気まぐれロンリー 人生リボーン!

旅好き酒好きオヤジのロンリーライフ。
風に吹かれて何処をさすらう。
明日はいずこの草枕。

火種

2017-03-15 13:06:49 | 日記

中国、ロシア、韓国、北朝鮮
日本の近隣諸国がどこもきな臭い。
 
中国は尖閣周辺でウロウロし、サード配備を予定する韓国との関係も悪化。
民間レベルでもホテルの入り口で韓国国旗を踏み絵にしたり・・・。

唯一の同盟国であるはずの韓国は政情不安。
慰安婦像問題も改善されぬまま。

ロシアはロシアで、北方領土で我がもの顔。
山口での会談はなんだったのか。

北朝鮮は言わずもがな。
ミサイルを打ち上げ花火のように乱発し、米軍基地を今にも狙い撃ちしそうな勢い。

もしトランプアメリカが本当に北朝鮮を攻撃しようとするなら、その疑心暗鬼で北が先に攻撃する危険はたっぷりある。

三つ子の魂百まで
恐らく、これらの国はずっとこんな感じだったのだ。

だとしたら、あの戦争に日本が突入した理由も理解できる。
いわゆる「自衛のための戦争」だったという今では封殺されている史観である。

20世紀が戦争の時代であるならば、戦争がひとつの正義であるならば、こんな隣人に囲まれたニッポンは戦争という手段を選んでも仕方がなかった。
それがあの時代の、多分正義だったのだ。


翻って現在のニッポン。
バリバリ保守の首相の下、国はますます右傾化。
教育勅語を愛するどこかの理事長とも不穏な関係が取り沙汰されている。
防衛大臣も何だか怪しい。

火種はあちこちで燻っている。

突然、車は故障し、突然、人は病気になる。
突然、戦争が勃発しないと誰が言えるだろう・・・。

恐ろしい。

『政治』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« トラブルは突然に | トップ | 低迷 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。