地球と生きるYOGA  「Union Yoga japan」

京都を中心に活動を続けている Toshiの活動記録
生きたヨーガを伝える ちょっと真面目なあるヨギのブログ

スワミジワークショップ

2015年09月15日 | スワミ・チェータン師 
9月6日 スワミジによるワークショップが京都でありました。
Omチャンティングに始まるいつものスタイルで一気に京都からインドへと
雰囲気が転換。
スワミジの声とハルモニウムのコンビネーションはいつ聞いてもぐっと惹きつけられます。
肚の奥に響いてくる感じ。

この声にやられているファンも多いはず^^







スワミジはヨーガの枝の中で分けるとカルマヨギーということになるんですけど、
それの意味するところは、簡単に言うと 人のために奉仕する ということ。
selfless workとも言いますが、自己という我儘を放棄して、結果に囚われず、ただ淡々と
助けを必要としている人のために活動をする、そんな意味ああります。
そうすることによって、自我という分厚い殻を溶かして、 
もっと大きな存在と一つになれる可能性を
開いていきます。

そんなカルマヨギーであるスワミジの見ている世界は僕たちの見ている世界とは
違ったものが見えているようで、ふっとした時にその違いを感じて楽しくなります。

そんなスワミジの観るヨーガというものも日本人からみているヨーガとは一味違って、
表面的ではない、奥に潜んでいる可能性を見据えているように感じます。
表面的な技術はさておき、それが本当に追及しているものは何か、
そして、それを手にするために本当に必要なことは何か・・・

日本にいるとどうしてもアーサナに頼りすぎてしまいがちだったり、
技術や知識的な側面に意識が行きがちのような気がするんですが、
スワミジの話を聞いていると、自分の向かうべき方向の軌道修正ができるような気がします。

ヨーガは体をうまく使い、心をコントロールして、幸せになるための智慧。
今、この瞬間に意識を置いていくことで、猿のように飛び回る心を見つめ、捉え、コントロールしていく。
そして自分にとって本当に必要な物が何かを見極め、ゴールに到達するまで進んでいく。

シンプルですが、心に留めておくには それで十分なように思いますね^^

スワミジのワークショップは9月22日と23日に東京で行われます。
詳しくはこちら
お時間ある方は是非 この機会にヨーガの源泉に触れてみて下さい^^
僕も通訳で同行しますので、わからないことがあればなんでも直接質問して下さいね。
まだ、間に合いますのでピンと来た方はホームページを覗いてみるか、
直接ご連絡を下さい。
まだ申込みしそびれている方も、お早目に^^



そして10月には、京都妙心寺で呼吸法のワークショップを開催します。
これはスワミジではなく、僕(Toshi)が講師をさせていただきますが、
日本人らしく、お寺と精進料理とヨーガを融合させて、
自身と呼吸に向き合って、癒される時間を創造したいと思っています^^
10月16~18日です。
興味ある方はホームページを覗いてみてくださいね^^
こちら


ヨーガを追求していくと自分を取り巻く世界がどんどんと変化をしていくのを
感じます。
10年経った今、その変化がより大きくなってきているように感じます。
やっぱり継続するって大切なことですね。

ヨーガスートラ1-14にはこんな風に書かれてあります。

sa tu dīrghakāla nairantarya satkāra-ādara-āsevito dṛḍhabhūmiḥ ||14||

この修行を長い間、休むことなく、厳格に実践するならば、堅固な基礎ができあがるであろう。

何事も続けてみるべきですね^^
いつか、かならず花開く時が来ます☆


予約、お問い合わせは下記まで
earth_living_yoga@yahoo.co.jp
or
こちらへ⇒contact
Union Yoga japan
児玉俊彦(Toshi)


スケジュールはこちらへ


返信は2,3日中にしますので、返信がない場合は
こちらへお問い合わせください。








ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« スワミジ&インドの音 | トップ | ヨーガで今を生き抜く »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

スワミ・チェータン師 」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL