
海水魚の世話は手間と時間がかかる。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

日本、ウズベキスタンと引き分け~サッカーW杯最終予選

2008年10月15日 | サッカー


試合の立ち上がりは、ウズベキスタンの動きの方が良かった。
ちょっとイライラする展開。
前半27分、ウズベキスタンに一瞬のすきを突かれ、
エースのシャツキフに先制点を奪われてしまった(-_-;)

それから、日本はエンジンをかけ、攻勢に出た感じ。
前半40分、俊輔からのロングパスに大久保が追いつき、
折り返しを玉田が押し込んで同点

後半も日本は何回も惜しいチャンスを作るが、残念ながら
ゴールを奪えず、同点で試合終了。勝ち点合計は、3+1=4点で、現在はA組2位。
最終予選は簡単ではないが、ホームで勝ち点3を奪えなかったのは非常に痛い(-_-;)

日本と同じA組のオーストラリアは、ホームでカタールに4-0で大勝。
勝ち点6で、同A組1位に浮上。

日本は次の11/19の試合、同じ勝ち点4のカタールとアウェイで対戦する。
来年の6月の試合日程が厳しいこともあり、ここで勝っておきたいが・・・
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

みなとみらいでのんびり・・・

2008年10月15日 | Weblog

パパは会社が休み、息子は秋休みだったので、
家族でみなとみらいの万葉倶楽部へ。
ここは、毎日、熱海や湯河原から温泉のお湯が運搬される。

今日は息子と入浴。サウナには入れないし、あまり、ゆっくり出来ないな(^^;

昼食は、ちょっと食べ過ぎた(^^;

その後、英国式の足裏マッサージをしてもらった。
痛さはあまり感じない。テレビをみながら受けることも出来たが、
ほとんど目は閉じていた。あっという間の30分だった。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ヤッコ達が予想以上の復活!?

2008年10月14日 | 熱帯魚・海水魚
調子が良いようなので、隔離部屋のフレーム、チェルブを本水槽へそのまま放した。
これで、フレンチ、フレーム、チェルブのヤッコ達が共存。
心配していたが、今のところ、仲が良さそう。長期間、お見合いしていたからかな・・・?
ただし、フレームエンゼルは、まだちょっとかゆそうにしていて、
頻繁にスカンクシュリンプにクリーニングを迫っている。
隔離することも考えたが、とりあえず、そのまま。
比重は0.001上げてみた。 徐々に戻すかも。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

低比重(1.017)にしてみた

2008年10月13日 | 熱帯魚・海水魚
魚水槽に戻したフレンチ、フレーム、チェルブのヤッコ達。
フレーム、チェルブは隔離部屋にいる。

今朝はやや不調な気がした。
チェルブは元気だが、白点がみえる。フレンチはヒレと体表がちょっと・・・
お出かけ中もずっと考えていた。

帰宅したら、そんなに状況は悪く無かったが、魚水槽に白点と細菌が
蔓延している気がしたので、色々考え悩み、調べた末、更に換水したうえ、
低比重(1.017)にしてみた。一番簡単な方法だけど、なかなか実践できなかった。

pHの変動、バクテリア等の生物の死亡、水質悪化など、リスクもあると
思っていたが、予想以上に効果があった感じ。

フレンチエンゼルが元気になった気がする。
チェルブの体表の色の変化が気になるが、元気そうなので、大丈夫そう。

この程度の比重では、完全に白点は絶滅しないだろうが、
継続して様子をみてみよう!

困っているのは、サンゴ・カクレ・イソギン水槽。
しっかり掃除したいが、かなり小さくなったタマイタダキがたくさんいる。
約1cmで復活は不可能な大きさで、処分したい気もするが、
まだ生きているようだし・・・

魚の体力が復活すれば、フレームとかを入れても大丈夫かな・・・
掃除できない場合、マガキ貝とかを更に追加して底砂をきれいに
してもらった方がいいかも。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

東京駅と上野駅の探検

2008年10月13日 | 旅行、お出かけ


電車好きの息子の希望で、東京駅と上野駅の探検へ。
新幹線の他、たくさんの電車をみてきた。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

隔離用水槽立ち上げ

2008年10月12日 | 熱帯魚・海水魚
どうも水槽の調子が悪い。10/8にアケボノチョウチョウウオが☆になった。
53日も生きたけれど、ついに・・・

水槽に追加して3日目、フレームエンゼルとチェルブに白点が出た。
サンゴ水槽は1回、魚水槽は先々週から数えたら、4回に分けて掃除したことになる。
新規参入の魚は体力がないうえ、掃除したせいで水質が安定していないせいだろう。

結局、肌荒れ?のフレンチエンゼルと共に、バケツに分けて薬浴させていたが、
空いていた寝室の淡水魚水槽下の空きスペースに隔離用の45cm水槽を立ち上げた。
元々、淡水魚を飼育していた場所であり、水槽も掃除して使うことにした。

しかし、フレームエンゼルが横たわるほど不調になったので、水槽へ戻した。
もう駄目か・・・と思ったが、なんとか復活。

薬浴でも水質の悪化には気をつけなくてはいけない。
薬浴も、元々体力がないと辛いのかもしれない。

その後、45cm水槽は、薬を使うかもしれないので、ろ過は中途半端な形だが、
大型の外掛けフィルターを取り付け、物理ろ過はできるようにしておいた。
とりあえず、空回ししておこう。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

わが巨人軍は永久に不滅です?

2008年10月08日 | スポーツ
テレビでプロ野球をみれば巨人戦、読売新聞を読めば巨人が主役。
本屋で野球の本を買えば、王、長島が紹介されている。
必然的に巨人ファンとなり、そのまま大人になった。

巨額な富によって、優秀な選手を引き抜こうとも、
巨人ファンを離れることはなかった。

ドラフトでは、江川の電撃トレード、桑田の強引な指名、
元木の浪人など、色々あったが、それも選手からみても、
巨人に魅力があったからだろう。

そして、王監督が引退した。
756号のホームランを打った時のことは、よく覚えている。
1974年の長島監督の引退試合で、最終打席はショートゴロ(ダブルプレー)であった。
生でテレビをみていた記憶がある。

清原も引退することになった。
最近のテレビでも9回の場面がよく放映されていたが、
日本シリーズで地元銚子の英雄?である篠塚が最後の
バッターであったことはよく覚えている。

これで、一つの時代が終わったようだ。

今日、巨人が阪神に勝ち、優勝に一歩近づいた。
今日は10月8日。
1994年10月8日に行われた中日VS巨人戦では、
同率首位チーム同士での最終戦直接決戦となり、
その試合で巨人が勝利し、セ・リーグ優勝を果たした。
あの時は、友達の車内でラジオを聞いていた記憶がある。

昔の思い出は振り返れても、最近は、プロ野球のニュースは
ほとんど確認していない。インターネットでも新聞でも
読み飛ばすようになってしまった。

サッカーに興味を持ってからは、スポーツ新聞を買ったとしても、
プロ野球のニュースはほとんど読んでいない。
その結果、最近の選手がほとんどわからなくなり、
最近のプロ野球について語れなくなった(^^;

巨人の選手についても、よく知っているのは、上原浩治、高橋尚成、阿部慎之助。
その他の選手は、ほとんど知らない(^^;;
ダルビッシュの方が知っているくらい(^^;

巨人のファンであった証として、未だに読売新聞の購読を続けているぐらいである。
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

フレームエンゼル、チェルブピグミーエンゼル購入

2008年10月06日 | 熱帯魚・海水魚

 


次に購入するのは小型ヤッコと決めていたが、種類は迷っていた。
マルチカラーエンゼルが候補ではあったが・・・

結局、フレームエンゼルとチェルブピグミーエンゼルを購入!

フレームエンゼルは2回目の購入、チェルブピグミーエンゼルは
写真を見た時は、あまり気に入っていなかったが、実際見て、購入を決意!

数時間薬浴させ、数時間隔離部屋で過ごさせたた後、それぞれ別々の水槽へ。

両方とも、本来丈夫なヤッコのはずなので、長期飼育を目指したい。
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

ハーブ

2008年10月05日 | Weblog
久し振りにベランダのハーブの世話をした。
毎回のことだが、夏場に半分ぐらい枯れてしまう。
枯れてしまった鉢の土を片付けながら、残りの全ての鉢の土を入れ替えた。

丈夫なのは、ローズマリーとローズゼラニウム。
全部生き残った。

アップルミント、ペパーミントは、僅かだが、残っている。
少しだけしか残らなくても、秋にだいぶ増える!

ローマンカモミールは、残念ながら枯れてしまった。
いつもだったら、秋にロケット(ルッコラ)の種まきをするけれど、
最近は収穫もしていないし、今年は止めておこうかな。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

HP

■プライベートのHP
ebato.info
EBATO's Home Page
Twitter(つぶやき)