気まぐれロンリー 人生リボーン!

旅好き酒好きオヤジのロンリーライフ。
風に吹かれて何処をさすらう。
明日はいずこの草枕。

WBC

2017-03-21 13:52:20 | 日記

WBCが佳境に入りました。
プエルトリコ、オランダ、アメリカ、ニッポン
「史上最弱か!」とまで言われていた侍ジャパンが、よくここまで来たものです。

どの国も、メジャーリーガーが犇めいています。
方やニッポンには青木だけ。
何なんでしょうね。

ダルビッシュも田中将大も前田健太も・・・世が世なら非国民ですね。
森友学園に入れて教育勅語を暗唱させなきゃ・・・。

WBCは見本市
メジャーのスカウトたちが目を光らせているとも言われます。
ダルもマー君もマエケンも、そうやってメジャーへの切符を手に入れたといっても良いのかも知れません。

つまり今の彼らがあるのはWBCのお陰とも言えるのでは。
後進に道を譲るためという見方も出来ますが、ここでケガなどすれば自分が損するからという意地悪な見方も出来ます。

2006年第1回WBC王ジャパン。
松井秀喜は不参加でしたが、大活躍したイチローと大塚は男を上げました。
大きな日章旗に包まれて優勝を喜び合う王監督とイチロー。
日刊スポーツに掲載された美しい写真は今も脳裏に刻まれています。

オープン戦で投げるならWBCで投げろよ!
ドジャースタジアムに激励に来るなら、投げろよ!

そう思うんですけどね。

ジャンル:
スポーツ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 町内会 | トップ | 幸せって? »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。