最近気になること ~最近は、マラソンのことばかり。サブ3.5目指して。

このWeb logでは、自分が最近気になること(趣味、ニュース、情報、身の回りのことなど)について、記しています。

コンコルディア第42回定期演奏会 無事終了

2014年06月22日 | マンドリン
コンコルディアの第42回定期演奏会が無事終了しました。
ご来場いただいた方々、ありがとうございました。
会社の関係者も結構来てくれました(^_^) 
仕事だけじゃなく、あんなこともやってるんですか?とか言われそうです。

コンコルディアの定期演奏会は、復活後3回目、合計17回目となります。
一番楽しみにしていた20年振りの歸山榮治作曲のOuverture Historique
(歴史的序曲 原曲) は、最初の6小節を思い切って弾いたせいか、
すぐにE線の調弦がボロボロになってしまい、肝心の速弾きの個所は
集中できませんでした(^_^; 
最後の方は、若干調整できたけれど、パート内か全体?のリズムが
崩れかかっていると感じ、弾きづらかった箇所もありました。
後半は良かったはずです! その他、ちょっとしたアクシデントもあったので、
ひょっとしたら、いつか再演があるかもしれません。

「樹の詩」の自分が目立つ箇所は、ちょっと力んでしまったけれど、
ギターパートも含め、曲の出来は一番良かったように感じました(^_^) 
1部の曲もエレジーも良かったはず。

新曲のFocus On/Offは現代音楽で、休符の後の入りが難しい箇所が多かった
のですが、勇気をもって、積極的に弾けた箇所の方が多かったので、
合格点。唯一、1箇所だけは消極的になってしまいましたが、新曲なので、
初めて聴く方はわからないでしょう(^_^; 
なにより、作曲者の小林由直さんが喜んでくださっていたので、
大成功だったでしょう!(^_^) 
弦楽四重奏は素晴らしかったです!

実は、今回は過去に弾いた曲が非常に多く、練習時はかなり楽だったのです(^_^) 
ただ、当日に指先が割と柔らかかったのは、普段は練習不足のせいだと
反省したのでした(^_^;

何はともあれ、大きなミスなく、今年も無事に定演が終了し、ほっとしています。

まだ若手や世代の近い人達にも自分が伝えられることもあると思っているので、
来年も頑張ります。

もし、来年、ミケーリの「田園にて」をやるとするならば、1stの2楽章は、
His1の3倍難しいぞ!





ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 明日、コンコルディアの第42... | トップ | どん底から、やや復調 »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。