飲食店経営のイロハ

飲食店経営の極意を教えます

日産自動車躍進の裏にトヨタ自動車のつまづき

2017-05-16 | 飲食店開業
日産自動車がマイナーチェンジで発表した、「ノートe-power」の躍進が話題になっています。

2016年11月には、日産自動車としては30年ぶりの新車販売台数1位を獲得。

その後もトヨタ自動車「プリウス」とのデッドヒートが続くものの、2017年1月には1位「ノート」、2位「セレナ」と1・2フィニッシュを達成しました。

今までは1位の座はトヨタ自動車「プリウス」、2位もトヨタ自動車「アクア」とベスト10内はトヨタ自動車の独擅場だっただけに驚きです。

火付け役となった「ノートe-power」は、日産自動車が今まで培ってきた電気自動車の仕組みを応用したもので、充電するのではなく、通常のエンジンで電気モーターを回し走行するものです。駐車場を経営する方法

これにより、充電の心配がなく、走りは電気自動車そのものという、まったく新しい価値観を生み出しました。

実際に乗ってみるとわかりますが、コンパクトカーでありながら2ランク上の静粛性、そして電気自動車ならではの加速力と文句の付けようがありません。

ただ、昔のトヨタ自動車であればすぐに巻き返しを図っていた所ですが、トヨタ自動車「プリウス」の評判が芳しくなく、トヨタ自動車が得意としてきたハイブリッド技術も、トヨタ独自のものではなくなっています。

さらに現在の社長で、トヨタ御曹司でもある豊田章男社長が、今まで控えていたワンマン経営を行いだしたと指摘されており、トヨタ自動車内部にも不満の声がくすぶっています。

自動車業界の順位は下克上、今後の勢力変化に要注目です。
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 春ですね | トップ |   

あわせて読む