きらくに、きままに・・・
思ったことを、思うがままに書いていきます。
 



本日より公開です。
行ってきました、MOVIX利府。

見た映画は硫黄島からの手紙
 

クリント・イーストウッドによる硫黄島シリーズ、第2段。
最初の『父親たちの星条旗』も見ていないのですが・・・

敗戦濃厚の日本、本土からの援軍もなく、少ない兵力で死守。
以前は、こういった戦争映画ホント苦手だったのですが、最近はこの戦争映画の中にあるヒューマンドラマ、結構好きです。

また、ここのところ映画館に出向いていなかったのですが、最近いい映画ばかりですし、また映画復活です!!

   

コメント ( 0 ) | Trackback ( 25 )



« 感動の一品 お帰りなさい »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
 
 
『硫黄島からの手紙』 (Sweet* Days)
監督:クリント・イーストウッド 製作スティーブン・スピルバーグ CAST:渡辺謙、二宮和也 他 STORY:1944年6月。アメリカ留学経験のある栗林中将(渡辺謙)が硫黄島に着任する。既に壊滅的だった日本軍。各軍から見放された硫黄島での戦いの為、栗林は ...
 
 
 
硫黄島からの手紙 (悠雅的生活)
余は常に諸氏の先頭にある。
 
 
 
礼節の極み「硫黄島からの手紙」 (映画雑記・COLOR of CINEMA)
「硫黄島からの手紙」注・内容に触れています。最も衝撃的なことは、これは紛れもなく「ハリウッド映画」(イーストウッド監督作品は正確にはハリウッド映画と呼べないかもしれないが便宜上ハリウッド映画と表記して
 
 
 
硫黄島からの手紙(2006年) (勝手に映画評)
タイトル 硫黄島からの手紙 ---感想--- 『父親たちの星条旗』に続く、クリント・イーストウッド監督硫黄島二部作の第二段。今度は日本側からの視点での硫黄島です。アメリカ人の監督が、日本人俳優を使って撮影したアメリカ映画という珍しい作品でもあります。 ...
 
 
 
硫黄島からの手紙 (映画/DVD/感想レビュー 色即是空日記+α)
ただの涙だけじゃない、 アメリカが描いた日本兵の姿。
 
 
 
感想/硫黄島からの手紙(試写) (APRIL FOOLS)
イーストウッド監督作、衝撃の二部作後編『硫黄島からの手紙』12月9日公開。日本側の視点で描かれた硫黄島は、熾烈極まる戦いとそこで散っていった兵士たちの物語。あらゆる意味で歴史的作品。 父親たちの星条旗|硫黄島からの手紙 同じ舞台で、日米どっちの視 ...
 
 
 
■週末の学び12/8「硫黄島からの手紙」★しばしトップ固定 (「感動創造カンパニー」城北の部屋!仕事も人生も感動だっ!)
※しばしトップ固定 最新記事はひとつ下より ↓↓ ※ホンダラさん!さっそく補足ありがとうございます!   私が演じたのは、ひとりのパン屋です。この作品を見てから、今もたくさんのことを感じ、考えています。 私がひとつだけわかったことは、 ...
 
 
 
「硫黄島からの手紙」の試写会へ行きましたよ (SUKIなこと)
今日は(微妙に昨日だった)、夕方から「硫黄島からの手紙」という映画の試写会に行ってきました。 クリント・イーストウッドが監督の作品です。製作は、あのドリームワークス。 黒澤明監督を尊敬している、スティーブン・スピルバーグが作ったのです。 なか ...
 
 
 
今、硫黄島が熱い! 2 (諸葛川)
反日俳優とウワサされたクリント・イーストウッド監督による南京大虐殺の映画が作られるという事で w ・・・(中略 w )・・・、日本公開初日の今日、「硫黄島からの手紙」を見に行きました。 ハリウッド映画にして初めて誤解に満ちた日本の描写がほとんど ...
 
 
 
硫黄島からの手紙 (ちわわぱらだいす)
見てきました~。 久々のキャナルシティでした。 てか。。。すごく多くて(ノ゜?゜)ノびっくり!! デスノートのときは本当にすごかったけど。。。空席が無い! 今日はあちこち空いているものの、うさぎは前から2列目という 場所の悪さ。。。 ま、いいけどね。 ...
 
 
 
「硫黄島からの手紙」試写会レビュー 私は日本人 (長江将史~てれすどん2号 まだ見ぬ未来へ)
クリント・イーストウッド監督が撮る戦争映画はこれで完結された。僕は、彼の「父親たちの星条旗」に続く圧倒的なパワーを感じ、自分は日本人だということを感じたのだ。
 
 
 
硫黄島からの手紙と反戦 (映画@古典映画情報)
戦争映画が上映されると、必ずと言っていいほど、その映画が反戦的なのかというような
 
 
 
何のために戦うのか【硫黄島からの手紙】 (犬も歩けばBohにあたる!)
先に公開されている硫黄島2部作の一つ 「父親たちの星条旗」はアメリカから見た闘
 
 
 
12.10 の出来事 (ニュース☆もう新聞紙は要らない)
興収50億突破へ「硫黄島からの手紙」公開    クリント・イーストウッド監督(76)の連作映画第2弾「硫黄島からの手紙」が9日、初日を迎え、全国400スクリーンで公開された。配給関係者によると、各地で満員の観客動員は、先に公開の連作第1弾「父親たち ...
 
 
 
『硫黄島からの手紙』鑑賞! (☆★☆風景写真blog☆★☆healing Photo!)
『硫黄島からの手紙』鑑賞レビュー! 世界が忘れてはいけない島がある 硫黄島を知っていますか? 東京都小笠原村硫黄島?? グアムと東京のほぼ真ん中 日本の最南端に近い、周囲22kmほどの小さな島 この島で61年前に起こった出来事を、あな ...
 
 
 
【劇場鑑賞138】硫黄島からの手紙(LETTERS FROM IWO JIMA) (ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!)
1945年 硫黄島 アメリカが5日で終わると思っていた戦争を 36日間守り抜いた日本人たちがいた これは彼らの話である
 
 
 
ひとつの戦争の中で起きていた、様々な出来事。『硫黄島からの手紙』 (水曜日のシネマ日記)
第二次世界大戦時の硫黄島での戦いを日本側の目線で描いた作品です。
 
 
 
硫黄島からの手紙 (やっかいな日に限って空は激しく晴れている。)
監督/製作/音楽 クリント・イーストウッド 製作総指揮/共同原案 ポール・ハギス...
 
 
 
映画「硫黄島からの手紙」 (茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~)
原題:Red Sun, Black Sand (Letters From Iwo Jima) 硫黄島に眠っていた、その手紙は61年ぶりに発見された、地中にあった硫黄島からの手紙、それは輸送爆撃機「一式陸攻」によって配達されるはずだった・・ 時は1944年6月、指揮官として陸軍中将 ...
 
 
 
映画「硫黄島からの手紙」 (しょうちゃんの映画ブログ)
2006年70本目の劇場鑑賞です。公開翌日観ました。「ミリオンダラー・ベイビー」のクリント・イーストウッド監督作品。硫黄島での戦いを日米双方の視点から描く2部作の「父親たちの星条旗」に続く第2弾。アメリカ留学の経験を持ち、親米派でありながらアメリカを最 ...
 
 
 
硫黄島からの手紙 (Letters From Iwo Jima) (Subterranean サブタレイニアン)
監督 クリント・イーストウッド 主演 渡辺謙 2006年 アメリカ映画 141分 戦争 採点★★★ 仕事や日常生活を送る中で常に感じることなのだが、ほんの少し立ち位置を変えるだけでも、物事が大きく違って見えるもの。しかし、そのちょっとだけ違う見方、考え方、取り ...
 
 
 
映画「硫黄島からの手紙(Letters From Iwo Jima)」 (わかりやすさとストーリー)
クリント・イーストウッド監督が歳を重ねるごとにますます輝きを増すのはなぜか? 生きる力、物語る力に答えがある。「ヒーローとは?」にひとつの答えも提示されている。
 
 
 
【映画】「硫黄島からの手紙」評 (われおもふこと)
鳴り物入りの映画でもある作品で、是非とも見てみたいと思っていたのが、今回観た「硫黄島からの手紙」―――だ。これは、ご存知の通り、クリント・イーストウッドが日米双方の視点から描いた、硫黄島二部作の二作目だ。この、両軍双方からの視点で、一本づつの ...
 
 
 
映画「硫黄島からの手紙」 試写会にて (渋谷でママ気mama徒然日記)
監督:クリント・イーストウッド 製作総指揮:ポール・ハギス 原作:栗林忠道 、吉田津由子 脚本:アイリス・ヤマシタ 音楽:クリント・イーストウッド 出演:渡辺謙 、二宮和也 、伊原剛志 、加瀬亮 、松崎悠希 、 中村獅童 、裕木奈江 公式サイ ...
 
 
 
映画レビュー#46「父親たちの星条旗」&「硫黄島からの手紙」 (Production Rif-Raf)
基本情報 「父親たちの星条旗」「硫黄島からの手紙」(2006、アメリカ、日本) 監督:クリント・イーストウッド(許されざる者、ミスティック・リバー) 脚本:ポール・ハギス(ミリオンダラー・ベイビー、クラッシュ)ウィリアム・ブロイレス・JR(ジャーヘッド)、アイ...