gooブログはじめました!

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

<パレスチナ>アッバス議長が広島初訪問、原爆慰霊碑に献花(毎日新聞)

2010-02-09 13:40:10 | 日記
 パレスチナ自治政府のアッバス議長が7日来日し、広島市中区の原爆慰霊碑に献花するとともに、原爆資料館を見学し、「我々が訴えるのは世界が平和であるべき、安定であること。核兵器、大量破壊兵器がないことが重要」などとアラビア語で記帳した。パレスチナの現役閣僚級以上の広島訪問は初めて。

 アッバス議長は、同館の展示を見て回った後、「世界各国は大量破壊兵器の核兵器を廃絶すべきだ。パレスチナ国民はこれまで戦争に大変苦しんできた」と話したほか、記者からオバマ米大統領が核兵器廃絶を唱えていることについて問われると、「我々も同じ考えだ」と述べた。

 また、アッバス議長は、原爆慰霊碑訪問に先立ち、降り立った広島空港(広島県三原市)近くのホテルで湯崎英彦知事と約10分間会談した。

 広島訪問を重視していたといい、アッバス議長は「訪日を広島から始められ、光栄に思う。世界で初めて原爆投下の惨禍を経験した広島の復興への努力に敬意を表したい」と述べたうえで、「全世界のリーダーは広島で学び、世界平和に関する会議も開催されるべきだ」と話した。

 アッバス議長は10日まで日本に滞在予定。8日に鳩山由紀夫首相と会談し、パレスチナ自治区への経済支援と和平への日本政府の関与を協議する。【井上梢、豊田将志】

【関連ニュース】
パレスチナ:アッバス議長訪日 広島訪問へ
イスラエル首相:交渉再開に向け「米側から提案」
パレスチナ:アッバス議長 交渉拒否方針、米特使に強調
パレスチナ:アッバス議長が7~10日に来日 広島も訪問
イスラエル:中東和平交渉再開に向け「米側から提案」--ネタニヤフ首相

「冷静に見守ることが大事」 与党内の小沢氏「けじめ」論に鳩山首相(産経新聞)
首相が会見でまた“勇み足”…メキシコ大統領会談(読売新聞)
愛知・春日井のJR中央線で人身事故、1人死亡(読売新聞)
首相、日本郵政社長は「天下りではない」と強弁(産経新聞)
<公明党>「政治とカネ」の協議機関設置を呼びかけ(毎日新聞)
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「普天間が今のまま…」岡田外... | トップ | 日本ビクター、海外事業で不... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。