つかみどり鮎料理の高田水産のブログ

清流の国ぎふの冷たくて豊かな地下水で、鮎をゆっくり育てています。鮎の直売、クール、つかみどり、鮎料理、放流なら高田水産。

見学の小学生さんにパネルで説明しました

2017-06-16 | インポート


岐阜県水産研究所さんに作っていただいたパネルを使って、鮎の一生の説明をしました。

お勉強のあとは、つかみどりです。

鮎のつかみどりのあとは、鮎の塩焼き、鮎ぞうすいでした。

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« 6月11日のご予約状況について。 | トップ | 流しそうめんやってます »
最近の画像もっと見る